Week14:vsレイダース

460x

カーリーのいる時、いない時

残り4試合を全勝してもプレーオフ出場が危ういJETS。
とにかく勝ち続ける事に集中するしかない状況で、次の相手はレイダース。

WR”ジェレミー・カーリー”の復帰で、全くTDが取れないゴミO#は再生されるのか?
毎試合が運命の一戦です。
[SPONSORED LINK]

 ▼スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
レイダースレイダース (4-9-0) 0 3 14 10   27
ジェッツジェッツ (6-7-0) 10 10 10 7   37

 

▼O#
まさにカーリー様の大活躍でJETSが久しぶりに大量得点で快勝。
3rd-longの更新は当然として、DB3人相手に25ydのTDレシーブを決めるシーンは感動ものでした。
(※記事冒頭の画像参照)

 

それに呼応するようにTE#81″ケレン・ウィンスロー”とWR#10″サントニオ・ホームズ”もレシーブ3回を記録し、勝利に貢献。
ただホームズはTDパスが取れなかったのが非常に残念。

ジーノのコントロールは相変わらず安定せず、序盤にINTを献上し不安を覗かせましたが、試合が進むにつれ安定し、肝心の3rdDown-longで1stDownを更新できるレベルにまでいきました。
あと、スクランブル能力が発揮され3rd-longの窮地を救い、TDランも決めて活躍。

地上戦ではRB#33″クリス・アイヴォリー”が76yd獲得し、D#を強引に振り払いTDランを決める活躍を見せております。

カーリー一人の復活で、O#全体が蘇った感じです。
レイダースD#のおかげでもあるんでしょうが、とにかく次戦につながるO#を出来たことが大きな収穫です。

  1. ブロンコサー より:

    JETS狂さん
    こんばんは。

    負けられない戦い、まずは一勝ですね。
    おめでとうございます。
    緊張感のあるシーズン後半戦になり、見応え十分ですね。

    1. JETS狂 より:

      ブロンコサーさん>
      もはやブロンコスはシード権のみの心配で、いい感じですね。
      ここまで追い込まれたのも自業自得ですが、とりあえず久々の勝利で安心しております。
      そして次のパンサーズ戦が予想外の難関となりました。
      セインツに首位を取られて、ワイルドカードにまわるとしても、後ろからSFやカーディナルス、その他7勝チームが迫ってきているので、本気でくるでしょう。
      とにかく今シーズンもしっぽの先まで楽しませて欲しい限りです。

コメントを残す

CAPTCHA