HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【グロンコウスキー通信】ロブ・グロンコウスキー、王座を取られてWWEと契約終了
2020年6月6日

【グロンコウスキー通信】ロブ・グロンコウスキー、王座を取られてWWEと契約終了

ロブ・グロンコウスキー WWE
短いプロレス人生

お伝えするのをすっかり忘れておりました。

以前に「WWEレッスルマニア」で「24/7王座」を獲得した”ロブ・グロンコウスキー”がバッカニアーズと契約し、NFLに復帰するニュースをお伝えしました。

予測不能のエンターティナー 昨シーズンNFLを引退し、今年のWWEレッスルマニア36に登場した"ロブ・グロンコウスキー"が、なんとトム・ブレイディの移籍先であるバッカニアーズと契

 

では、グロンコウスキーが持っている「24/7王座」のベルトはどうなったのでしょう?

[SPONSORED LINK]

現地6月1日のWWE ・RAWにてグロンコウスキー、敗れる

まず、WWEの数ある王座の中でも特殊なものである「24/7王座」に関して、もう一度説明します。

「24/7王座」とは、「24時間いつでも挑戦を受けて立つ」王座であり、リング外でもレフリーが3カウント取れば、常に王座交代が行われるというアホみたいな王座で、古くは「ハードコア王座」と呼ばれていたものです。

その王座を持つグロンコウスキーは当然、24時間ずっと挑戦者にベルトを狙われる身なのです。

 

 

ある日のグロンコウスキー、トレーナーらしき男とノリノリでトレーニングに出かけようとしていたところ・・・

 

なんと、グロンコウスキーが後ろを向いているすきに、トレーナー男がレフリーに変身。

 

それに気づいたグロンコウスキー、さらに背後から掃除をしていた男に襲われてスリーカウントを奪われ、王座をはく奪。

 

掃除をしていたのは、以前から24/7王座を狙っていた”R-トゥルース”だった!R-トゥルースはベルトを持って、そのまま逃走。

こうして、ロブ・グロンコウスキーのWWE人生は幕を閉じたのでした。

動画:

 

ご存知のとおり、グロンコウスキーはNFLに復帰しましたが、それ以前にWWEとの契約内容に契約解除できる条項があり、それをWWEに行使されたとのことです。

その条項に関しては明らかになっていませんが、レッスルマニア36では高所のダイブを見せたグロンコウスキーは、噂によると当初はダイブをめっちゃ嫌がっていて、団体のトップである会長の”ビンス・マクマホン”に説得されたという話があり、この辺りでWWEと確執が出来たのかもしれません。

 

なにわともあれ、すっきりとWWEと縁が切れたグロンコウスキー。フットボールに100%集中してもらいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top