HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【ペイトリオッツ】キャム・ニュートンと契約!&盗撮でドラフトPICKはく奪
2020年6月29日

【ペイトリオッツ】キャム・ニュートンと契約!&盗撮でドラフトPICKはく奪

ラストワン賞

一番ニュースが少ない6月。コロナ感染拡大により開幕も不透明な状況ですが、驚きのニュースが報じられました。

元パンサーズのQB”キャム・ニュートン”がペイトリオッツと契約です!

[SPONSORED LINK]

元パンサーズQB“キャム・ニュートン”(Cam Newton)とは?

“キャム・ニュートン”に関して説明は不要と思いますが、一応おさらい。

ニュートンは、カレッジ時代に素行の悪さや窃盗容疑など問題がありながらも、2011年ドラフト全体1位でパンサーズに獲得されます。

体格と運動能力に優れていたもののスローの悪さなど技術面の問題から、ルーキーから数年は期待どおりの活躍はできませんでした。

 

しかし、2013年シーズンから成長が実を結びプレーオフへ進出。

2015年シーズンは、ニュートンが絶好調の上にパンサーズの強力D#も手伝って、第1シードでプレーオフに進出。

プレーオフでも強豪シーホークスを撃破し、さらにチャンピオンシップではカーディナルスを圧倒し、夢のスーパーボウルにたどり着きました。

めでたく GAME OVER か? いよいよ今シーズンのリーグNO1チーム、カロライナ・パンサーズが登場。シーズン1敗という鬼のような強敵に、2年連続のNFCチャンピオン、シアト
ここまで差があるとは・・ いよいよスーパーボウル50のカードが決定する NFCチャンピオンシップ。 その対戦カードは、ディヴィジョナルプレーオフでNFC2連覇のシーホークス相手

 

圧倒的な力を見せるニュートン率いるパンサーズのスーパーボウル50の対戦相手は、もはやかつての力を失い、D#のおかげで辛くもペイトリオッツに勝利した”ペイトン・マニング”が率いるブロンコス。

 

巷の予想はほぼパンサーズの勝利でしたが、フタを開けてみるとブロンコスD#にニュートンは大苦戦し、ブロンコスが大勝利!

ALL FOR MANNING JETSが最終戦に負けてプレーオフを落とした事なんて、走馬灯のようにすぎさり、今シーズンのドラマもあっという間に最終回のスーパーボウル(以下、SB

 

その後、ニュートンは脳震とう、右肩の手術、左足の負傷と毎シーズン ケガに苦しみ、2020年3月にパンサーズからリリースされました。

ニュートンがペイトリオッツと1年契約

SBにも出場した大物なれど、旬はとっくに過ぎているニュートン。

これまでどことも契約できずにコロナ過に突入して音沙汰が無かったのですが、突如、常勝軍団ペイトリオッツとの契約が報じられました。

契約内容は1年7.5M(現時点の日本円で約8億)です。

 

ペイトリオッツのQB事情は、不動のエース”トム・ブレイディ”がバッカニアーズに移籍したため、ベテラン”ブライアン・ホイアー”と無名の若手3人という頼りなすぎる布陣。

ドラフトでD#に磨きをかけたとはいえ、チームの柱であるQB陣に大きな不安を抱えていました。

 

ここで最後大物FAと言っても過言でないニュートンの獲得は、ペイトリオッツファンにとって朗報でしょう。

しかしながら、ピークを過ぎている上に負傷が多く、これまでのブレイディのO#とはかけ離れたニュートンのスタイルにペイトリオッツファンの心配は尽きないのも事実。

果たしてニュートンは、名将”ビル・ベリチック”の元で再起するのか!?それともペイトリオッツと共に沈むのか!?

今シーズンもいろんな意味でAFC東から目が離せません!

関連記事

オール・オア・ナッシング パンサーズ
ニュートンありきのチームです オール・オア・ナッシング Season4 パンサーズ編を見終えました。 これまでのシリーズよりもドラマチックで面白い内容でした。

ペイトリオッツ、昨シーズンの盗撮事件の処分が下る

もう一つペイトリオッツのニュース。

かねてから「盗撮」の常習犯であるペイトリオッツですが、昨シーズンもベンガルズvsブラウンズの試合にて、ペイトリオッツのスタッフがサイドラインから盗撮を行っていたこと発覚しました。

ペイトリオッツによるサイドライン撮影の有無をNFLが調査

※このブログでは「そんな最弱決定戦を撮影してどーなるねん」と思い、「今週のAFC東」にて少し紹介したのみでした。

 

そしてこの度は、盗撮に関してNFLから処分が下されたのです。

処分は1.1Mの罰金と2021年のドラフト3巡のはく奪です。加えて、ペイトリオッツのテレビスタッフは試合中のビデオ撮影禁止です。

 

なぜヨソの試合のサイドラインにペイトリオッツの撮影スタッフがいたかと言うと、ペイトリオッツのドキュメンタリー「Do your job」の撮影のためにブラウンズに許可を得てサイドラインにいたわけです。

それにもかかわらず、ペイトリオッツの次の対戦相手であるベンガルズを撮影していたことが、NFLの規約に引っかかったわけです。

ペイトリオッツのスタッフは「番組制作と異なる意図があって撮影したわけでない」と弁解するも・・

誰がそんなもん信じるねん!
(屮゜Д゜)屮

スパイゲート事件からの伝統芸「盗撮」に弁解の余地なし!!ドラフト3巡なんざ生ぬるい!2~3年ぐらいドラ1を没収すればこりるでしょう。

しっかし、ベンガルズの撮影でドラ3をはく奪されるとは、割にあいませんね。そこは同情します。
(※ベンガルズファン、ごめんなさい)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 祈無事開幕 より:

    「念のため撮っとけ。来年tank狙いになったら参考にする」とか

  2. ペイトリの悪事はNFLのブランドを破壊している より:

    ペイトリ&ブレイディの数々の悪事は思えば、スパイゲートから20年近い歴史があるわけですが、いい加減にしてほしいというか。
    ズルをする奴が勝ってOKなリーガなんだぜってNFLのイメージを失墜しているように思っています。
    国歌斉唱ひざまづき問題なんかより、よほどのブランド毀損事案だと思ってます。
    ジェッツ狂さんの仰るとおり、一巡を複数年取り上げるくらいしないと罰にならないように思います。リングの数と同じで6年とか。
    スパイの前科があるのに、この程度で済むのはまじでおかしい。他のチームがこういうネタで捕まってますか?って話です。
    シーズン中にライバルチームの解雇選手を拾うのも禁止にしてくれ。ペイトリはこの合法スパイも多い。ともかくフィールド外でどれだけズルをするかで勝負決まるって方針を見せてくれた稀有なチームです。スポーツチームというよりスパイエージェントですな。

  3. 通りすがり より:

    キャム・ニュートンといえば┌┛┌┛ズコー っていうぐらい印象に残るキレイなズコーでした。ズコーってワールドワイドだったんですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top