HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【Amazon Prime】オール・オア・ナッシング(All or Nothing)パンサーズ編 の感想
2019年7月23日

【Amazon Prime】オール・オア・ナッシング(All or Nothing)パンサーズ編 の感想

オール・オア・ナッシング パンサーズ
ニュートンありきのチームです

オール・オア・ナッシング Season4 パンサーズ編を見終えました。

これまでのシリーズよりもドラマチックで面白い内容でした。

[SPONSORED LINK]

カロライナ・パンサーズ編の見どころ

パンサーズ編の見どころは、”キャム・ニュートン”という絶対的な主人公の存在です。

冒頭から陽気なニュートンの練習風景から始まり、さらにニュートンが自宅でシガーを吹かしながら散髪中に自らについて、以下のように語ります。

「俺が絶対的な自信を持っているのは、並外れた準備をしているからだ」

 

がっかり・オブ・ザ・イヤー 2015シーズン にて、「7位:スーパーボウル50で敗北=準備不足の『キャム・ニュートン』(パンサーズ)(32票) 」がランクイン

 

そして、ニュートンはさらに「おなじ服は2度と着ない」「いつもユニークな存在でありたい」「俺のスタイルは俺が作りたいんだ」と自らのファッションへのこだわりも語ります。

 

そんなニュートンの七変化が見れる事も、今回の見どころでしょう。

 

守備の中心となるLB”ルーク・キークリー”に関しては、そのパフォーマンスの源は運動神経ではなく、対戦相手の研究に余念がない事が分かります。

ルーク・キークリー パンサーズ

 

また、趣味がフィッシングでルアーを自ら作成する凝りようであることを披露。知性が溢れるイケメンぶりからファンが増えそうです。

 

その他、骨折を繰り返す悲劇のTE”グレッグ・オルセン”や、K”グラハム・ガノ”の天国から地獄。新人WR”D.J・ムーア”の若気の至りや、大ベテランDE”ジュリアス・ペパーズ”の存在感など個性あふれるキャラクター達を上手くとらえており、これまでのシリーズの中では一番とっつきやすい内容かと思います。

感想(ネタバレあり)

もう結果が出てるシーズンに関してネタバレもクソも無いと思いますが、2018シーズンのパンサーズを知らない方が楽しめます。

2018シーズンのパンサーズは、8試合目まで6勝2敗と絶好調だったにも関わらず、その後は7連敗の泥沼にはまって、最終戦のセインツ戦でやっと勝利。結果は7勝9敗でプレーオフを逃します。

 

この泥沼にはまるきっかけは、やはり”キャム・ニュートン”の肩の不調でしょう。

好調時のニュートンはイーグルス相手に第4Qに21点取って大逆転を演出しますが、肩が不調になってからは練習制限を繰り返し、パスも消極的になります。

 

そのような状況下では本来ならチームメイトがニュートンを支えるべきですが、RB”D.J・ムーア”のミス連発やスティーラーズ戦での大敗、D#の崩壊など ニュートンの調子に引っ張られるかのように、チーム自体も大不振に陥ります。

D#コーチ陣をカットして、HC”ロン・リベラ”が自らD#コールを行うなど苦渋の策を敷いてもニュートンがダメなら全てダメ。

接戦ばかりなのに なぜ勝てず、改めてパンサーズは「ニュートンありきのチーム」である事が分かりました。

 

ニュートンといば、ヤンチャで手がつけられないイメージが強いのですが、精神的にかなり成長しているようで、仲間を鼓舞しチームのために全力を尽くすシーンが多くあります。

シーズン終盤に肩の不調から先発を下げられるのですが、代役のバックアップQBがNFL初のTDを決めた時には自分の事のように叫んで大はしゃぎします。そこに彼の優しさと度量の広さが見られます。

 

ラストはニュートンの手術や2019年のドラフト。そして、パンサーズの新練習施設の建設など、新シーズンへ向かうパンサーズの光景で幕を閉じます。

 

ラムズ編ではマクベイとゴフのラムズ入りで終了し、その後ラムズはスーパーボウルへ出場するほどの大躍進を見せましたが、果たしてパンサーズのこの物語の続きはどうなるのか?

パンサーズファンは当然として、パンサーズファンでない方も見ておけば、2019シーズンを一層楽しめるでしょう。

見るか見ないかは、あなた次第です!!

おまけ

不意打ちで登場するロブ・ライアン(レックス・ライアンの弟)

ご視聴はこちら

カロライナ・パンサーズ オール・オア・ナッシング

オール・オア・ナッシング Season4 パンサーズ編

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. Ryan より:

    頭のシーンでビヨンセを爆音で流してロンリベラをイラつかせてる辺り最初はどうなるかと思いましたが、その後はニュートンのカッコよさが際立つ内容でしたね。
    次のシーズンはどこになりますかね。
    失意のルーキーイヤーからの飛躍を狙うダーノルド率いるジェッツ、あると思います。

    1. JETS狂 より:

      Ryanさん>
      最初はイメージどおりの能天気野郎かと思いきや、その後は自宅で散髪しながら語るクールなシーンがあり、好感度はアップしたでしょう。
      次のシリーズはジェッツでもなくていいのでAFCのチームを取り上げてほしいですね。
      ブラウンズが面白そうです。

  2. おひさまLT より:

    初めまして。
    このシリーズはHCやQBのキャラが良いと面白くなりますね。
    あとどうでもいい事ですが、DJムーアはWRだと思われます。

    1. JETS狂 より:

      おひさまLTさん>
      初コメありがとうございます。今回はキャラが立っていて、さらに好調から大不振におちいる展開で、シリーズの中では一番面白かったと思います。
      DJムーアの件は修正いたしします。JETS狂の宴はみなさまのおかげで成り立っております。

  3. 日吉 より:

    初めまして

    相変わらずポストシーズン前にエンドするチームを選ぶのが上手いですねAmazon
    マッデンかな?
    とはいえ内容は非常に楽しめました
    前からキャムは投げて走ってヨシと好きな選手ですが今回お茶目さとアスリートのストイックさと優しさが見えてさらに好きになりました。

    1. JETS狂 より:

      日吉さん>
      コメントありがとうございます。
      シーズン1はポストシーズンに行ったんですけど、それ以降はさっぱりですね。
      とはいえ、パンサーズは好調から泥沼の連敗に落ちてチームの空気がよどんでいく様子が実にドラマチックでした。
      ニュートンはかなり精神的に成長したようで、今ならばスーパーボウルを制覇できるかと思いました。

コメントを残す

CAPTCHA


Top