HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【NFL 2020-2021:今週のAFC東】Week06(どーしたペイトリオッツ編)
2020年10月21日

【NFL 2020-2021:今週のAFC東】Week06(どーしたペイトリオッツ編)

キャム・ニュートン、ペイトリオッツ
王朝はブレイディのおかげだった?

首位ビルズは王者チーフスと対戦。そして、ビルズを追うペイトリオッツは、今週は何としても勝利してビルズとの差を詰めるべきでしたが、果たしてどうなった?

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ブロンコス 18-12 ペイトリオッツ

ペイトリオッツはQB”キャム・ニュートン”が先発復帰!

ニュートンが先発すればブロンコス相手に負けはしないと思っていたら、なんとペイトリオッツがロースコアの敗北。

ペイトリオッツはニュートンが復帰するものの、不幸にもRB”ソニー・ミシェル”がコロナで欠場。これが響き、ランはニュートンが1人で76ydも走ってほぼ一人で稼ぐ事になります。

しかし、パスは2INTを喫して不調。ブロンコスのディフェンスがブリッツ攻勢だったとはいえ、4サックを許したOLにも原因があるでしょう。

 

一方、ブロンコスもQB”ドリュー・ロック”が1か月ぶりに復帰するも、決め手を欠いてTDを奪えず。しかし、K”ブランドン・マクマナス”が6本もFGを決めてブロンコスの全得点を一人で稼ぎ、ブロンコスを勝利に導きました。

 

ブロンコスがジレットスタジアムで勝利したのは2006年以来という快挙。

一方QB”キャム・ニュートン”は、実はブロンコスを苦手としており、スーパーボウル50を含めて今回の敗戦で0勝4敗なのです。

やはり、自信満々で臨んだスーパーボウルで、”ペイトン・マニング”率いるブロンコスに心からポッキリ折られたトラウマも敗因だったのかもしれません。

ALL FOR MANNING JETSが最終戦に負けてプレーオフを落とした事なんて、走馬灯のようにすぎさり、今シーズンのドラマもあっという間に最終回のスーパーボウル(以下、SB

チーフス 26-17 ビルズ

マンデーナイトで、王者チーフスにAFC東首位のビルズが挑む、今週の最後に相応しいビッグマッチ。

前半は互角に展開するも、後半にチーフスがひたすらランをコールするグラウンドアタックに出る!これが当たりビルズD#はラン連発に対応できず、結果、チーフス のドラ1RB”クライド・エドワーズ=エレア”がラン26回161ydの大活躍。

ラントータルでは245ydも獲得し、タイムポゼッションは38分とチーフスが試合をコントロールして勝利しました。

もちろんQB”パトリック・マホームズ”もパス21/26回225yd獲得2TD、レーティング128の活躍。

 

一方 ビルズは、後半はチーフスのラン攻勢に翻弄されながらも、QB”ジョシュ・アレン”が短時間でTDを決めて点差を詰めるキャッチアップ能力に希望を見出しましたが、この試合ではオフェンス全体の獲得ヤードが206ydと振るわず、チーフスの466ydの半分以下だったの事が敗因でしょう。

 

ちなみにチーフスと契約したRB”レべオン・ベル”は準備が間に合わず、この試合は欠場です。

むしろ出なくて正解だったし、これだけランが出るならベルは要らないのでは?

今週のAFC東

1位:ビルズ(4勝)
2位:ドルフィンズ (3勝)
3位:ペイトリオッツ (2勝)
4位:ジェッツ(0勝)

→イルカ勝利でビルズ敗北のため、イルカが2位に浮上し首位に1勝差と詰めました。

ビルズはチーフス相手だったとはいえ開幕4連勝後の2連敗。ここにオードリー春日の恐ろしさを改めて意識せざる得ません。

知ってた NFL2020シーズンがWeek04が終了し、今シーズン4回目のNFL倶楽部が放送されました。 今回はオープングから見たまんまの変化がありました。

 

未だ0勝のジェッツとの差は4勝差。・・・ジェッツにもワンチャンある?

今週のBest of Tweet

今回は自分のツィートをPICK UPします。

フォロワーさんとの鬼滅の話題に、炭治郎(たんじろう)が自分を鼓舞する画像を張られたので、ジェッツの散々な状況に心が折れそうな私も自分を鼓舞しました。

本当に今シーズンは、これまで経験した事が無いくらい酷いです。

しかし、今シーズンもくじけずに最後まで頑張ります。

Week07

ビルズ vs ジェッツ

AFC東首位、かつ、開幕戦で敗れたビルズと早くも再戦です。

連敗中のビルズにとってはおいしい相手でしょうが、ジェッツがここで勝てばまだ首位追撃のチャンスが生まれます

今回ばかりは、春日の呪いに頼りたいところですが、果たしてどうなることやら。

49ers vs ペイトリオッツ

負け越した非常に厳しいペイトリオッツに立ちはだかるは、49ers。

2週間前にイルカさんに敗北したものの、今週は調子を取り戻してチャージャーズに勝利しています。

HC”ビル・ベリチック”もプライドに賭けてホーム連敗は何としても阻止したいところですが、果たしてニュートン、及び、チームの状態が来週までに回復してるのか気になるところです。

ドルフィンズ  BYE WEEK

3勝3敗のタイとなった好調イルカさんはお休み。

イルカの関係者は家でジェッツの勝利を祈るでしょう。ジェッツはイルカの期待にも応えねばなりません。
(まぁ、たぶん裏切るけどね)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 匿名 より:

    鬼滅の刃世界は才能は絶対なのであの法則を適用するとむしろジェッツは絶対勝てなくなりますね……

  2. enjiiro より:

    イルカさんはフィッツパトリックおじさんを降格させるそうですね。期待に応えてやるから、おじさんを寄越せとか言ってみます?ふらっ子よりは使えると思いますが・・・

コメントを残す

CAPTCHA


Top