HOME > NEWS > NEWS(2022-2023) > 【NFLドラフト2022】2日目:RBブリース・ホール、TEジェレミー、ラッカートを獲得!
2022年4月30日

【NFLドラフト2022】2日目:RBブリース・ホール、TEジェレミー、ラッカートを獲得!

こんなにお得でいいのかい?

ドラフト初日は3人もPICKし、見事にニーズを埋めたジェッツ。

その積極的な姿勢は変わらず、2日目もチャンスとみるやトレードUPをしかけて有力な戦力をGETしました。

 

ちなみに2巡目のPICKのアナウンスを行ったのは、ジェッツが誇った伝説のシャットダウンコーナー、CB”ダレル・リービス”。

これには会場のジェッツファンもわきました。
(SB制覇したのはペイトリオッツ時代ですけど)

[SPONSORED LINK]

2巡4位(全体36位)RBブリース・ホール(Breece Hall) from アイオワ州立大

動画:

2巡目3位を初日にタイタンズにトレードしましたが、2巡目4位をジャイアンツからトレードUPで得ました。

ジェッツ獲得:2巡4位(全体36位)
ジャイアンツ獲得:2巡6位(全体38位)、5巡3位(全体146位)

 

2つUPしてジェッツが指名したのは、今ドラフトでRB初指名となる”ブリース・ホール”です。

ホールは今ドラフト最高評価のRB。タイプとしては40yd走4秒39のスピードに加えてチェンジ・オブ・ペースを得意とし、75ヤード以上のTDランを5回決めています。

かつ、3rdDownショートを取る突進力も持ち合わせる万能タイプであることに加えて、レシーブ能力にも長けておりプレーの幅は広いです。

動画を見ていると、スティーラーズ時代のレべオン・ベルを思い出します。

 

とはいえ、1巡目で指名されなかった事から分かるように、飛びぬけて凄いRBというワケではありません。

ルート取りに迷いがあり、ランの加速力は平均的、ボディバランスに問題があるなどの指摘があります。

 

ジェッツのRB事情は、毎年ドラフト3巡以下で獲得しているものの当たりを引きません。

今シーズンは、昨年ドラフト4巡目で獲得したRB”マイケル・カーター”と、再契約した元49ersの”テビン・コールマン”を中心とした布陣であり、インパクトが無い事を気にしていましたが、まさか今ドラフト最高のRBを獲得できるとは嬉しい誤算です。

この強力なカードがジェッツの切り札になることに期待せざる得ません。

3巡37位(全体101位)TEジェレミー・ラッカート(Jeremy Ruckert) from オハイオ州立大

動画:

https://www.youtube.com/watch?v=JTxeCS2g-34

今回のドラフトはWRとCBがバンバン指名される一方、QBやTEに指名がほぼ無い異色の展開でした。

その状況を見てジェッツがタイタンズから得た3巡目(全体101位)で指名したのは、TE” ジェレミー・ラッカート”。

既にFAで元ベンガルズの”C.J・ウゾマ”と元バイキングスの”タイラー・コンクリン”を獲得しているにも関わらずTEを獲得したのは予想外すぎましたが、ここまでTEが売れないと獲得するのもアリだと思います。

 

TE”ジェレミー・ラッカート”はハイスクール時代にオールアメリカンに選ばれるものの、タレントぞろいのオハイオ州立大では目立たぬ存在となりました。

しかし、2020年シーズンにレシーブしたTDパスが全てレッドゾーンからのパスということで、局地戦での勝負強さが注目されました。

加えてランブロックも得意でパワーもありますが、その一方スピードの無さが指摘されています。

 

ジェッツのTE事情もRBと同様に毎年のように獲得しても、2009年ドラフトのTE”ダスティン・ケラー”以来定着する選手はいません。

レッドゾーンの勝負強さとランブロックに長けているという、ジェッツに足りない武器を兼ね備えているので魅力的です。

先輩TEらから多くを吸収してリーグを代表するTEに成長してほしいものです。

 

・・DBの層を厚くしてほしかったドラフトなのに気が付けばO#のスキルポジションが多い。

しかし、これだけ各ポジションのプロスペクトTOPクラスの選手を獲得できるとは思ってもみませんでした。

 

現時点で3日目の指名は4巡2回であり、非常に上手くトレードUPしたと思います。近年最高のドラフトPICKでは無いでしょうか。

最終日こそDBの層をもっと厚くしてほしいですが、OLも欲しいしKの獲得も狙っていそうな気配が漂っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top