【NFL 2017-2018:ワイルドカードプレーオフ3】ビルズ vs ジャガーズ

ジャガーズ ブレイク・ボートルス
走れ~走れ~ボートルス♪

ワイルドカードプレーオフ第3試合は、10年ぶりにプレーオフ進出のジャガーズvs18年ぶりにプレーオフ進出のビルズという、なんとも貴重なプレーオフゲームとなりました。

2チームともレギュラーシーズンの荒波を乗り越えてきた強豪のハズなのに、恐ろしく低調な試合となりました。

これもアメリカンフットボールです。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

2018年 1月 7日

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ビルズ

0

3

0

0

3

ジャガーズ

0

3

7

0

10

 

総評

QB”タイロッド・テイラー”&RB”ルショーン・マッコイ”の機動力が武器であるビルズにとって、敵地の試合かつランD#リーグ1位のジャガーズは相性が最悪の相手でした。

[※ジャガーズはランD#でなく、パスD#1位でした。コメントから指摘を頂きましたので訂正します。JETS狂の宴は皆様に支えられて生きております。]

さらにビルズはマッコイが最終戦で足首を捻挫して、この試合はテーピングを巻いての強行出場というハンデを背負って戦います。

 

当然、ビルズO#はジャガーズの強力なランD#の前に大苦戦するのですが、ジャガーズO#もQB”ブレイク・ボートルス”がショートはおろか、スクリーンパスすらも まともにパスできない最悪の調子で、前半戦は互いにFGを決めて3-3で折り返します。

 

この展開に変に覚醒したのがボートルス。テイラーのお株を奪うスクランブルで走りまくってO#を継続。ビルズD#の要であるS”マイカ・ハイド”がOUTした影響がモロに出て、ビルズD#はレッドゾーンへの侵入を許します。

そして、QB”ブレイク・ボートルス”がQBらしい仕事をしたのが、敵陣1ydでの4thDownギャンブル。全く信用できない本日のボートルスのパスに誰しもがジャガーズのエースRB”レナード・フォーネット”のダイブしかないと思ったでしょう。

しかし、ジャガーズのコールは中央奥へのパス!これが見事にヒットしてジャガーズが待望のTDを奪います。敵陣1ydなれど、この展開で安全にFGに行かず、さらにボートルスにパスをさせるジャガーズの覚悟。素晴らしい。

 

一方、TDを決めないと敗北になるビルズQB”タイロッド・テイラー”は第4Q残り1:43 にタックルを受けたさいに脳震とうになり、試合続行不可能となります。

このピンチに現れたのが・・・ご存知、前半5INT男のQB”ネイサン・ピーターマン”。
∑(゜ Д゜)

Nathan Peterman ネイサン・ピーターマン
こんなにダメなのは初めてだ 失速を止めるべく、先発QBを”タイロッド・テイラー”からQB”ネイサン・ピーターマン”に交代したビルズ。 しかし、その期待は大きく裏切られる事になり

この極限状態でビルズファンはピーターマンが覚醒し、TDパスを決めてくれると信じたでしょう!!しかし、結果はやっぱりインターセプト献上・・

θ_(゜∀゜ )≡ モヒョヒョヒョヒョ ヽ(A`)ノ≡ コラァァァ!! カエセヨー!!

これにて試合終了。ジャガーズが次戦、ディビジョナルプレーオフにコマを進めました。

 

ブレイク・ボートルス

ジャガーズQB”ブレイク・ボートルス”のスタッツは、パス12/23回87yd獲得1TD。

驚くべきがラン10回88ydと、ランがパスを上回りましたw。

プレーオフでQBのランがパスを上回り勝利した前例は1950年”Otto Graham”、2005年”マイケル・ヴィック”に次いで3人目ということで、名誉あるモバイルQBな記録を残したのですが、2014年ドラ1QBなのにこれはひどいです。(ヴィックは全体1位だけど)

本人は「パスの調子が悪い日だってある。」と言っておりますが、HC”ダグ・マローン”は勝利したものの当然、この状況を良くは思っておらず、次のスティーラーズ戦に暗雲が立ち込めております。

タイロッド・テイラー ルショーン・マッコイ ビルズ プレーオフ

一方、ビルズQB”タイロッド・テイラー”のスタッツはパス17/37回134yd獲得0TD、1INT。ランは7回27yd獲得。

シーズン中にも懸念されていた弱点がモロに出ました。なのでシーズン中に1回先発を下ろしてQB”ネイサン・ピーターマン”を先発で試した事も納得できます。

しかし、そのピーターマンは今日も出番が回ってくるも代名詞のINT献上で試合を終わらせ、全く期待に応えないシーズンでした。

ビルズは来シーズンQBを交代するでしょう。

 

負傷を抱えて強行出場したRB”ルショーン・マッコイ”はラン19 回75yd獲得と健闘。あと1歩でD#を全員抜けるかというシーンもありましたが、そこはジャガーズD#が1発TDを許さず、ビルズのTDは無し。

ビルズは奇跡的にプレーオフに出場したものの、来シーズンに大きな課題を残す結果となりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    確かに両チーム共にO#が不調でしたね。ワンチャンスを活かしたジャガーズに軍配が上がりましたが、次の相手はスティーラーズです。PATSの次に強敵相手に意地を見せて欲しいですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      このボートルスでは勝てそうにないですね。D#が粘り粘ってターンオーバーを奪うしかなさそうです。
      タイタンズとジャガーズ、どちらでもいいのでチャンピオンシップに進む事を望んでいます。

  2. アノニマス より:

    ボートルズも目に見えて悪かったのはそうなんですが、ショートパスでRACが稼げなかったり(ミススローした分も成功したところで稼げるか怪しい)ランの時にD#の選手が当たり前のように複数人LoSを割ってきたりしてたのでオフェンスの停滞は見た目以上に深刻かもしれません。

    1. JETS狂 より:

      アノニマスさん>
      フォーネットが走れなかったのも手伝いましたね。ジャガーズのこれまでの試合をあまり見てませんが、フォーネットのランありきのO#が機能していた事が推測できますね。
      スティーラーズはランD#に集中するだけの楽な試合になりそうです。

  3. マタ より:

    お互いのチームのパス精度が悪くて地味な試合でしたね。
    ビルズの覚醒に期待してたんですが…。
    ジャガーズがランク1位なのはパスD#の方でランD#真ん中ぐらいの順位だったはずです。

    1. JETS狂 より:

      マタさん>
      間違えました。1位はパスD#ですね。訂正しておきます。
      今シーズンのジャガーズの試合をまともに見たのですが、2度も3度もスクリーンが決まらないのに唖然としました。キャッチボールからやり直したほうがいいレベルでよく勝てたと思います。
      ラストはビルズのピーターマンに劇的なTDを期待したのですが、ある意味で期待を裏切りませんでした。
      もう次のドラフトはQB争奪戦ですね。

  4. YM5 より:

    https://www.youtube.com/watch?v=Ygw9jnCKszc

    ペティ対ボートルズ、Fiesta Bowlの伝説の投げ合いから早くも4年経ってしまいましたが、ペティに限らずボートルズもカレッジがピークという感が拭えませんね。

    まあ、AFCはプロボウルのQBがほぼ決まっているようなものなので目立つのは厳しいでしょうが、キャリアでレーティング80.8は正直淋しいですよね。

    QBに関してですが、2周回ってラマー・ジャクソンが一番という声もあり、僕も彼をJETSで見たいですが、今年のQBはハイズマンが2人いるけどどうも不作な気がするんですよね。

    それに、アレンのようなマイナー校のQBを狙うにしてもウェンツやフラッコみたいにFCSで無双していたQBが注目され、しかもNFLで活躍出来る方が稀ですから2匹目や3匹目のドジョウは難しい…などと書いていたら強豪校で活躍していた(けどNFLでやれる気がしなかった)ジーノやボイドの事を思い出してしまいました。

  5. みきのり より:

    ボートルズもテイラーもとりあえずプレーオフスターターの称号が手に入って良かったね、という程度の試合でした。
    ジャガーズのD#はさすがに迫力あったんでそこだけ期待。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      ちょっとジャガーズはボートルスが不安な試合でした。
      この調子ではスティーラーズに勝つのは到底ムリですが、次までにパフォーマンスがマシになることを望むのみです。

コメントを残す

CAPTCHA