【NFL 2016-2017】死闘を制しプレーオフに集う戦士たちよ、デテクイヤ!(NFC編)

NFLプレーオフ 2016-2017 対戦カード
正直、NFCの方が面白い

前回のAFC編 に引き続き、NFC編をお送り致します。

プレーオフはAFCよりNFCの方が面白く、記憶に残るシーンが多いですね。

人間離れした「ロジャース無双」に、マーション・リンチが片手でD#をぶっ倒す豪快ラン、パッカーズのありえない逆転負けなどありました。

昨シーズンは、パンサーズのパスラッシュが強力すぎて、シーホークスが津波のように飲まれてしまいましたねぇ・・・あの時のパンサーズは何だったのでしょうか。

さて、今シーズンはどんな名シーンが待ち受けているのか、楽しみです。

[SPONSORED LINK]

第1シード:ダラス・カウボーイズ

プレスコット エリオット ダラス・カウボーイズ

新トリプレッツで王朝復活か!?

(1回戦、免除)

QB”トニー・ロモ”がプレシーズンで負傷し長期離脱した時点で、世間的にはカウボーイズのシーズンは終わったと思われたが、QB”ダグ・プレスコット”とドラフト1巡で獲得したRB”エゼキエル・エリオット”のルーキーコンビの活躍で破竹の11連勝を打ち立て、プレーオフ一番乗りで第1シードを獲得した。

 

このルーキー二人にベテランWR”デズ・ブライアント”を加えたO#スキルポジションの3人に、1990年代に一時代を築いたQB”トロイ・エイクマン”、RB”エミット・スミス”、WR”マイケル・アービン”の3人の通称『トリプレッツ』の再来に期待してしまう。

 

チームの特徴はエリオットの手をつけられないランO#と、リーグ1位のランD#。

かつてからの強力なOLも健在で、3人のプロボウラーがルーキーコンビの活躍を支えていることは間違いない。

パスD#が26位という対空防御に不安があるものの、そこはランO#によりタイムポゼッションで優位に立って弱点をカバーしたいところ。

 

懸念点は同地区からプレーオフ出場したニューヨーク・ジャイアンツの存在。カウボーイズの今シーズンの3敗中、2敗がジャイアンツ戦なのだ。

加えて、近年のジャイアンツはプレーオフで無類の強さを誇るので、対戦は絶対に避けたいだろう。

第2シード:アトランタ・ファルコンズ

ファルコンズ NFL マット・ライアン

肉を切らせて、骨を断つ!

(1回戦、免除)

強くても人気の無い不思議チーム、ファルコンズがプレーオフに帰ってきた。
チームの特徴は30点取られようが、それ以上を取り返して勝利するという超攻撃スタイル

 

QB”マット・ライアン”とWR”フリオ・ジョーンズ”のホットラインに加え、地上戦はRB”デボンタ・フリーマン”のランが強力だが、彼はレシーブ能力も兼ね備えており、ターゲットが多いパスO#が強みだろう。

しかし、プレーオフは伝統的にD#が強くなければ勝てないので、大量失点を許すD#陣がどこまで踏ん張れるかが勝負の鍵を握るのは間違いない。

第3シード:シアトル・シーホークス

シーホークス NFL プレーオフ

守備力こそ最強の証

(1回戦はライオンズと対戦)

かつての弱小の影はもはや無く、プレーオフ常連チームと化したシーホークス。

その特徴はやはり、CB”リチャード・シャーマン”を筆頭するハイパーD#なのだが、S”アール・トーマス”の離脱という不安を抱える。

 

O#陣はおなじみ強力な足と肩を持つQB”ラッセル・ウィルソン”が、どんな状況でもロングパスを通す。レシーバーはWR”タイラー・ロケット”に加え、セインツから移籍直後はイマイチだったTE”ジミー・グラハム”が今シーズン猛威を振るっている。

 

しかし、QB”ラッセル・ウィルソン”は、突然の大乱調が発生しミスを連発する試合がある。その乱調ぶりは格下のラムズに3点、バッカニアーズに5点しか取れないぐらい酷いものだ。

この乱調がプレーオフで出れば確実に敗退する。一発勝負のプレーオフで、どこまで”ラッセル・ウィルソン”が調子を維持できるかが生命線となる。

[2017/01/07:追記]
コメントより指摘がありました。WR”タイラー・ロケット”は年末に負傷のためシーズンエンドです。
https://nfljapan.com/headlines/13762

第4シード:グリーンベイ・パッカーズ

パッカーズ プレーオフ NFL

やっぱり強い、チーズヘッド

(1回戦はジャイアンツと対戦)

シーズン序盤の不振により、今シーズンはプレーオフ出場を落とすと思われていたが、Week12からWeek17まで全勝して地区優勝し、いつもどおりプレーオフ出場にこぎつける。

 

特徴はもちろん”アーロン・ロジャース”の復活。昨シーズンからパフォーマンスが落ちたなど言われてきたが、今シーズンの終盤で見せた活躍ぶりは不安を払拭させるものだった。

D#は今シーズン、LB”クレイ・マシューズ”がシーズン中にハムストリングが痛めるものの健在で、強力なパスラッシュをけん引している。

 

エースRB”エディ・レイシー”が負傷離脱したのは残念だが、スーパーボウルを1度制覇した以降はスーパーボウルの舞台にすらたどり着いていない”アーロン・ロジャース”に、そろそろ2個目のリングを取ってほしいところである。

第5シード:ニューヨーク・ジャイアンツ

ジャイアンツ イーライ ベッカム

今シーズンこそ来るか、イーライ イヤー!?

(1回戦はパッカーズと対戦)

4年に1回はスーパーボウルを制覇する”イーライ・マニング”伝説は、昨シーズンに終止符を打たれたと思われた。

しかし、イーライは周期から1年ズレて再びプレーオフに帰ってきた!おそらくズレた原因は、昨シーズンWR”オデル・ベッカムJr”にかけられたマッデンの呪いのせいだと思われる。

 

チームの中心は何と言っても、良いWRが常に巡ってくるQB”イーライ・マニング”と、リーグ最強クラスのWR”オデル・ベッカムJr”のホットライン。

ベッカムはスピードに加えて、どんな体制でもレシーブする柔軟性+ボディーバランス+手のでかさ&握力など、全てが変態級なのだ。

 

さらにジャイアンツがSB制覇する時といえば4-3のDLが強力な時。

JETSから移籍したDL”デイモン・ハリソン”に加え、元ドルフィンズのDE”オリビア・バーノン”などAFC東から仕入れたDLが当たり、強力なランD#を構築。レギュラーシーズンではカウボーイズをスィープ(同地区の相手に2勝)したのだ。

 

DBには現在、INT数2位タイのビッグプレイメーカーCB”ドミニク・ロジャース・クロマティ”や、ベンガルズから移籍したDB”レオン・ホール”など、DB陣に経験豊かなベテランを揃えているのも強みだろう。

状況から言って、裏の大本命と言っても過言では無いチームである。

第6シード:デトロイト・ライオンズ

ライオンズ NFL プレーオフ

シーズン全敗なんざ過去の話よ

(1回戦はシーホークスと対戦)

メガトロンことWR”カルビン・ジョンソン”の引退でパスO#が弱体化すると思われたが、「金帝都」ことWR”ゴールデン・テイト”に加えて、WR”アンクワン・ボールディン”やWR”マービン・ジョーンズ”などリーグの名だたるレシーバーをかき集めて、強力なパスO#の構築に成功した。

 

その中心となるQB”マシュー・スタフォード”は、2008年のシーズン全敗直後のドラフトにて全体1位で獲得したライオンズ復興の象徴ともいえる選手。

かつてはケガばかりする貧弱ぶりから「チャイナドール(中国製人形)」という嫌味なニックネームもつけられたが、今ではすっかりたくましくなり、中指を負傷しようがシーズン最後まで投げ切る強さを見せた。

強力なリストから繰り出す華麗なサイドスローはもちろんのこと、最終戦では負けはしたもののパッカーズ相手にヘイルメイリーを決める勝負強さを身につけ、もはや季は熟した。

いつスーパーボウルを制覇するの?今でしょ!?

保存

  1. ちなSEA より:

    シーホークスのタイラー・ロケットはシーズンアウトです。。。

    https://nfljapan.com/headlines/13762

    ま、Wild cardを勝っても、アール・トーマスがいないのでDivisonalでアトランタに虐殺されると思いますが。

    1. JETS狂 より:

      ちなSEAさん>
      うぉ!いつの間に、この間まで「ロケットすげー!」と思って印象深かっただけに残念。
      さっそく、修正いたします。
      JETS狂の宴(現:ロモの名は)は皆様に支えられております。

  2. HJ より:

    我がLionsに暖かいコメントありがとうございます。
    シーズン終盤三連敗で心折れかけておりますが、59年ぶりのAwayでのPlayoff勝利を願い応援します!

    でも勝ったらまたDallasか。。。

    1. JETS狂 より:

      HJさん>
      2009年ドラフト3大QBの生き残り(サンチェスいるけど)のスタフォードには好感を持ってます。
      本当はライオンズの応援をしたかったのですが、なんせギリギリまでプレーオフに出るかどうか分からなかったもので。
      あと、スピンオフのタイトルの難しさもあり、スピンオフはダラスの応援となりました。
      しかしながら、1回戦はライオンズの応援いたします!
      行け!ライオンズ!!

  3. 海鷹ファン より:

    ラッセルウィルソンは確かに調子を崩す癖がありますが、それ以上に問題なのはアマレベルのOLでしょう。パスプロはできないランブロックもできないから、後ろにいるQBやRBが本当に可哀想に見えます。

    今年のランオフェンス不振の原因をリンチの穴と簡単に書かれることが多いですが、ペネトレーションされまくって、逆サイドへのカットバックにしか活路がないが、しばらくするとアジャストされてパス投げるしかないという試合が何試合もあったわけです。

    シーホークスはSB制覇するまでの4試合の中で必ずどこかでコケるので、せめて1試合は勝って欲しいなあぐらいの気持ちで見ています。

    予想としてはカーボーイズかジャイアンツが勝ち抜くと予想していますが、願望としては1試合でも多くアーロンロジャースを見ていたいと思わされるぐらい後半の出来が素晴らしかったので、パッカーズに期待しています。

    1. JETS狂 より:

      海鷹ファンさん>
      たしかにシーホークスはOLも問題ですね。私も勝ち抜く可能性は低い気がします。
      GBはロジャースの出来が気になりますが、レイシーのランがいないのが厳しいですね。
      いずれにせよ、私が応援するのはカウボーイズ一択なので、カウボーイズがSB制覇することで、私が応援するチームがSB制覇するというジンクスがつかないかと、イヤラシイ野望があるのであります。

  4. 緑の飛行機 より:

    ジャイアンツのSB制覇が見える(笑)
    まずはプレイオフでは意外と得意のパッカーズ撃破、カンファレンスチャンピオンではカウボーイズ、そしてSBもお得意様のペイトリオッツを撃破!

    あら〜(^o^)

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      意外とまたイーライが制覇しそうな気がしますね。
      そうなると兄者がまたリングの数で抜かれて、兄者が維持で引退撤回する展開になると、プロレスのようで面白いです。

      1. 緑の飛行機 より:

        クソっ、ジャイアンツめっ!
        こんな事書いて恥ずかしいじゃないか(泣)

        今年はどちらも上位が順当に勝ち上がりましたね。

        1. JETS狂 より:

          緑の飛行機さん>
          予想と現実は違います。ベッカムのビッグマウスは小心者を隠すためだったようで、初プレーオフは力が発揮できませんでしたね。
          しかし、壁に八つ当たりするのは良くないです。

          1. 緑の飛行機 より:

            いや、僕も冗談で書いたんです(笑)

            ビッグマウスでも一応結果を残すリチャード・シャーマンとは違いますな。

  5. テキサスのガラガラヘビ より:

    NFLの公式Instagramに載っていたのですが、ライオンズは1950年以降最多の8度の逆転勝利を挙げていて、なおかつKのプレイターは50+ydのFGが今シーズン失敗無しだそうです。
    接戦だとライオンズに分がありそうですね。
    長文失礼します

    1. JETS狂 より:

      テキサスのガラガラヘビさん>
      とにかくD#陣のラッセル・ウィルソン攻略にかかってます。崩れやすいOLの弱点をつけば、意外と組みやすい相手かもしれません。
      しかし、プレーオフでの経験値とホームの有利は圧倒的にシーホークス。
      ・・・ライオンズ、1回戦突破できるか?

  6. Liger より:

    JETS狂さん>
    もちろん来季こそはNYJがプレイオフに駒を進めて、大興奮の熱烈JETSファンの皆さんが、このブログに千客万来で大繁盛というのが理想だとは思いますが、もし万々が一、武運拙く今季と同じシチュエーションになってしまった場合は、是非ともライオンズをネタにスピンオフ企画で弄ってやって下さい。タイトルは「自虐の詩」でも良いですが、もうちょっと新し目に「「負けるは恥だし、腹も立つ」でお願い致しまする。

    1. JETS狂 より:

      Ligerさん>
      来年の話ですし、逃げ恥も古くなってますね。
      自称コピーライターの私が、ライオンズにふさわしいブログタイトルを考えましょう。
      ・・・・・
      よし「3月のライオン」で。
      (という、テレビを今たまたまNHKで見ていたという、手抜きw)

  7. みきのり より:

    ワイルドカード
    ○シーホークスーライオンズ●
    ○パッカーズージャイアンツ●
    ディビジョナル
    ○カウボーイズーパッカーズ●
    ○シーホークスーファルコンズ●
    チャンピオンシップ
    ○シーホークスーカウボーイズ●

    JETS狂さんが何度予想してもNYJがSB制覇するように、私もやはりSEA以外選択出来ません。
    今年もTVの前でウィルソンのジャージ着て、全力で応援します。

    でも、おい建前じゃなくて本音を言えと言われれば、今年はファルコンズの年だと思います。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      シーホークス来ますかね~。常に私の予想は外れるので、やっぱシーホークスかなぁ~~。
      ファルコンズはベンガルズ同様に踏み台のイメージがついてしまって、SBまで届かない気がします。
      と、いろいろ考えながら、あと数時間で試合開始。モンモンとした夜を過ごしております。

    2. みきのり より:

      さて答え合わせ。
      ディビジョナルで華麗に2つ外しましたが、「建前はシーホークス、本音はファルコンズ」という予感だけは的中しました。
      ライアン→ジョーンズのホットラインはプレーオフになって浮き足立つどころか、ますます盤石に。
      ウィルソンもトリプレッツもロジャーズも消えて、本来なら興味が削がれかねないのに、SBへの期待は増すばかり。
      楽しみです!

      1. JETS狂 より:

        みきのりさん>
        まさかのファルコンズでした。ハイパーO#なんて対策立てられたら終わりだと思っていたのですが、予想を超越してましたね。
        応援チームは絶滅。私も呪いかな?

  8. :ちなNE より:

    かこつです!
    おお、やっぱりこうしてみるとNFCが面白いと言われるゆえんがわかる気がしますよ
    なんせAFCは独禁法に引っ掛かりかねないレベルでNE、PIT来ますもんねー
    NYGにブレイディの伝説の礎になってほしいと思った今日この頃。伝説には犠牲が必要デース

    1. JETS狂 より:

      :ちなNEさん>
      AFCって予想外の事が起こりにくいし、結局は常連組の横綱相撲という展開が多いのです。
      NFCの方が記憶に残るシーンが多いのは確かですね。
      本当に3度目のNEvsNYGになったら、面白いです。ブレイディがイーライを超えるのか返り討ちにあうのか気になります。

  9. 緑の飛行機 より:

    SBはNFCは2000年になってからジャイアンツ(2000.07.11)、ラムズ(01)、バッカニアーズ(02)、パンサーズ(03.15)、イーグルス(04)、シーホークス(05.13.14)、ベアーズ(06)、カーディナルス(08)、セインツ(09)、パッカーズ(10)、49ers(12)と11チーム出ています。

    AFCは2000年からレイブンズ(2000.12)、ペイトリオッツ(01.03.04.07.11.14)、レイダース(02)、スティーラーズ(05.08.10)、コルツ(06.09)、ブロンコス(13.15)と6チームしか出てないんですね。

    AFCってやっぱりペイトリオッツ・スティーラーズというかNFCが毎年違うチームが出てきて新鮮というか。

    その間はNFC6勝、AFC10勝ですね。

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      そうなんですよ。AFCって、サプライズが少ないのですよ。
      今シーズンのAFCは、フランチャイズQB vs 新QB(バックアップ)の構図で実力差がはっきりしてますが、その不利を乗り越えて、ドルフィンズには頑張ってほしいです。

      1. 緑の飛行機 より:

        やっぱりドルフィンズですね。気になります。スティーラーズを破って欲しいですね。

        NFCもパッカーズ(ペイトリオッツと同じく8年連続)とシーホークス(5年連続)が常連になりつつ……てか常連か(汗)

        1. JETS狂 より:

          緑の飛行機さん>
          私もイルカさんに鉄を倒してほしいのですが・・・
          今、リアルタイムで進行してる試合は、1Qからボッコボコにされてる最中です。

  10. Liger より:

    う~ん、何とな~くは、自分も感じていたものの、こうして緑の飛行機さんに細かく教えて戴くと・・・そうかNFCって2000年以降だけでも全16チーム中11チームがSBに駒を進めてたんですねぇ。しっかし、これだけ機会均等な筈の環境のNFC所属でありながら、SBはおろかプレイオフで勝利を挙げたことすら過去59年間でも一勝のみで、地区優勝も23年間無しというDETは異常な球団ですな。今季も結局地区優勝にもプレイオフ勝利にも届かず、早々にGO HOMEという結果に相成りました。。。何のこれしき、来季こそ。
    ALIVEチームの皆さんの御武運を祈ります。

    1. JETS狂 より:

      Ligerさん>
      ライオンズは地区優勝してホームで戦うべきでした。
      環境と審判のクセがすごい。
      すっきりしない負け方でしたが、スタフォードが万全となって再びプレーオフに進出することに期待しましょう。

コメントを残す

CAPTCHA