(追記あり)【2017年:DAZN(ダゾーン)問題】いよいよJリーグ開幕、DAZNは大丈夫か!?

DAZN Jリーグ
2017/06/15:【またも衝撃】DAZN、UEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの放映権まで獲得編 を追加

※これまでのあらすじ
リンク:【必見】話題の DAZN(ダゾーン) を契約してみた
↑この記事が、これまでの経緯です。

Jリーグ開幕目前。DAZNが気になる時期がやってきました。実は、前からちょっと気になっていたことがあります。

そもそもDAZNはヨーロッパで展開しており、それにはドイツも含まれています。そしてDAZNはブンデスリーガ―を全試合放送しています。と、いうことは日本よりもサッカーには熱狂的なドイツでブンデスリーガ―を放送できるDAZNにとったら、日本でJリーグを放送するなんて問題にもならないのでは?

[SPONSORED LINK]

 DAZN、ドイツ国内ではブンデスリーガ―を放映権を持っていない編

この件に関して、以下のようなニュースがありました。

リンク:Jリーグ放映権取得のDAZN、ドイツでの評判は? ブンデス放送はなし…配信トラブルで不満も

この記事によると、DAZN はドイツにおいてのブンデスリーガ―の放映権を『Sky』という別の配信会社に握られており、一部の例外を除きハイライトしか放送していないとの事で、DAZNはドイツでは圧倒的な人気のSkyの陰に隠れているのです

 

さらにプレミアの「リバプール対マンチェスター・ユナイテッド」の配信で、アクセス数が一気に上がったため、トラブルで配信が上手く行かず苦情が殺到しました。

なぜプレミアリーグの試合なのに、ドイツでアクセスが殺到したかというと、リバプールの監督が元はブンデスで人気のあった”ユルゲン・クロップ”だったとの事です。

つまり!冒頭でお伝えした私の考え「ドイツでブンデスを放送しているのだから大丈夫」説は間違っていました。ダゾ~~ン!

NFLプレーオフ放送でのDAZNの感想

しかし、さすがにDAZNも日本でサービス開始当初の問題を放置していないと思うので、現在、プレーオフでヒートアップしているDAZNでのNFL観戦の感想を集めてみました。

やはり視聴している環境に左右されるようで、感想は様々です。あとビッグマッチほど配信に力をいれるなど、その試合の人気ぶりでも配信のクォリティが左右されるという、不人気チームのファンである私にとってはありがたくない事になっています。

帰ってきたDAZNの闇 編

このブログにもDAZNに関して、未だに続々とコメントを頂いており、皆さんのDAZNに対する意見を拝見しています。

 そして、その中からまたもDAZNの闇を公開します。
DAZNに興味があったけど』さんからのお便り

DAZNのサイトのよくある質問の”配信コンテンツについて”では、
>また配信予定のコンテンツについては、番組編成の都合により、
内容が変更になる可能性がございます。
なんて書いてありますが、Englishを選択してみると、
>※Please be noted that not every game for 
every event will be available and some events 
won’t be available for certain regions due to rights restriction.
ってハッキリ書いてありますね。
「内容が変更になる可能性がある」というのとはだいぶニュアンスが違います。

この英語、直訳すると『「注意しろ。全試合が見られるワケでない。いくつかのイベントは権利や地域により見られない。』と、ハッキリと「配信できないものは配信できない」と言っているワケです。
どう訳せば「番組編成上の都合で内容変更になります」となるのでしょうか。

またもDAZNの闇に触れてしまった私。このブログの更新が止まった時は、DAZNからの刺客にやられたと思ってください。

頑張れDAZN!

しかし、私はただDAZNを非難してるわけでなく、Jリーグの放送がスカパーが完全になくなりDAZNしかJリーグを見る方法が無くなったので、DAZNにはJリーグのファンを失望させないように頑張って欲しいのです。

なので、ケツを叩いてるわけです。いくら表面上で調子のいい事を言っても、これまで書いてきたとおり事実は捻じ曲がりまくっているので。

少なくとも、DAZNに期待していたNFLファンやWWEファン、ロードレースファンはDAZNのウソの犠牲になりました。

日本での柱となるメインコンテンツ「Jリーグ」は、私たちの犠牲を無駄にすることなく、これまでの心配が杞憂であった事になるように、ファンが満足する内容を配信してくれることに期待します。

緊急追記:自転車が消えたらしい・・・編

記事をUPしたばかりですが、とあるツィートを発見したので追記します。

そして、現在のサイクルロードレースに関するコンテンツ配信表がこれです。

DAZN サイクル『ツール・ド・フランス』 のみならず、『ジロ・デ・イタリア』 まで嘘だったのか。 いい加減にしてくれよ・・・

さらに追記:DAZNでなくともJリーグが見れる?

またも興味深いツィートを見つけたので、お知らせします。

なんとDAZNがJリーグの放送の契約を買ったのは有料放送のスカパーのみで、無料BSや地上波、公共放送のNHK では試合が放送されるそうです。

しかし、これは一部のメジャーな試合だけでしょう。好きなチームの全試合を見るにはDAZNしかありませんので、あしからず。

追記>2017/2/5:
DAZN、スポーツバーで視聴不可!?編

こんにちは、スーパーボウル直前に またもDAZN日記更新です。

ネット環境に依存するDAZN。今やスマホ全盛期でPCを持たない人も珍しくないと聞くので、自宅にそれほどハイスペックなPCやネット環境を有している人は少ないと思います。スポーツファンなら なおさらです。

そこで私は「ハイスペックなPCと光速回線を有するスポーツバーがヒットする!間違いない!」と予想していたのです。

しかし!そこにも落とし穴があったのです。

なんと、DAZNは・・・

法人契約が無いのです!!Σ(・ω・ノ)ノ!

参考リンク:今季はJリーグがスポーツバーで見られない?人気パブ「HUB」が明かす

なんと!Jリーグは大手スポーツバーで試合観戦ができないのか!?

まぁ、個人経営のスポーツバーならば 、DAZNで観戦会をやっても別にバレないと思うのですが、「HUB」のような全国チェーンの大手でそのような事は出来ないわけで、これは非常に問題でしょう。

これって、パブリックビューイングもダメなのでは無いでしょうか?スポーツファンからしたら致命的な問題です。
(そもそも、パブリックビューイングをやるとしても、主催側が野外にハイスペックPCと光速ネット回線を準備できるのかも問題。)

DAZNにまたしもワナを発見バーグ。(NFLファン以外分からない)。
この先どうなっていくのか、超ライトなヴィッセル神戸ファンの私としても、今後の心配が尽きません。

追記:2017/2/21
DAZN、ドイツでもデマ?→日本大手サイトの記事が削除される編

もうすぐJリーグが開幕。その前に入手したニュース。

ドイツのDAZNが「Jリーグをドイツで見れる」と報じておいて、「ウソよーん」と言った事を日本のサッカー情報サイト「Qoly」が取り上げ、その記事がライブドアニュースにも転載されました。

以下の画像のように、Googleで「dazn」と検索しただけでトップに表示されたのです。

私としては「日本で無くドイツの話だから別に関係ない」と思っていたのですが、掲載から2日後にこの記事が全面削除されたのです。

なぜ??

このQolyの記事の内容は以下のものでした。


タイトル:「全試合放送」はデマだった…ドイツ『DAZN』、今季はJリーグ配信なし – Qoly

今季から、日本におけるJリーグ中継を担うライブストリーミングサービス『DAZN』。

新シーズンの開幕が1週間後に迫り、加入者数も増加傾向にあるはずだ。

そんな同サービスは昨年8月に立ち上がり、日本以外にもドイツやスイス、オーストリアでもサービスイン。ドイツでは昨季Jリーグが各節1試合配信されており、今季からは全試合が配信されるという記事も日本で見られた。

しかし、その情報は誤りであったようだ。ドイツ『DAZN』のヘルプアカウントがこんなツイートをしていた。

こちらは、日本で活動するアラン・ギブソン記者が編集主任を務める『JSoccer Magazine』に対する返答内容。

同アカウントはドイツでのJリーグ放送の有無について質問したのだが、『DAZN』の担当者は「ドイツにおいてJリーグの生中継はありません」と答えたのだ。

また、その理由について「我々はドイツにおけるJリーグの放映権を持っていません」と明かしている(1月24日現在ではあるが)。

ドイツでJリーグが自由に見られれば、ブンデスリーガ各クラブのスカウティング担当者にとっても大きなメリットであったはず。ブンデスリーガに移籍する日本人が増えていたかもしれないだけに、これはちょっぴり残念なニュースだ。

もちろん、ドイツにいながらJリーグの開幕を心待ちにしていた日本人サッカーファンもショックを受けているに違いない。


 

DAZNの公式ツィートが、NFLに関して全試合放送すると言っておいて、実際は放送しないDAZN事件に似ています。

とくに記事のタイトルである『「全試合放送」はデマだった』というワードが、NFLファンにとってはトラウマでしょう。

こういう大手の記事って、ちゃんと編集長がチェックしてから公開すると思います。
(DeNAのキュレーションサイトは除き)
なので、信ぴょう性はありそうですし、あくまでドイツでの話なので別にこの記事は削除する必要は無かったと思います。

しかし、Jリーグ開幕の大事な時期に大手サイトでネガティブな記事を書かれるとマイナスイメージになるのは必至。これはDAZNから何らかの圧力があったのでしょうか?

削除する必要のない記事を削除したせいで、ますますDAZNという会社がきな臭くなり、私のDAZNレーダーが過敏に反応したわけです。

 

ということは、「DAZN=ウソばっかり」 の体験記事を書いてきた我がブログにも何らかの圧力がかかる可能性がある!??

もしも、このブログが突然見れなくなった場合、DAZNの圧力にやられたと思ってください。
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

2017/02/26追加:Jリーグ開幕!その時、何が起こった!?編

2017年2月25日、とうとうDAZNの中継によるJリーグ開幕戦が行われました。

私もヴィッセル神戸の試合をDAZNで見ようと思っていたのですが、用事があったため帰ってきてからツィッター民の反応をチェックしました。

 すると「やっぱり」といいますか、いい意味で期待を裏切って欲しかったのに 予想どおりのクレームの嵐でした。いや、予想を超えてました。

 

このブログでも取り上げたとおり、サービス開始当初からDAZNには批判が殺到していました。

しかしながら、さすがに日本での目玉となるJリーグ放送のために開幕までには しっかりと準備して放送してくれると思っていたのですが、DAZNにその願いは届かなかったようです。

 まず、ここでDAZNに対するJリーグ開幕戦の観戦ツィートを紹介したいのですが、あまりに批判が多いので、画像入りの酷いものだけをピックアップします。

 

こんなのは氷山の一角であり、#DAZN のハッシュタグはまともに視聴できないクレームに荒れに荒れていました。 それに対するDAZNヘルプアカウントの返答も酷い。あらかじめ これを出す事を準備していたかのようです。

このツィートの返信のボタンを押してもらえると、このツィートに対する返信を見る事ができますが、もう怒りしかありません。

DAZNを擁護して「お前のデバイス環境が悪い」というユーザーもいますが、一つ言いたいのが、これがDAZNのサービス開始直後ではないという事です。

 

サービスを開始したのは昨年の2016年8月。その間にDAZNはNFLを1シーズン通して放送しました。当然、他のスポーツの放送もしており、サービス開始からJリーグ開幕まで半年もの間に試験期間は十分すぎるぐらいあったのですが・・・

その間、何をやってたの!?

このブログでも取り上げたように、ここのヘルプやサポートは、自分たちも何を放送しているのか良くわかっていない カスレベルです。

ならば、せめて技術方面でJリーグ開幕まで環境をカバーしてくれるかと思っていたのですが、見事にファンの期待を裏切って何もしていなかったようです。

かつ、このヘルプに対する返信ツィートから気づいたのですが、このDAZNのヘルプは、ツィッター上だけで謝罪して、肝心の公式サイトでは何も声明をだしておりません。

 ここに これまでお伝えしてきた 隠蔽体質がまた現れてますね。

 

このDAZNの中継問題に関しては大手メディアも記事にしています。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1784143.html

http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/domestic/20170225-OYT1T50090.html

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170225-OHT1T50202.html

最後のニュースは「大トラブルなし」としていますが、TVでは数秒黙ったら「放送事故」と言われるのに、有料放送が20分間もまともに放送できていない事を認識していたのなら、それは大トラブルだと思います

通信量を喰うDAZN

以前からDAZNに関して言われてきた事が「視聴にかなり通信量が必要」という点です。

今回の放送でも1試合に4G~6Gの通信量が必要だったとのことで、デバイスの通信量の上限を決めた契約だと、DAZNで1試合見るためにはWifi環境が必要になってきます。

屋外の1か所で複数人がそれぞれのデバイスでJリーグの中継を見た場合、一気に帯域を喰って、まともに試合が見れないでしょう。

PS4のアプリも間に合わず

Jリーグ開幕までに「必ず配信する」と言っていたPS4用のアプリも、やっぱり間に合いませんでした。

嘘つきDAZNなので、間に合わない事は知っていましたが、これにもがっかりです。

Jリーグ開幕直後の総評>これは計算された戦略?

一部のユーザーからは普通に視聴できた事やDAZNを擁護する声もありましたが、ほとんどのユーザーが「頻繁にフリーズする」「画像がカクカクする」とクレームばかりだった開幕戦でした。

普通にLIVE視聴できたとしても、実際にスタジアムで起こったことから1分以上も遅延して放送されるため、スタジアムで見ているファンのツィートから先に起こる内容がわかってしまうという弱点もあります。

 NFLでも同じLIVE中継を見ているのにCS放送とネット放送での時間差が問題になりました。

 

この劣悪になったJリーグの視聴環境はむしろ、ファンにTVやネットで見ないでスタジアムで観戦するように促しているようにも見えます。

NFLにはスタジアムでの観戦者を増やすための「ブラックアウトルール」というものがありますが、DAZNの場合はあえて放送レベルを落として、ファンをスタジアムに呼ぼうというJリーグとの連携作戦なのかもしれませんね。
(深読みしすぎだろ)

果たしてDAZNの放送は、改善されるのか?今後も気になるところです。

2017/02/26追加:
リーグ開幕2日目にて大爆死 編

まさかDAZNネタを連日で投稿することになるとは思ってもみませんでした。

既に日本のフットボールファンにある程度の注目を集めてしまった当ブログですが、本業はアメリカンフットボールです。サッカーもいいけどアメフトも面白いよ!

 

で、Jリーグ開幕1日目でのDAZNの事故をお伝えしたばかりなのですが、開幕2日目の開幕週の注目カード、NFLで例えると「マンデーナイト」に匹敵する ガンバ大阪vsヴァンフォーレ甲府 にて、なんとキックオフから長時間も放送ができない大事故が発生したとの事です。

ソース:DAZNがJリーグ中継で2日連続のトラブル G大阪対甲府戦がキックオフから配信されず抗議殺到

まったく1日目の事故が反省されておらず、むしろ2日目にそれを上回る事故を起こすDAZN!!

半年以上わたるDAZNレポートの中で「NFLファンは犠牲になったが、その分、Jリーグは頼む!」と願ってきた私の祈りは何だったのでしょうか。

 

そして例によって謝罪はツィッター。

・・・だけかと思っていたら、さすがに公式HPでも謝罪しました。

【お詫びとお知らせ】 本日ライブ配信において問題が発生いたしましたG大阪vs甲府の試合を Jリーグ公式YouTubeチャンネルにて配信しています。

DAZN 謝罪 公式HP

はぁはぁ3兄弟なぜDAZNでなくYouTube!?「LIVEから公式YouTubeで配信しろや!!」とJサポーターは言いたくなるお粗末さ。DAZNには自分たちが提供しているサービスに自信も誇りもないのでしょうか。

 

DAZNの大トラブルにより、HUB代々木店に集まったガンバサポーターは代わりにチェルシー戦を見るはめに。
(HUBでDAZNを放送するのはOKになったのですね)

 

そのさなか、これに輪をかけてJサポーターの怒りに油を注ぐ事件が発生。

その時に見れないはずのガンバ戦が、なぜかバレーボールのチャンネルに合わせると見れるのです。

私の想像を超えた上にナナメ上に行くとは、DAZN恐るべし!

さすがに、このような状況が10年続くの無いと思いますが、サービス開始からJリーグ開幕までたっぷりとあった時間に意味は無かったので、来週もトラブルは必至でしょう。

さぁみんな、今こそスタジアムで観戦しよう!!

2017年3月6日追加:またも大障害&Jリーグ第2節は放送できたのか?編

Jリーグ開幕週に障害を起こしたDAZN。その原因が説明されましたが、よくわからない専門用語で塗り固めてDAZNらしい逃げです。

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/392/392999/

そして、上記の記事の最後にDAZNはこのような事をコメントしました。

会見後の質疑応答では今回の視聴不具合の件だけでなく、配信映像の画質に関する質問も相次いだ。DAZNは「日本では62%のユーザーが1080pで視聴できており、リバッファリングがかかってしまうユーザーは全体平均で0.9%」と回答。画質へのクレームに関しては「我々は配信画質は非常に大切だと考えており、質の向上に全力を尽くす」とコメントした。

 

しかし、今週はJリーグではなく3月4日のブンデスリーガの試合、日本代表FW大迫勇也が所属するケルン対バイエルン・ミュンヘン戦、同代表MF香川真司が所属するドルトムント対レバークーゼン戦の2試合で、前半が視聴できないトラブルが発生。後半からは無事に配信されたましたが実況なしでの中継となったそうです。

ソース:DAZN再び視聴トラブル…ケルン戦など2試合の前半中継できず

有料放送において毎週、事故が起こるDAZN。これがTVならば放送法や電波法など厳しい法律でまともに番組を放送できない業者に放送の許可は下りないのでしょうが、それが無いのがネットの世界。
視聴料を頂いておいて、番組をまともに流さない業者を罰する法律が必要ではないかと思います。

それ以前にプレス発表がウソだらけで、発表したほとんどの番組を放送しないというところから詐欺なんですけどね。

 

話を戻して果たして、Jリーグ第2節は問題なく配信されのでしょうか?

まずJリーグからの発表は「今節は配信で問題なし」との事です。

ソース:DAZN今節は中継、配信で問題なし Jリーグ発表

では、ツィッター民の感想をどうぞ。

先週よりは当然、クレームは減ったものの基本的に「カクカクする」「止まる」などのクレームがほとんどです。ツィッターからの意見なので快適に視聴できている人よりも不満がある人のほうがツィートすると思うのですが、それでも多いです。

 

しかしながら これは、スポーツのネット配信にユーザーが慣れていないという点も大きいと思います。

もう何年も前からNFL GAMEPASS(以下、ゲーパス)で試合を見ている私は、多少の事は許容範囲になっていますし、ちゃんとLIVEで見るときは有線のLANでしか見ません。Wifeは周辺の電波状況でかなり映像が左右されます。

回線状況によって画質を落としてでも配信を途切れないようにしたり、UIに関しても改善を重ねるゲーパスが優れすぎているというところもありますので、逆に言えばDAZNはまだまだ工夫と技術力でカバーできる部分は大きいと思います。

 

以下の意見では、スポナビライブとDAZNを同時に同じ環境で見ると差がかなり出たそうです。

DAZNがまともに視聴できない人が多い問題の原因は、通信量がハンパなく多いことでしょう。以前に1試合で6Gも使ったという人がいましたが、以下の意見では10Gです。ネットが従量制ならパケ死してます。

通信料が多いということは、当然、ハイスペックな環境で無いとキツイ上に、プランによって速度制限がかけられる可能性は大となります。

まず、画質を維持しつつ通信量を軽くするところを改善しないとDAZNは何も先に進まないでしょう。

PCの視聴環境はegde が最強説?

複数の意見から出たのが、Windows10 からIEの代わりとして標準搭載されているブラウザ「edge」が一番快適に見れるとのことです。

 実はゲーパスにも当てはまり、私も複数のブラウザで ゲーパスを見たところ、CS放送と遅延の差が一番少ないのが edge でした。

最新のブラウザだけに根本的な技術が違うのか、それともプラグインがほぼ無い分複雑な処理が発生していないのか分かりませんが、ネットのLIVE配信は edge で見た方がよいでしょう。

 PCよりも有線LAN&ゲーム機の方が安定すると思いますが、未だにPS4のアプリは配信してくれないので、あしからず。

サッカーはネット配信向きでない?

いくらedgeで見た方がよいと言っても、そもそもネット配信自体がスポーツのLIVE中継には向いていないと思います。特にハーフタイム以外は一連の流れで試合がずっと進行するサッカーが一番の天敵でしょう。

 見ている環境によって映像の遅延の差があるネット配信では、まず一番早いスタジアムで見ている人がゴールしたことをツィートすると、ネット配信で見ている人は1分ぐらい映像が遅れるので、映像でゴールシーンを目にする前に展開を先に知ってしまうわけです。

つまりLIVE中継を見ているハズなのに、これから未来で起こる事がツィートで流れてくるのです。

 

これはNFL(アメフト)の場合でも同じことは起こるのですが、プレーが毎回止まるアメフトでは、ツィートを見るのを特定の状況に限定すれば、先を知ってしまう事を防ぐ事ができます。

ネット配信とサッカーの相性の悪さは最悪と言っても過言ではないでしょう。やはりDAZNで見るか、スカパー(CS)で見るかの選択肢を残して欲しかったですね。

2017年3月8日追加>DAZNの反撃!突如「退会完了」メールを送りつける編

もはやDAZNの議事録となってしまったこの記事。ここまできたら事件をどんどん追加して、DAZNの歴史をつづりましょう。

今回のニュースはJリーグでもブンデスリーガ―でもなく、なんとDAZN自身です。 DAZNは突然 会員に「退会完了」メールを送り付ける暴挙に出ました。

ソース:DAZNでまた混乱 突然「退会メール」届きJサポなど困惑 

身に覚えのない強制退会に、当然 会員は混乱。

そして、またもDAZN得意のツィッターで弁明。

・ ・ ・

このDAZNツィッターを最初に見て、私は違和感を覚えました。 なぜなら、この文章の冒頭に【お詫び】と書いてるのですが、その本文の中では全く「すいませんでした」などのお詫びの言葉は一切ありません。

むしろ「これは先日の視聴期間延長の設定での一時的な現象です。」と「障害」を「現象」と表現しているのです。

DAZNのサービス開始当初から、DAZNのウソ&サポートセンターと戦ってきた私から言わせれば 、DAZNの上から目線は何があっても変わりません。

加えて、こういうことは普通に考えるとDAZN公式サイトのトップページに掲載すると思うのですが、またも分かりづらいヘルプの中で記載しており、相変わらずの隠蔽体質。このやり方が会員の不信感を加速させていることが、まだ分からないのでしょうか?

会員の中にはDAZNに文句ばかり言ってるので強制退会させられたと思った人もいるぐらいでした。

この大事な時期に致命的なミスを連発し、まったく改善の余地がないDAZNです。

 

さらに、放送プログラムの方では、日本プロ野球の広島カープのオープン戦を放送日を勝手に延期そこにいつもどおり理由の説明はありません。

放送プログラムはいつも適当で、それを放送するかしないかはDAZN次第。この腐った体制をなんとかするつもりはないのでしょうか。

広島カープのオープン戦、放送するよ→しない詐欺編

Jリーグは落ち着いたかと思ったら、またも事件です。どれだけネタを提供してくれるのか分かりません。

今回は酷いです。・・・というか原点回帰の「放送するするサギ」が復活です。

まず、おさらいですが、DAZNはサービス開始当初から広島東洋カープ主催の全試合を配信すると言っておきながら、広島カープがクライマックスシリーズに出るとなると急に「※広島東洋カープホームゲームの試合は、権利の関係で一部地域において、ご視聴いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。」 という注釈がヘルプに追加されるという広島ファンの期待を裏切るウソをやってのけました。

 

そして今回の事件ですが、まずDAZNが広島カープのオープン戦の放送を延期すると発表しました。

相変わらず理由はありません。理由を聞いても返答しません。 ここまではいつものDAZNです。

しかし、今回はこれに続きがありました。 数日後にまたもヘルプのアカウントに流れたのがこれだ!

今回は理由を言ったとはいえ驚きました。いや、理由を言わなければ荒れる事は目に見えていたでしょう。

それにしても有料放送であるにも関わらず「放送する」と発表していた番組が直前になって

権利の関係上放映が中止となりました」

とかありえるのでしょうか?常識で考えて権利を取ってから放送スケジュールにいれるでしょう。こんなのは見たことがありません。

広島カープの試合を見るために期待してDAZNに加入した人は一体どうなるのでしょう?これはもう完全に詐欺です。

DAZNはメインであるJリーグさえ放送できればいいのか。前から何度も言ってますがスポーツファンを舐めすぎてませんか、ダゾーンさんよ。

そろそろ行政がこの会社の実態を調査する展開にならないのかと、心から思います。

2017年4月9日追記>
DAZN、いよいよWWEを放送か?編

私が渡米してレッスルマニアやRAWを現地で見ている間に、いつのまにかDAZNのWWE情報に進展があったようです。

プレス発表でWWEの放送を配信予定に掲載していたにもかからわず、いつのまにか削除した相変わらずのDAZNですが、4月11日(火)よりWWEが待望のRAW & SMACK DOWN LIVE の放送を開始するというニュースが 青空プロレス さん から報じられていました。

WWEはWWEネットワークという独自のネット配信コンテンツを持っているのですが、地元のTV局との権利関係により、これまでRAWSMACK DOWN だけ LIVEで配信されず1カ月遅れでの配信でした。それに関わらずPPVNXTはLIVEなので、メインストーリとなる RAWSMACK DOWN がリアルタイムで見れないことは、日本のファンにとってかなりのストレスとなっていました。
(J-SPORTSではRAWの英語版と字幕版を放送。SMACK DOWN は総集編のみ)
(※※日本のファンにとって一番BESTなのが昔のように、RAW、SMACK DOWN、PPV を2週間遅れの字幕つきで全てJ-SPORTSが放送。WWEはこの放送形態によって日本で火がつきました。私もロック様で火がついた。)

DAZNの放送では字幕はつきませんが、RAWの日本語実況を土井壮&斎藤文彦 が行うとの事です。

しかし、この情報源は「3月30日(木)ニコニコプロレスチャンネルで配信されたNICONOGEで発表された」のみで、本家DAZNの配信スケジュールにはWWEの文字は、現時点でありません。

 

しかしこれが本当ならば、なぜWWEネットワークで放送できないものをDAZNで放送できるのか意味が分かりませんね。

第一、WWEの放送が決まったら私のところにメールが来るハズです。なぜなら以前にカスタマーセンターにWWEの配信スケジュールが消えた事に関する質問をすると以下のメールが返ってきたからです。

お客様

DAZNカスタマーサービスの池田と申します。
門脇に代わってご案内申し上げます。

お問い合わせいただいておりますWWEについて、現時点で回答できる内容にてご案内いたします。

・WWEの配信予定について
お待たせしてしまい大変申し訳ございません。現状もまだWWEの配信時期についてご案内申し上げることができかねる状況にございます。ご期待に添えないこと重ねてお詫び申し上げます。

・削除した理由について
誠に申し訳ございませんが、11月はまだ配信スケジュールに予定がございません。
弊社ヘルプページにてご案内のとおり、配信時期について調整を続けていることが理由としてございます。
このようにスケジュールが流動的なケースもあり、一時的にではありますが、WWEを「配信コンテンツ」ページから削除させていただきました。

ご不明な点が発生してしまったことについて、心からお詫び申し上げます。
WWEと同様に、スケジュール確定次第、再度「配信コンテンツ」ないしは「配信スケジュール」ページにてご案内申し上げますので、何卒ご理解いただけると幸いにございます。

また、お客様には、スケジュール確定次第、直接こちらのメールにご連絡させていただきます

その他、ご不明点がございましたら、基本的には私池田からご案内申し上げますので、お気軽にお問い合わせください。

何卒よろしくお願い致します。

DAZNカスタマーサービス
池田

 

この「池田」なる人物から私にはメールは来ておりません。なので、今回の噂もウソである確率が高いです。

それもこれも4月11日になれば分るでしょう。果たしてDAZNでWWEは放送されるのかしないのか?信じるか信じないかはあなた次第です!

※その後のWWEに関する記事は以下になります。

リンク:【WWE】本日よりDAZN でWWE放送開始。

2017年5月11日追記>
【衝撃】DAZN運営のPerformグループがNFL GAME PASS を 配信 編

コメントから「rainmaker666」さんより貴重な情報を頂きました。ありがとうございます。

衝撃のニュース。なんとDAZNを運営する「Perform Group」がNFLとの提携を発表、全米と欧州以外の地域に関するNFLの放映権を獲得したとのことです。

リンク:NFLの試合を、DAZN運営のPerformがライブ配信。日本含む100カ国以上

上記のニュースソースを見てもらうと分かりますが、要約すると今後はDAZNを運営するPerformグループが、南米、全アジア、中東の100ヵ国以上の地域でのNFL(米東部標準時午後1時から4時のSunday Afternoonゲーム、Thursday Night Football、Sunday Night Football、Monday Night Footbalやスーパーボールを含むプレーオフ全試合)に関しての、実況テレビ放映権を持ち、定額配信サービス「NFL Game Pass」(通称:ゲーパス)の提供を行うとのことです。

つまりNFLは全米とヨーロッパのNFL人気が高い地域に関しては自分らで放映権をコントロールしつつも、NFL人気が低い地域はもうPerformグループにお任せするという形にしたようですね。

ソースには「複数年契約」とありますが、それが何年なのかは定かではありません。

 

あくまでDAZNでなく、ゲーパスの放映権ですが、これまで高い品質を誇ってきたゲーパスがPerormグループからの提供になると一体どうなるのか気になるところです。

品質そのままで価格が安くなれば最高なのですが、なんせこれまでディスってきた DAZNの運営会社なので、心配で仕方ありません。DAZNは高額でJリーグの放映権を購入したものの、それほど日本での加入者は伸びておらず苦戦を強いられております。

とにかくゲーパスの放映だけは、まともにお願いいたします。

2017年6月15日追記>
【またも衝撃】DAZN、UEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの放映権まで獲得編

DAZN チャンピオンズリーグお久しぶりのDAZN日記です。またもDAZNが動きました。

なんと、「DAZN(ダ・ゾーン)」は15日、欧州サッカーの「UEFAチャンピオンズリーグ」、「UEFAヨーロッパリーグ」、「UEFAスーパーカップ」の2018年以降3シーズン全試合の独占放映権を獲得したと発表しました。
ソース:DAZN、欧州サッカーUEFAチャンピオンズリーグなどの3シーズン独占放映権を獲得

サッカーを詳しくない人でも「UEFAチャンピオンズリーグ」は聞いたことがあるでしょう。欧州の強豪クラブが激突する、ワールドカップの次に人気のある大会です。

 

この大会、これまで地上波とスカパーやWOWOWで放送していたのですが、この記事によると2018年シーズンから2020年シーズン(2021年)までの3年間の独占契約で他とサブライセンス契約を結ぶつもりは無いらしく、日本でこれらの大会を視聴できるのはDAZNのみとなるとのことです。

ご存知のとおり、DAZNは日本のJリーグ(J1~J3)の放送権を10年間持っており、さらに欧州サッカーリーグのラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アンの試合や、欧州のカップ戦のFAカップ、コパ・デル・レイや主要な国際試合なども配信しています。

もうサッカーファンは必ずDAZNに入会しないと試合が見れないようになってきました。まぁ、いろんなチャンネルを別々に契約するよりは、低価格なのでお得なのですが、完全にスカパーのスポーツを潰す気なのでしょうかDAZNは?

あと、やはり録画ができず見逃し配信も最高で1か月というのが視聴者の反感をかっております。そして、サッカーファンの注目が集まるであろうチャンピオンズリーグの決勝戦をちゃんと放送できるのか?

今後もDAZNに注目してかなければなりません。

  1. YM5 より:

    BSでJリーグの放送するという事は以前の記事でも書かせていただきましたが、地上波(ローカル局)はNFLのように地域によって放送カードが違うため東海エリアに住む僕はBS以外で浦和レッズの試合がほぼ見られない

    (2007年は浦和レッズ対川崎フロンターレの試合が名古屋グランパスの試合に差し替えられたり、去年も国営放送は浦和対新潟の試合を放送すると言いながらやはり地元局の名古屋対磐田を放送していました。俺は23年来のレッズサポだふざけるな)

    という事は今後も十分有り得る、それも以前書きました。

    2節のセレッソ戦は全国ネットで放送のようだし、最終盤のビッグゲームであれば放送はしてくれるでしょうけれど、全試合見るならやはりDAZNしかない+土日は仕事で見られないからダウンロード可能も検討するとかいうけど、僕はそこまで興味が持てないというのが実情ですね。

    そもそも、僕はプレーオフの復活を望んでいるのでやはり失敗して2ステージ制復活、そしてチャンピオンシップのリベンジをするというのが希望なので、日本人の肌に合わず早々に撤退してくれるならそれはそれでいいと思ってます。(出るのは文句だけというのは目に見えていたので)

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      やはりファンなら全試合を見たい=DAZNという選択肢しかないのですね。
      DAZNの影響でリーグの制度もいろいろ変わったようで、これが吉と出るか凶と出るか、今後注目です。
      ついでにNFLに興味を持ってくれたらいいなぁ。と思う今日このごろです。

    2. ケイトー・ニンジャ より:

      YM5様、レスの形で失礼します、JETS狂様、ちょくちょく拝見させていただいております、DAZN無料お試し期間での解約方法の紹介お世話になりました。
      先ほど、Jリーグ公式サイトで2017年の放送・試合日程がアップされました、当記事通りNHKの地上・BSや地方民放は中継があります。
      なぜかJリーグ公式より2時間ほど早く放送予定がアップされた名古屋グランパス公式サイトによると、
      3/4(土) 14:00 浦和レッズ vs セレッソ大阪 埼玉 DAZN/NHK総合
      の同時刻にNHK名古屋でグランパス戦の放送あります。
      YM5さま、もうしわけありません、グランパスサポです、J2なのに申し訳ありません。
      画質が悪くてもサブチャンネルでやってほしいものです。
      他にも被られてるかもと思われるかもしれませんが、グランパス公式サイトの放送予定表によると上記を除くDAZN以外の放送は地方民放(KBS京都・群馬テレビ・東海テレビ)があるだけです。

      ついでに:YM5さま、もしかしたら「岡崎以来」のレッズサポでしょうか?Jリーグ開幕前後に偶々立ち読みしたサッカー雑誌で「なんでその地方に住んでるだけで実業団以来応援してるチームのサポから鞍替えしなきゃいけないんだ」という投書を目にしましたが、2,3年後愛知県内で本当にそのようなことを言っておられるレッズサポ(三菱自動車岡崎工場にご縁があったそうです)にお会いして結構居られるものだと思った次第です。

      1. YM5 より:

        物凄い亀レスになってしまいましたが、僕は福田正博及びマスコットのレディアを見てファンになったので地域等は関係ありません。(地元のチームとしてFC岐阜は応援しております)

        フィラデルフィア気質満載のサポーターと応援スタイルは自分に合っているし、今からチームを選ぶとしてもやはり浦和レッズを応援しますよ。

  2. 負海豚根性 より:

    まあ最初から想定内というか・・・
    ネット配信が一般化していない日本での配信速度トラブルは無い方がおかしいわけだし、
    そもそものコンセプトである低価格で幅広いスポーツ観戦を可能にするというのは大風呂敷を敷いてる感がありました。各競技の放送権料の相場を顧みればメジャー競技(サッカー・F1・米国4大スポーツ・自転車・テニス)を幅広くカバーするなんて事が無茶です。

    Jリーグ(に限らず日本国内の競技)は、国民のスポーツ熱が低いせいもあってか放送権料が海外に比べて格安(米国の放送権料をニクソンショック前の米ドルとするならば、日本の放送権料はデノミ前のジンバブエドルと同等レベル)で、海外のJリーグ知名度に比べてこれまでの放送権料が格安だから適当に放送権料を積めば売ってくれるだろうとDAZNが飛びついただけの様にも見えたので、早晩こういうトラブルが起きうることは想像できました。

    DAZN唯一の功績は、オープンマーケットのサッカーにおいては不公平かつ無意味なCSという糞制度を2シーズンで失くした事だけになりそうです・・・

    1. JETS狂 より:

      負海豚根性さん>
      私もそもそものカバー範囲で、大風呂敷の広すぎ感はいなめません。結局はほぼウソでした。
      しかしながら、日本のスポーツ業界は衰退の一途ですから、そこでDAZNの大量資金の投入はありがたいと思います。
      あとは満足できる配信ができるかどうかなのですが、DAZNって通信量がハンパないと聞くので心配ですね。
      しっかし、ジンバブエドルまでインフレしてないでしょw。

  3. とおりすがり より:

    本日、ブンデスリーガで香川真司所属のドルトムント対武藤所属の
    マインツの試合があるのですが、JSPORTSで放送されません。
    NHKでも放送されず、ダゾーン独占放送です。

    これまで香川が欧州へ渡っての試合はフジテレビ、JSPORTS、
    NHKでもれなくほとんど生放送、完全に放送してきたのですが、
    それも崩れてしまいました。

    ダゾーンの影響かフジが撤退し、JSPORTSが3試合と試合数
    が減少してしまい、生放送の試合が1試合になり、日本人に
    一番人気のあるカードと思われる香川の試合もみれなくなり
    ました。

    私は録画もできないダゾーンと契約する気もありませんし、
    将来的に不利益しかなさそうなビジネスモデルにも賛成
    できませんので、JSPORTSに頑張ってほしいのですが、
    一番人気のカードが録画どころか放送されない自体に
    なってくるとどうにも困ってしまいます。

    すでに生放送カードがプレミアを含めて減少し、
    この怪しげな会社に小さな有料放送のマーケットが
    ハゲタカの利益のために好きに荒らされるのかと
    思うと、残念でなりません。

    1. JETS狂 より:

      とおりすがりさん>
      そんな事が起こってるのですね。ドイツでは弱いものの日本でブンデスの利権を食ってるとは。
      やっぱり何度も見たい試合を録画できないし、見逃し配信が終われば2度と見れないというのはツライですね。
      利権だけ食って、まともに放送する体制がない。いや、利権だけ持ってればファンが勝手に契約するだろという殿間さな姿勢が私もイヤです。
      ファンにスポーツを届けたい気持ちが見えないところがDAZNのダメなところでしょう。
      NFLで言えば、今シーズンに放送の利権を失った GAORA は、番組を面白くしようとする努力をしていました。

  4. GENO より:

     NFL問題については、ここまで信頼がた落ちしたのだからこれ以上悪くはならないだろうと、開幕までちょっと様子観してみます。(もちろん期待は…)
    このような記事でも広告にDAZNがきっちり載ってることに笑ってしまいました。

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      とにかくDAZNって文字があれば広告出るようで、この記事を見てからでも直ぐに契約できます!
      NFL問題もありますが、サイクルスポーツ問題、WWE問題、卓球問題など、見れないものを「見れる」と公式発表した詐欺的な体制は未だに捨て置けませんからね。
      Jリーグはまともに放送してくれることを願います。

  5. ふて猫 より:

    DAZNってある意味では未知数な感じですよね?
    Jリーグに金だけ落として後はトンズラって事にならなきゃ良いんですがね。私は今のところは、様子見ですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      なんなんでしょうかね。日本のみならずドイツでも適当のようで。
      ちゃんとやってくれたら素晴らしいサービスなんですけどね。
      果たして、Jリーグはどうなるのか気になります。

  6. YM5 より:

    そういえば、Facebookの浦和レッズコミュニティで海外在住のレッズサポの方がウチの国ではDAZNでJリーグが見られないと書き込んでいるのを見ました。

    当初はどういう事だ?と思っていましたが、理解したらこれは酷いですね。

    Jリーグ開幕が週末に迫っていますが、期待通りユーザーのPCスペックの問題、回線の問題でJリーグTLが阿鼻叫喚の大騒ぎとなったら逆に誉めますよ。

    ダウンロード可能にするからリアルタイムの不具合は我慢しろと言って来たら神w

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      DAZNの広告に「いつでもどこでもサッカーが観れる」とか書いてましたけど、これも大嘘のようですね。
      ウソをつきまくる総理大臣のように、こうやって大きくなった会社なんでしょうね。
      いよいよ週末はJ開幕。私もまた入会しようかと考えちゃいました。

  7. ふて猫 より:

    どうもこの記事を見ていると先行き不安のようですね〜どうか真面目に放送して欲しいものですがね。果たして日本に定着出来るのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      開始当初から不安しかないサービスです。相変わらず公式サイトの不便さとダークさはそのままです。
      一応、10年契約なのでDAZNに任せるしかないのですが、果たしてどうなることやら予想がつきませんね。

      1. ふて猫 より:

        先行き不安なのに10年契約ですか?まさに狂気の沙汰ですね

        1. JETS狂 より:

          ふて猫さん>
          詳細な契約内容は分かりませんが、発表された契約は10年を2100億円ですから、そりゃJリーグも飛びつきます。
          ただ、これをペイするのに100万人の入会が必要なのに未だ20万人以下ですから、NFLの契約みたく途中で切る条項は盛り込んでいるでしょうね。

  8. 石井和昭 より:

    請求書の件。お試し契約を、平成29年2月20日朝に、契約したのに2月14日付で請求書がきました。
    どうしてこのような請求書が、来るのが理解できない。

    1. JETS狂 より:

      石井和昭さん>
      これまた凄い問題ですね。さすがにお金が絡むところでミスを見ると怖くて契約に響きます。
      どこまで「ずさん」なのでしょう。

      しかしながら、何か契約上での理由があるのかもしれません。
      サポートセンターに問い合わせて、どのような回答がくるか試してみてはいかがでしょうか?
      (返答がありましたら、また教えて頂きたいです)

  9. savvonpt より:

    What a funny blog! I truly enjoyed watching this comic video with my relatives as well as with my mates.
    savvonpt

  10. jjnatt より:

    あのNHKまでニュースで取り上げるとは・・・。
    こりゃ本格的にダメですな。
    スポーツファンとしては野球中継も減少し、世界大会至上主義のテレビに一石を投じて欲しかったのですが、無理でしょうね、これは。
    私も契約を検討しましたが、本ブログを見て敬遠した口ですw。
    しかし、ニコニコ動画等、この手のサービスって根本的な繋がる繋がらないが改善された事例を余り聞かないですね。

    1. JETS狂 より:

      jjnattさん>
      公共放送NHKまで「ダゾーン、だめだぞーん」ってニュースを流しましたか。
      このようなサービスって、まずネットワークの基本設計ありきで、それをミスって再構築するとなると莫大な費用がかかる移行に綿密なスケジュールを組まなくてはならず、そこは職人の腕にかかってる部分があり、簡単に改善はできないと思いますよ。
      通信量を大きく喰うところから、根本的な映像配信技術がないのでしょう。
      そういう知識や技術の部分を知らず、 大口とハッタリが得意なCEOがトップに立つと、イケイケなだけでロクなサービスにはならないと思います。
      果たして10年で2100億を回収できるのか、今後も気になるところです。

  11. grumpypt より:

    you are really a good webmaster. The site loading speed is amazing. It seems that you’re doing any unique trick. Furthermore, The contents are masterwork. you have done a great job on this topic!
    grumpypt

  12. 緑の飛行機 より:

    さっきNFLのサイト見たら広告でスポーツ見るならダ・ゾーンだぞーんって出たので久しぶりに心の底からムカついた(笑)

    iphoneじゃなかったら投げてるw

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      どこにでも出ますよ。思い切りダゾーンをディスってる私の記事にも出るぐらいですからw

  13. mmx より:

    ま、まあサッカーのことを「フットボール」と呼ぶ地域もあるくらいですから、
    サッカーのことを「バレーボール」と呼ぶ地域にあるのでしょう、DAZN本社は。
    チーム名が違うのはもうこの際、誤差の範囲ということで一つ。

    やたら宣伝打ってますけど今のサービスレベルでは加入した人たちから
    反感買うだけだと思うんですがねえ・・・。

    1. JETS狂 より:

      mmxさん>
      本当に宣伝に金かけるより信頼を取り戻すためにインフラにその分の金をかけてほしいですね。
      2100億円を取り返すのは無理だと思うので、せめてファンの信頼できるサービスを提供してほしいです。

  14. オオクマネコ より:

    彼らのやり口は完全な禿鷹ですね。
    とにかくありとあらゆるスポーツコンテンツの放映権を金の力で奪い取る。
    独占して他に選択肢がない状態にしておけば、
    ファンはどうせ契約するしかないのだから
    設備投資には金を使わず粗悪品を出しておけばいい、マイナーな競技だったら適当にドタキャンしてもいい。
    彼らから感じられるのはこのような態度です。
    サッカー中継のベテラン倉敷アナは、DAZNのやり方は「好きの搾取」であると語ったそうです。
    このままだと、日本のスポーツ観戦文化そのものがこの傲慢な外資系企業によってボロボロにされる危惧を思います。
    (メディア側の既得権益でがんじがらめになっているNPBが、それで逆に彼らにあまり食い荒らされずにすんでいるのは皮肉に感じますね)

    1. JETS狂 より:

      オオクマネコさん>
      逃げ恥の名言「好きの搾取」が出ましたか。
      たしかに他の選択肢を奪えばサービスがどれだけ劣悪だろうがDAZNを選ぶしかないですから。
      スカパーが最後までDAZNに放映権の交渉をしてましたが、DAZN側は元から相手にしてなかったのでしょう。
      ファンのためなら従来のスカパーを選ぶか、DAZNを選ぶかの選択肢は残して欲しかったですね。
      DAZNを選んだユーザーは他のスポーツも見放題とういうメリットもあるのですから。
      しかしながら、J2やJ3も全試合LIVEで放送というのは、J2とJ3のファンにはありがたいサービスでもあり、サービスの向上を祈るのみです。

  15. basketpt より:

    In my opinion you are not right. I suggest it to discuss. Write to me in PM, we will talk.
    basketpt

  16. nagelpt より:

    This info is worth everyone’s attention. When can I find out more?
    nagelpt

  17. buckpt より:

    In it something is. I thank you for the help in this question, I can too I can than to help that?
    buckpt

  18. salempt より:

    I visit daily some websites and blogs to read articles, however this website offers feature based posts.
    salempt

  19. arcticpt より:

    Good question
    arcticpt

  20. Kocky (SEA Fan/奈良県出身/DAZN未加入) より:

    あらあら、今度は強制退会ですか。

    無料期間を延長するみたいな、おそらく、オペレーションでは対応できないシステム処理を行うんだから、まず、処理フローを確認して、試験環境でテストしてから本盤環境にって流れだと思うんだが、何もしてないのかね?

    そろそろ落ち着くかと思ったところに、ぶっ込んでくるダ・ゾーン様、ステキです。

    1. JETS狂 より:

      Kocky (SEA Fan/奈良県出身/DAZN未加入)さん>
      私も元システム屋ですから、よく分かります。
      アホな上層部が仕様に無いことを勝手に約束して、それを押し付けられた下層部が準備なしで速攻で実施したために想定外のバグ出現って、事なんでしょうね。
      いやー、DAZNは飽きさせてくれない素晴らしい会社です。

  21. hayespt より:

    I am very grateful to you. Many thanks.
    hayespt

  22. gregoriopt より:

    Thanks , I’ve recently been looking for information approximately this subject for a while and yours is the best I have discovered till now. However, what about the bottom line? Are you certain about the source?
    gregoriopt

  23. karelpt より:

    Meiner Meinung nach ist das Thema sehr interessant. Ich biete Ihnen es an, hier oder in PM zu besprechen.
    karelpt

  24. みきのり より:

    お久しぶりです。オフシーズン、寂しいです。

    さて、DAZNが批判されるポイントって、ユーザー軽視の一点に集約されると思うんですが、その原因が「外資だから」という分析にはいささか違和感を覚え始めています。
    先日のCEOの謝罪会見や、本国でのサービスの状況等を踏まえると、意外とDAZN本体は本腰入れてやっている気がしてきました。
    要は、DAZNの体たらくは他でも無い、日本法人の日本人スタッフに問題があるのではないでしょうか。
    我々が何度も憤りを覚えた稚拙なサポセン対応や、公式説明文にもそれが現れていると思います。
    JETS狂さんもシステム屋さんご経験者とのことですが、日本のIT企業の内情というか、いい加減さが近年目に余る状況なのはご存知でしょう。
    私も以前は某大手自動車会社と、今は某大手通信会社と取引させてもらっていますが、「こんな大会社の社員がこんなポカするかね?」と言いたくなるような、お粗末エピソードはたくさん見聞きしています。
    まして新参のDAZNでは、サービスを維持するに足るだけの十分なスタッフを揃えるのは困難であり、結果としてまさに揃えられなかった、ということではないでしょうか。

    一連の件は、単なる一企業の不手際と言えばそれまでですが、視点を変えると、近年「日本スゴい」ネタで妙な過信に囚われつつある日本人への隠れた警鐘になっている気がしてなりません。
    DAZNの日本人社員の皆さんには言い訳や誤魔化しばかり考えず、目の前の自分の仕事に真摯に取り組み、一日も早く本来のサービスレベルを実現させて欲しいと思います。
    (少々趣旨がズレているとは思いますが、自分への戒めも兼ねて、敢えて書いてみました。)

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      本部と日本法人との温度差がかなりあるのでしょうか、日本側の統制が取れていない事がこれまでの経緯から分かります。放送プログラムに関してサポートセンターは全く認識しておりません。
      私も経験ありますが、意外と大手ほどいい加減です。それは力関係とお金で適当で無茶苦茶言ってもなんとでもなると思っている節があり、結局はそれを支えてる外注なり子会社が優秀なんですよね。
      あと、DAZN社員からしたら我々はクレーマーなのでしょうが、これに関しては先にプレス発表でウソばかり垂れ流して、さらに肝心のJリーグ開幕に対して宣伝ばかりで技術面で何も準備をしていないDAZN
      側が150%悪いでしょう。
      大金はたいて権利を買ったのならば、スポーツファンを楽しませるサービスを提供してほしいです。

  25. bosspt より:

    Very valuable information
    bosspt

  26. jakiahpt より:

    What amusing topic
    jakiahpt

  27. shanardpt より:

    Hmm it appears like your blog ate my first comment (it was extremely long) so I guess I’ll just sum it up what I wrote and say, I’m thoroughly enjoying your blog. I too am an aspiring blog blogger but I’m still new to everything. Do you have any helpful hints for inexperienced blog writers? I’d certainly appreciate it.
    shanardpt

  28. anissapt より:

    In it something is. Now all became clear to me, I thank for the information.
    anissapt

  29. zaccarypt より:

    I am sorry, that has interfered… At me a similar situation. Let’s discuss. Write here or in PM.
    zaccarypt

  30. jachaipt より:

    Whats Happening i’m new to this, I stumbled upon this I have found It positively useful and it has aided me out loads. I hope to contribute & assist other users like its aided me. Great job.
    jachaipt

  31. naomipt より:

    This topic is simply matchless :), very much it is pleasant to me.
    naomipt

  32. ふて猫 より:

    現段階で加入している方々はどのぐらいなのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      少し前にどこかの記事で、加入者は20万人。しかし、元を取るには100万人以上の加入が必要と書いてあった覚えがあります。
      ここから5倍も加入者を増やすとなると、よほど魅力的なコンテンツにしないと無理でしょうね。
      今こそ、NFLを全試合LIVE配信するときでしょう!

  33. 匿名 より:

    また詐欺まがい事案やらかしてますよ
    この会社は常識ある人はいないのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      匿名さん>
      また何かありました?とにかく、放送内容が嘘ばかりで「誇大広告」を超えています。
      ネット配信には取り締まる法律がないのか、どれだけいい加減でも野放しです。
      社内はどのような体制なのかが気になるところです。

  34. Kocky (SEA Fan/奈良県出身/DAZN未加入) より:

    「放送するする詐欺」相変わらずですね。
    カープ主宰試合は、地元局優先のようで、
    CS局で放送があっても、ひかりTV等のインターネット経由のCS配信では視聴不可になってます。

    とかいう事情の前に、契約ごとなのに、なんで先に発表しちゃうんだろ?
    「DAZN様が放送してやる」って態度なのか?

    国民消費者センターとかに相談するってのはいかがですかね?

    1. JETS狂 より:

      Kocky (SEA Fan/奈良県出身/DAZN未加入)さん>
      権利も取らずに「放送します」と公言するところが常識ハズレもいいところですね。
      おそらく、こうやって確約されていないことも先に公表して後でつじつまを合わせる手法で大きくなった会社なのでしょう。
      それにしても、今回のみならずサービス開始当初から放送されないものが多すぎます。
      しかし、ネット配信というものに関して消費者センターが手に負えるものなのかも定かではないですね。
      Jリーグにもまたそのうち事件が起こりそうな気がしますね。

  35. 台湾人の知り合いが多い人 より:

    DAZNとamazonについて思うことがあるので投稿します。
    この2社共通点があります。
    1,2社とも外資系
    2,英語圏の会社(つまり英語が重要)
    3,日本法人の会社幹部に欧米人では無い「英語ができる」人材が多い=そして日本人では無い

    ざっくり言うと、中華圏の方が多いです。
    英語堪能な方多いですし、漢字読めますからね。
    勿論日本語能力もある程度ある方も多いです。
    違う意味の漢字も多いですが、ある程度の方ならすぐ理解出来ます。
    問題なのは台湾や香港といった地域ですら「日本と常識が違う」
    ということです。
    当たり前と言えば当たり前なんですが。
    日本人だって、イギリスとフランスの違いつかない人多いですよね。
    そんな感じでDAZNの中の人は考えてる気がします。
    同じアジア人の台湾や香港、シンガポールや大陸の人に任せておけば良いと。
    特にイギリスの関係で香港ですかね。
    そういう目線で考えると、問題が出る理由の解明に役立つと思います。

    1. JETS狂 より:

      台湾人の知り合いが多い人さん>
      「人種で常識が違う」とはいえ、日本のスタッフもいますし、狭い範囲の地域での話ならまだしも、Jリーグを2100億円で買い取り、日本のゴールデンタイムにCMをバンバン流すような企業ですよ。これだけ放送内容と中身が違うのは「人種が違うからしょうがない」で済まない問題だと思います。

      逆に言えば、「ノー」と言えない大金を積めば、中身がどんな会社だろうがコンテンツを売るしかなく、別にまともに放送しなくても成り立つということです。
      人種や常識、良識の問題も大金の前には関係が無い事が分かりますね。

  36. 通りすがりの49ersファン より:

    ヤフーニュース出てました、WWEと契約合意したそうですよ

    地元のケーブルテレビじゃ、Jスポ見れなくなったから頑張ってツール・ド・フランスも配信して・・・

    1. JETS狂 より:

      通りすがりの49ersファンさん>
      本当に急です。一体、何があったのでしょうか。
      加えて、RAWとSMACK DOWNが1カ月遅れ放送のWWEネットワークの存在意義が分りません。
      なんでこんな事になるのか・・・

  37. ふて猫 より:

    WWEとも契約ですか?運営が稚拙なのに勝手に広めて良いのですかね?どうも視聴者よりスポンサーを重視してる感が否めないのですがね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      何かしらの太いパイプは持ってるようですね。これだけ多くの業種をカバーするとは恐るべき力です。
      しかし、問題はDAZNによって、日本のWWEを盛り上げてきたJ-SPORTSがどんどん衰退していっている事です。
      J-SPORTSなしに今の日本のWWE人気はありませんから、WWEのみならずロードレースなどいろいろDAZNに奪われているJ-SPORTSがなくならないか心配です。

  38. Yaboo より:

    初めてコメントいたします。サンフレとカープのファンです。
    問題点をよく突いておられることに敬意を表します。
    私はJリーグの試合後に行われるヒーローインタビューのやり方が変更されたことに怒りを感じています。
    今シーズンから選手とメーンスタンドのファンの間に衝立のようなものを立て、サポーターは選手の姿を見られなくなったのです。この衝立はDAZNが準備しています。
    ヒーローの姿が見たかったらスマホで見なさい、ということなんですね。
    もし、スタジアムに3万人のサポーターがいたとして、全員が同時アクセスしたらどうなりますか?
    昨シーズンまでは、選手はメーンスタンドに向かってインタビューに答えていました。プロ野球では考えられませんよね。マツダスタジアムでこんなことをしたら、おおごとになりますよ。
    こんなファンサービスの低下がDAZN参入によってもたらされていることは問題だと思います。

    1. JETS狂 より:

      Yabooさん>
      え!スタジアムにわざわざ足を運んだのに、ヒーローインタビューをスタンドのファンから隠すのですか!?
      それは信じられないですね。そもそもインタビューはスタジアムのファンに対するものでは。
      お金出したら何でもアリとは、DAZNの闇はまだまだ深そうです。

  39. rainmaker666 より:

    初めてコメントします。
    >米プロフットボールリーグのNFL(The National Football League)は英国時間の9日、英Perform Groupとの提携を発表。Performが世界各地でのNFLのテレビ放送権と、米国、欧州以外での定額配信サービス「NFL Game Pass」を提供することに合意した。
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1058909.html

    大丈夫ですかねえ。
    とりあえず加入してみましょうか…。

    1. JETS狂 より:

      rainmaker666さん>
      うぁ~~~、ゲーパスがPerfomからの配信になるのですか。これまでのゲーパスで良かったのに。
      逆にこれで今のゲーパスが安くなればいいんですけど、高品質を維持できるのか心配。。。
      貴重な情報提供、ありがとうございます!

      1. ケイトー・ニンジャ より:

        こんにちは。WWE関連含め楽しく見させていただいております。
        昨日までのGAMEPASSが無料期間だった内に、コンデンスモードでJETSのシーズン前半とプレイオフをこのサイトの試合感想を参考にさせてもらいながら観戦しました。
        米本国の記事ですが、こんなの発見。
        http://www.patriots.com/news/2017/05/11/tackling-tech-nfl-and-perform-team-take-games-global
        国名を列挙してる所の次の次あたりに「The international version of Game Pass also enables subscribers to replay games after they conclude (and in condensed mode) with the option to turn off spoilers.」とありますが、international versionというのは、ご心配のような、今回Performが契約した国や地域でのGAMEPASSは米本国とはバージョンが違うようになるという意味なのでしょうか?

        ついでに:WWEは今やJスポ字幕出身者が主流なんですね。自分は土居・斎藤コンビをDAZNで聞いてああ、何年ぶりだろうかとため息が出たWWF=土居・斎藤派です。ちなみにPPVについてですが「ご覧のDAZNではなく、WWE NETWORKで御覧ください」と実況中明言されています。

        1. JETS狂 より:

          ケイトー・ニンジャさん>
          そもそもGame passは国外用で本土ではTV局との権利の関係があって、私たちと同じように見れないようです。(LIVEのみかもしれませんが)
          WWEを2000年前後に日本でもブレイクさせたきっかけは、当時字幕で放映していたJスポーツだったので、もうWWEの基本がJスポーツの字幕です。
          ダッドリーズのセリフを播州弁にしたり、難しいスラングを処理したり字幕の付け方が秀逸でした。
          DAZNでPPVも放送してくれたら、かなりお得なのですが、さすがにそこまでは難しいでしょうね。もしDAZNがPPVの権利まで買ってくれたら神です。

          きい

          1. ケイトー・ニンジャ より:

            ブログ主さん>
            なるほど、放送局の権利もありますね、マヌケな早とちりでした。すみません
            広告枠、おめでとうございます。
            WWEですが自分も野球・サッカー目当てにケーブルTVでJスポ見れますが、確かWCWがまだ有った頃だかに?、チャンネル回してたらWWE字幕放送を偶々やっていてで、「リキシのヒップアタックだ!ニオイがこびりついちまうぞ」とか記憶にあります。
            本当だったら、またWWF(WWE)が見られる!と喜ぶハズなのですが、なぜか同じものだと脳が認識できなかった?とでもいうものか別なことをやってると思ってしまい、その後も見ていません。ロボットアニメや特撮の古参が、「最近のは認めん!」みたいのではなく、ただ別なことをしているのだととにかく思いました。
            DAZN日本語版は自分には安心して聞けてよいですが、確かに牧歌的・万年テレ東深夜な空気とも言えるかもしれず、もしあのお二方でやっていたとしてじゃあブレイクはあったのかなとも感じます。しかしWWE自体のストーリー等はやっぱり面白い、今現在生放送分に追いつこうとしていまして、エクストリームルール明けの放送を見ているところです。

            1. JETS狂 より:

              ケイトー・ニンジャさん>
              利権が絡みすぎて、放送体型がグチャグチャで良く分からないですね。
              私はDAZN版のWWEをまだ見ていないので、なんとも言えませんが、おっしゃるとおり昔の深夜のWCWみたいな感じでしょうか。
              今のWWEは、プッシュする選手がファンが望む選手と一致していなくて、すんごい微妙な流れになってます。
              まだ今の展開に追いつていないようなので、そこらへんはナイショということで。

          2. ケイトー・ニンジャ より:

            ブログ主さん>
            昔のWCWはWWE同様に見ていなかったです。
            DAZN版WWEで字幕派の方が不満に思われそうなのが、まず現地実況・解説が全く聞こえないことが最大の問題でしょう。あと例えばアライアスやゴールドダストの長台詞等は解説の斎藤氏が選手の背景を解説(〇〇の息子・甥・孫だとか)したりして翻訳するとは限らないので自力で訳さないといけません。
            仮に土居・斎藤コンビ出身者が字幕で見てもそのうち慣れるかもしれませんが、逆の場合現地実況が完全にカットされているので、ちょっと難しいかもしれません。

  40. ふて猫 より:

    DAZNはどこへ向かうつもりなのでしょうか?方向性が不透明な上にあちこち色々な事に手を突っ込んでいるようですがね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      なんにしても、その資金力と人脈が恐ろしいです。よく世界中のスポーツの放映権を買える金とパイプがあるものですね。
      あとはLIVE中継に対する技術やサーバーを強化すれば最強なのですが、娯楽が増えて昔ほどスポーツ観戦人口は減っているのでDAZNが儲かるのかは疑問です。

  41. 通りすがりの49ersファン より:

    UEFAまで権利取るとはなあ、まだ契約数足らないのかな?

    1. JETS狂 より:

      通りすがりの49ersファンさん>
      Jリーグ買ったらみんな契約すると思っていたら、そうでもなく計算がハズれたようですね。
      ここまできたらサッカーファンはDAZNと契約するしか無さそうですが、なんせ録画ができない上に見逃し配信が終了したら、その試合は2度と見れないというのは致命傷。
      あと、契約しないと見れないチャンネルに集中したら、そのスポーツは新規ファンを全く獲得できなくなると思うのですが、DAZNがどこに向かっているのか全く分かりませんね。

  42. 虚弱パンダ より:

    新しいニュースです。https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-07-14/blavatnik-s-netflix-of-sports-is-said-to-target-canada-expansion-j53kybeq
    bloombergの記事によると、DAZNがまもなくカナダに進出するのだそうです。そしてその目玉商品がNFLの配信です。
    DAZNが獲得したとされるNFLの放映権は
    the National Football League’s television rights, including a digital offering known as NFL Game Pass, in 100 countries outside of the U.S, including Canada and Japan
    これだけでは細かい部分まで完全にはわからないのですが、
    まず言えるのは、DAZNが100カ国で獲得したのは複数形の「テレビ放映権」であって、その中に「gamepass」というデジタル製品(offerring)が含まれているということです。
    この「放映権」が他業者の参入を一切許さない独占的なものなのか否かの記載は無いのですが、場合によっては今期のNFLをDAZN以外で見る機会はかなり減る可能性もある気がします。(NHKBSも含めて)
    また、この文章を読む限り、DAZNはgamepassそのものの日本やカナダでの提供権を獲得したと解釈できる。
    しかし現実には、低品質だが低価格路線のDAZNと高品質だが高価格なgamepassでは到底相容れないものがある。
    DAZNはgamepassをそのままの映像クオリティと価格で販売する日本での代理店のような役割を果たしマージンを取る
    一部の試合だけをDAZNの低価格セット販売の中に組み込んで売る、という形になるのではないかと予想します。(今年と比べて試合数が減るか増えるかはわかりませんが)

  43. 虚弱パンダ より:

    あと、記事の最初の方に書かれていた
    Company has committed more than $2 billion to sports rights という現在完了の文章も気になりましたね。
    Jリーグの10年間2100億円という額とほぼ符合するけれど
    放映権獲得はJだけではなく、そもそも10年間分を前払いしているとも思えない。
    NFLの放映権を100カ国分獲得したり、欧州サッカーもそれ相応に高いと思うので
    やはりDAZNは全体でもかなりの投資をしているんでしょう。

    ただ、NFLについてもアメリカ本国の放映権にはタッチできない
    イギリスではプレミアの放映権をとれない、ドイツではブンデスの放映権はとれない
    このままだと、まさに画竜点睛を欠く感じで、既存勢力の牙城を崩して
    「スポーツ配信のネットフリックスになる」とやらの彼らの野望実現は相当困難だと正直思いますね。

    1. JETS狂 より:

      虚弱パンダさん>
      情報、ありがとうございます!
      DAZNの勢いは凄いです。ここまでNFLにDAZNが食い込んでくるとは思いませんでした。
      全世界でスポーツ総合チャンネルとなりそうですが、本当に資金源が底なしなのが謎です。
      ただ、地上波やCSの利権を食い荒らして、遅延やトラブルが多い上に録画ができないDAZNしかスポーツが見れないという状況になるのはカンベンしてほしいです。

      NFLに関してはBSやCSなどでファンが目に触れる機会を奪うとファンが拡大しないので、視聴者にもどちらで見るかの選択肢は残して欲しいですね。
      そして、おっしゃるとおり各国のメインとなるスポーツの利権までは奪えないというのはDAZNにとって痛い所。
      そう考えるとJリーグを簡単に乗っ取られた日本のサッカー事情が分かります。

      しかしながら、そんなに利権を購入できるならお金があるならもっとインフラ整備を進めて、映像コンテンツをDL可能にして保存できるまで進めて欲しいです。

コメントを残す

CAPTCHA