HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > ブレット・ファーブ:涙の記者会見
2008年3月7日

ブレット・ファーブ:涙の記者会見

20080307-news-320.jpg急特番のためJETSのNEWSはまた後日・・
終日騒がれている引退事件に関して、ファーブ自身の記者会見が行われました。

[SPONSORED LINK]


▼[引用:CNN]
ウィスコンシン州グリーンベイ(AP) 米プロフットボールNFL、グリーンベイ・パッカーズのQBブレット・ファーブ(38)が6日、本拠地ランボー・フィールドで引退会見を開いた。報道陣を前に、引退の理由などを告げるファーブは、感極まって涙する場面も見せた。

 

ブルージーンズにシャツ姿で会見に臨んだファーブは、「すばらしい競技人生だったが、終わった」と、声を絞り出すように述べ、「終わりだと言うのは、本当に辛い」と続けた。

 

また、現在でも日曜だけならプレーは続けられるとした上で、日々の練習やチームをスーパーボウルへ導くための熱意がなくなったと語り、ヘルメットを脱ぐ時がきたと判断したという。

 

「プライドがありすぎるんだ。自分自身にも、大きく期待をかける。もしも100%、自分の期待通りにできなかったら、プレーできないんだ」と、引退理由を説明した。

 

また、プレーさせてくれたパッカーズに感謝を告げた。

 

ファーブはNFL史上でただ1人、最優秀選手(MVP)に3度選ばれた名QB。2007─08年シーズンには、ダン・マリノの記録を抜いて、NFL最多となる通算420TDパスと通算パス6万1655ヤードを記録。いずれも、歴代1位となった。

JETS狂⇒
やはり肉体的には健全で精神的に熱意が無くなってしまったようです。ファンの中には健全であるのに引退してしまう事に納得いかない人もいると思います。
しかし、記者会見の内容から完璧主義かつ厳格な性格が伺え、それが引退の原因になったにせよ、逆にそういう性格だからこそ伝説のQB”ブレット・ファーブ”が誕生したわけで、ワタシとしては何も言えません。
”テスタバーディー”のようにスポット復活でもいいですからフィールドに帰ってきて欲しいです。

:追記[引用:NFL JAPAN]

グリーンベイ・パッカーズのQBブレット・ファーブが、引退の記者会見を開いた。38歳のファーブは、「素晴らしいキャリアを過ごすことができたが、終 わった。言葉にするのはこれ以上ないくらい辛いことだけど、俺の現役生活は終わったんだ」とコメント。彼は会見の当初、「感傷的にはならないと約束する よ」と語ったが、感極まって涙を流す場面も見られた。引退を決断した理由をファーブは、パッカーズをスーパーボウルに導くため日曜日の試合にはプレイでき る。しかし、練習や準備への情熱を失ってしまったためと明かし、「俺はプライドを持ちすぎている。自分自身に多くの期待をかけてしまんだ。もし、 100%、自分の期待に応えることができないのなら、プレイはできない」と述べた。また、キャリア17年の内、16年間を過ごしたパッカーズへは「チーム が俺に払った全ての金額を、良いお金の使い方だったと思うことを望んでいる。人々が、俺の記録について話しているのは聞く。しかし、俺が1人で成し遂げた 功績は1つもないんだ。全ては俺たちの功績だ」と発言。自分にプレイする機会を与えてくれたチーム、共に戦ったチームメイトへの感謝を表した。

 今後の予定について問われると、「何も決まっていない。ロン・ウルフ(パッカーズ前GM)にも昨日、『これから何をするつもりだい?』と聞かれたけど、 『何も決まっていない』と答えた。何かやりたいことが出てくるまで、この答えを変えるつもりはないね。来年の事については考えてもいない。試合を見ること は確かだ。試合に関わるかと聞かれれば、いつも冗談でコイントスに参加したいと言っているくらいさ」と、白紙であることを強調している。そして、現役生活 で最も記録に残っているプレイ、試合があるかという質問には「この質問を聞かれるのは嫌いだ。最も記録に残る1つのプレイ、1つの試合はない。全ての場面 が、俺にとって多くの意味のあるものだった。多くの人々はプロフットボールをプレイしたことがないと思う。俺は何千ものプレイに参加したが、全てが俺に とって何か意味のあるものだった」と語っている。また、自身の後継者となるアーロン・ロジャースには「アーロンは素晴らしい仕事をしてくれると思う。彼は 能力の高い選手だ。そしてブレット・ファーブのようにプレイする必要はない。彼には自分のプレイスタイルがあり、それを守ればいいんだ」とエールを送って いる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top