結果発表!がっかり・オブ・ザ・イヤー2014

nfl_u_manning_gb2_576
誰か忘れてません?

1週間の投票期間を経てついに発表!がっかり・オブ・ザ・イヤー2014。

投票数は過去最高の369票と、今シーズンのがっかり度の大きさがわかります。

しかし、スーパーボウルを2度も制覇した某有名弟QBを投票設定で選択肢に入れるのを忘れ、その後も投票者からの選択肢の追加でも彼の名前はありませんでした。

まだ「がっかり」されるということは「期待をされていた」という事であり、それより怖いのは完全な無関心ですね。弟QBは果たして来シーズンも先発なのか気になるところです。

(※「WR」など具体的に何を指しているか不明な追加投票は無効票としました )

[SPONSORED LINK]

特別賞:JETS狂の宴

結果発表の前に、残念すぎるお知らせがあります。

投票システムに 「FC2投票」 というシステムを使っているのですが、こいつがちょっとした設定の変更でコメントを全部消去します。

なので、設定変更の誤りで皆様に頂いたコメントが全部消去されてしまいました。。。
工エエェェ(´゜д゜`)ェェエエ工

せっかくコメントを頂きましたのに、本当に申し訳ありません。マリアナ海溝より深く反省していますが、そもそもこのFC2投票、消えるなら「コメントを消去しますがいいですか?」とかアラートすら出ない。

それ以前に消去する必要あるのか?私はもう怒り新党で、来年は別の投票システムを探します。
(責任転嫁じゃね?)

 

 1位:こんな負け方はありえんだろ?:パッカーズ

rogers_sea-rs

:47票

ファンが多けりゃ、その分がっかりも大きい。2014シーズン堂々の1位は、チャンピオンシップにてシーホークスに大逆転負けをしたパッカーズです。

試合の詳細は、試合レポート を参考してもらうとして FGフェイクからのTD、2ポイントコンバージョン、オンサイドキック と、ほぼ勝利寸前の状態から決めるのが難しいプレーを次々とシーホークスに決められて、最後はオーバータイムで1発TD負けを食らうという、パッカーズファンからしたら散々すぎる敗北。まるで悪夢ですよ。

プレーオフの天敵であるジャイアンツと49ersが不在でチャンスと思われたシーズンですが、思わぬ形で敗退となり、 毎年プレーオフに出るので速攻で2個目のリングをゲットするだろうと思われていたロジャースが、ここまで苦戦するとは予想外ですね。

2015シーズンこそ、SB制覇に期待しましょう。

 

2位:話題だけで先発したらボッコボコ:ジョニー・マンジール(マンゼル)

55355_photo00

:34票

2014シーズンのオフから話題にこと欠かないマンジールが2位。世間の注目度がわかる結果となりました。

テキサスA&M大学にて2012年に史上初の1年生でハインズマン賞をGETするも、マニング兄弟主催のQBキャンプに遅刻するわ、ドタキャンするわの大物ぶりを発揮。
(しかもドタキャンした理由が、前日にオールナイトパーティーに参加していたとか)

ブラウンズにドラフト1巡で獲得されるも、プレシーズンで中指を立てるジェスチャーを行ったことで話題になりました。

そのマンジール、ブラウンズのプレーオフへの望みをつなぐためWeek15のベンガルズ戦で期待を背負って初先発するも、0-30 で完封負け。

後日、完封勝ちしたベンガルズは「弱点知ってたよ~~ん」とコメント。彼のクセはすでに研究つくされており、2015シーズンも苦戦が予想されます。

 これがリアル・ドラフト・デイですな。。

 

3位:プレーオフで勝敗を左右する大誤審:ライオンズvsカウボーイズで反則取り消しの審判団

lions_missjudge-rs

:32票

これも詳細は 試合レポート を見てもらえば早いですが、説明するとカウボーイズLB”アンソニー・ヒッチェンス”のパス・インターフェアランスの反則がなぜか取消しとなり、そのためライオンズはトドメとなるハズだったの1stDown更新に失敗。その後、カウボーイズにO#が渡り、逆転負けをするという内容です。

 

その時は審判団は1度下った反則を取消ましたが、後にVTRを見直すと反則で間違いはなく、審判団は反則取消しは誤りであったことを認めて謝罪しました。

ライオンズの選手側は「1回の審判の裁定で勝ち負けが決まるような試合は、負け同然」と男らしい事を言っておりいますが、この誤審がなければライオンズは勝利していたかもしれず、その後SBを制覇していたかもしれません。

そう考えると反則を取り消してまで、わざわざ誤審を生んだ審判団の行ったことは、非常に重いと思います。

 

4位:これ記者会見で言うほどの事か?:ケイティ・ペリーのサメ

left shark レフト シャーク

:29票

スーパーボウル名物のハーフタイムショーから、予想外のランクイン。

まず、ケイティ・ペリーは記者会見にて、「皆をびっくりさせるサプライズ企画も用意している。ライオンとサメも登場させるわ」とファンの期待を煽りまくります。

本物の猛獣が出てくるスリリングなショーかと思ったら、オープニングでケイティ・ペリー は巨大なライオンのオブジェに乗り『Roar』を歌いながら登場。

まぁ、ライオンはインパクトがありコレは良しとして、サメに関してはなんと着ぐるみ。。これは記者会見で発表して期待を煽るほどの事なのか?まさにがっかりです。

 

事態はこれで終わらず、更なるがっかり が追い打ちをかけます。ケイティ・ペリーの左側のサメ、通称:レフト・シャーク のダンスが途中から曲に合わずグダグダになりました。

全米視聴率49.7%で、世界中で何億人もの人間が見ている地球最強のショータイムで、こんな失態があるのでしょうか!?

ケイティ・ペリーの煽りがレフト・シャークに余計なプレッシャーを与え、緊張のあまり頭が真っ白になったのでしょう。レフト・シャークも被害者と考えていいと思います。

 

しかしながら、グダグダだったレフト・シャークは、その愛らしいパフォーマンスで人気者になります。

某メディアでは「1億2,000万人の人々が見ているにもかかわらず、レフト・シャークは誰も見ていないみたいに踊った。そしてそれは美しかった。ニューイングランド・ペイトリオッツはスーパーボウルに勝ったかもしれないが、レフト・シャークが真のチャンピオンだ」と、意味の分からない賛辞まで書かれる事態に。

その結果、シャーク二人はその後もCMなどあちこちで引っ張りだことなり、グッズまで販売され、新たなビジネスチャンスを開拓しました。

まさに災い転じて福となす。何が起こるかわかりませんね。

 

5位:レギュラーシーズンよりも、オフで笑いを取りにきた:ブラウンズフロント。 (追加)

brownsceo-rs

:28票

残念ながらコメントが消えてしまったので、具体的に何を指しているか分かりませんが、コーチ人事が決定した矢先にCEOとGMが突然解任という事件の事かと思います。

ブラウンズのCEOという新設したばかりの役職がわずか1年で廃止。さらにコーチ陣の選定を行った後に人事権を握っていたCEOとGMを挿げ替えるという事は、新コーチ陣の立場がありません。
しかも、2月というタイミングすら謎。もはや狂気の沙汰です。

 

ブラウンズは 毎年、HCをコロコロ入れ替え、ドラフト上位で獲得したQBもコロコロ入れ替える。OCは6年で6人目ということで、そりゃO#も安定しませんよ。
元QBのウィーデンが「チームを出たい」と言っていた気持ちもわかります。

だが、2014シーズンは元ビルズHCかつ、元JETSのDC であった “マイク・ペティン” がチームを率いたおかげで、終盤戦までプレーオフに望みを残す快進撃を見せました。

マンジールという爆弾を抱えるも、ペティンの2年目に期待したいところです。

  1. Chay K. より:

    7位(スナップミス細胞)は選択肢を見ただけで笑いました。

    1. JETS狂 より:

      Chay K.さん>
      私も驚きました。企画でまさかのセーフティー(自殺点)。
      最近では私が応援するとSB制覇できないという呪い的な扱いも受けていますが、スピンオフ企画を楽しみにしている方もいるようで、JETSがプレーオフに行けない時はできる限りやりたいと思います。

      しっかし、今回のタイトルはちょっと苦しかった気が。。。。

  2. kazu より:

    イーライ君のことは忘れてました。カウボーイズVSライオンズで誤審があったこと、ブラウンズの首脳陣が話題になっていたことを始めてこのブログで知りました。(クリーブランドは当分バスケットボールで十分じゃないでしょうか? マンジールが性格的にハイズマンなぜ取れたのが不思議です。 )
     間違えて昔のがっかりランキングを見ましたが,サンチェスがOLのお尻に突っ込んだのが載ってました。懐かしかったです。イーグルスでは活躍し今年のFAの目玉なんですね。
     個人的には、 サメくんがMVPだと思います。
    哀オブザタイガーw

    1. JETS狂 より:

      kazuさん>
      イーライはもちろんの事、昨年は1位だったブロンコス&ペイトン・マニングへのがっかりを忘れていましたが、兄弟そろって1票もなし。
      代わりにブロンコス敗退が私の原因だという意見が7位に入る、おかしな結果となりました。
      サメに関しては、がっかりどころか、逆に話題をさらう事になったので、投票は伸びませんでしたね。
      しかしながら「哀・オブ・ザ・タイガー」。考えたときは速攻でボツにしたのですが、今見るとジワジワくるタイトルですね。来年もJETSがダメなら、これでいきましょうかねw。

  3. kazu より:

    イーライ君のことは忘れてました。・・
    クリーブランドの首脳陣の話題、マンジールの話題が上位になったのが以外でした。マンジールってハイズマン取っているんですね。中指立てたことしか知りませんでした。 クリーブランドはいいじゃないですか レブロンジェームスいますし、バスケットボールがありますよ。
     パス無双のアーロンロジャースのパッカーズが一位でしたが、
     ビルズのレイダースに負けて、ペイトリオッツに勝った ってのが笑えました。来年に期待です。
     

    1. JETS狂 より:

      kazuさん>
      連続コメで1回目とやや内容が被ってますが、レスします。
      実は私もブラウンズに関しては、投票があるまで記憶の片隅に何かあったぐらいのレベルでした。調査しなおすと実にひどい話です。
      しかし、2014シーズンはAFC北の4チームが勝率で並ぶ大激戦でしたし、レブロンが古巣に復帰もあり、盛り上がったシーズンだったのでは無いでしょうか。
      マンジールも2年目から本格的に活動すると思いますし、2015シーズンのブラウンズは非常に楽しみです。
      しっかし、ビルズといい、何かJETSよりヨソのチームの方が興味をそそられますね。。

  4. K1 より:

    私は、スナップミス細胞ネタをとても楽しませていただきました。
    来年もスピンオフ企画を楽しみにしております。

    1. JETS狂 より:

      K1さん>
      そう言ってもらえると救われますが、ちょっとブロンコスファンには悪ノリに見えたかもしれません。
      このネタのコンセプトは、マニングにもう1回スーパーボウルに行ってもらって、スナップミス細胞の再検証実験を行って欲しいというものなんですよね。
      しかし、それは適わず、怨敵パッツと戦う前にコルツに敗れてしまい非常に残念でした。
      来年もスピンオフ企画を楽しみにされるのは嬉しいですが、それってJETSがプレーオフに進出しないということなので、JETS応援サイトとしてはジレンマを抱えております。

  5. Green Gang より:

    お初です。
    ブレット・ファーブがジェッツに移籍してから一瞬だけジェッツ応援してた者です・・・(その節は一年だけ迷惑かけてミネソタに移籍する踏み台に使ってしまいファーブに成り変わりお詫びします)。
     この企画、結構好きで、「追加項目を何入れるか」をWEEK14辺りで考えちゃうんですけど、今年は追加項目を云々するよりもグリーンベイがあんなことになってしまいそちらの方に投票させていただきました
    (もし、追加するとしたら「タイムアウトでTD無効!?モーヒンウェグOC」か「オートンとともに去りぬ―ビルズ、ダグ・マローンHC」にしようと思ってました)。
     たしかに、弟イーライを忘れた感ありますね。
    去年は、兄様がリーグ最多TDで、弟は最多INTとコインの裏表のような関係で大変面白かったです。
     今年は何といっても、チーム・メイトのオーデル・ベッカムがスゴすぎたんで影が薄くなったんでしょうね。
     途中経過のコメント欄で熱烈なブロンコス・ファンからディスられてて可笑しかったです・・・
    (その気持ちも・・・)。

    1. JETS狂 より:

      Green Gangさん>
      「タイムアウトでTD無効!?モーヒンウェグOC」も入れるべきでした。あれも衝撃的でしたね。
      そもそもジーノと彼の戦術があってないのも不幸。
      しかもタイムアウトしたのは、OCに気を利かせたシェルドン・リチャードソンだったのですね。仕事のできる男は違います。余計にも。
      http://jets94.com/2014/09/17581.html
      イーライは完全にベッカムブームの裏に隠れましたね。イーライがパスを投げたのに、スーパーレシーブした彼ばかりクローズUPされて、哀れなイーライ君です。
      ジャイアンツって、本当にWRは沸いて出てくるので、あとはイーライの調子が上がれば勝てるチームになりそうですが、果たして2015シーズンはどうなることやら。。

  6. suke3 より:

    初めてコメントさせて頂きますが、ちょっと突っ込みを。
    今回パッカーズが負けたのはホームではなく
    アウェイのシアトル「センンチューリーリンク・フィールド」です。
    ちなみに、45回のスーパー制覇後のプレイオフでの敗退地は46回ホーム47回アウェイ
    48回ホーム、今回アウェイと交互になっています。

    1. JETS狂 より:

      suke3さん>
      すいません、思いっきりボケてました。シーホークス第1シードなのに。
      ホームでもロードでもどっちも負けるんですね。。訂正しておきます。
      JETS狂の宴は、皆様に支えられて生きております。

  7. ゲヌーク鍋 より:

    マニング兄弟のがっかりもありましたが、個人的にはドラフトデイを見てブラウンズのドタバタぶりを見て余りの理想と現実の落差に涙して第5位のに入れさせていただきました。

    尚、7位のコメントの最後について、同地区ライバルチームの活躍なんてある意味悪夢ですからね…第9位のあれは、ベリチックとバトラーが薄皮一枚上手だったと思います。もしあれが取られていたと思うと…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
    ただ、10位のあれは軽い罰則とルールの改訂かなと思います。

    1. JETS狂 より:

      ゲヌーク鍋さん>
      映画もリアルもフロント陣がドタバタのブラウンズ。脚本家のチョイスは見事ですね。ブラウンズってエクスプレスという映画もありましたし、題材にしやすいのでしょうか。
      何にせよ、空気圧問題に関しての展開が気になりますね。ボールをINTして提出した時点で動かぬ証拠になると思うのですが、なぜハッキリと容疑が確定しないか不思議です。
      何かしらルール改訂が入って、一見落着となりそうなので、また疑惑は闇に葬られそうです。

  8. フリ歩 より:

    どうも、お初です。
    ウィーデンに関しては、ウィーデンも負けず劣らずのカス野郎なので、目くそ鼻くそといったところであり「お前が言うな」と言いたいところなのですが、例えて言うなら、O合を首にした後で球団社長が首になるCDみたいな状況だったので、一回転して清涼剤になるという訳の分からない状態でした。

    今シーズンのオフもHCの交代が無くてホッとした矢先にシャナハン退職ってヲイ(怒)汁のアルコール依存症を見抜けなかったのかよとか、オーナーのドラフト介入だとか、GMが試合指揮に介入したことがバレでドラフト指名権剥奪の危機って、今シーズンのオフでも笑いが止まりませんでしたw

    1. JETS狂 より:

      フリ歩さん>
      コメントありがとうございます。
      私もウィーデンの記事を始めてみたとき、同じように思いました。しかしながら、何人ものQBがブラウンズで失敗した背景にはフロント陣の影響も大きいと思います。まさにQBセメタリーです。
      ペティンには元JETSとして頑張って欲しいですが、今シーズンもオフからゴタゴタしそうですね。

  9. タンパファン より:

    イーライの期待度が少なかったのは、覚醒が4年に一度の日暮さん体質だからかと。
    だから来シーズンは反動ですごい期待があるはずです。

    1. JETS狂 より:

      タンパファンさん>
      確かに最初にSBを制覇したのは4年目。そして2012年に制覇。まさにこち亀の日暮さんですね。
      たしかに次のSBがある2016年は覚醒周期。これでマジでSB制覇すると、ある意味ですごい男ですね。
      彼がNFLタイ記録の4つ目を取るのに2020年。で、5つ目が2024年。このペースで活躍するとファーブを超える可能性もあり将来が楽しみです。
      (いや、ムリ。)

  10. Chay K. より:

    GB@SEAの件ですが、あのTEはMIN行きになったようです
    (Packer Zoneの管理人曰く『1ヶ月遅かった』)。

    1. JETS狂 より:

      Chay K.さん>
      A級戦犯者ですから仕方なし。移籍してもオンサイドを取り損ねた映像は何度も流れるんでしょうね。
      今後の彼の活躍に期待しましょう。
      (またやらかす方にw)

コメントを残す