【2015(2016年):スーパーボウル50(SUPER BOWL 50) 】パンサーズ vs ブロンコス

ALL FOR MANNING

JETSが最終戦に負けてプレーオフを落とした事なんて、走馬灯のようにすぎさり、今シーズンのドラマもあっという間に最終回のスーパーボウル(以下、SB)を残すのみとなりました。

今シーズンの対戦カードは、シーズンわずか1敗かつ、プレーオフでも無類の強さを誇った『カロライナ・パンサーズ』と、 2年前にもSBに進出するもシーホークスに ボッコボコにされた『デンバー・ブロンコス』という顔合わせとなりました。

 

パンサーズはO#もD#も超強力ですが、対するブロンコスのマニングには もはや「逆転男」と言われた昔のような力は残されておらず、引退説が飛び交うほどの状況。ブロンコスD#がどれだけマニングを支えれるかが生命線となります。

下馬評ではパンサーズが圧倒的に有利だが、果たしてブロンコスとマニングに勝ち目はあるのか!?

[SPONSORED LINK]

スーパーボウル観戦会 @神戸

今年も スポーツバー D-Fence にて スーパーボウル観戦会@神戸 が開かれました。

IMAG1884-rs

応援した側が負ける確立が高いのですが、我らツィッター枠は満場一致でブロンコスを応援!

さぁ!どうなる!?

セレモニーでブレイディがブーイングを受ける

第50回大会だけあって、試合前のセレモニーも豪華。次々と過去のスーパーボウルMVPが登場し、会場を沸かせます。

しかし!4度のSB制覇と3回のMVPを誇る現役のキング・オブ・キングであるはずのブレイディ様が登場したら、会場はなぜかブーイング!

おい!もっと尊敬しろ!(と言いつつ笑える)

WWEで言うならば ジョン・シナ ばりの嫌われ度。やはり、2014シーズン(2015年)のボール空気圧操作問題の影響でしょうね。自分で証拠を隠蔽して、裁判で無実となり4試合出場停止を免れたものの、ファンの目は未だに白い目で見てます。

 

国家斉唱はレディ・ガガ

国家斉唱では、なんとガガ様が登場。
注目の格好は、生肉でもパイオツが出てる服でもなく、普通の赤いスーツ!!

lady_gaga_sb50-rs

さすがのガガ様も人の子。スーパーボウルではキチッとしてました。

 

第1Q

先行(レシーブ)はブロンコス。2年前はミススナップで後逸してセーフティーという最悪のファーストプレーでしたが、今回はいきなりTE”オーウェン・ダニエルズ”にパスを通して1stDownを取る幸先のよいスタート。

立ち上がりはランだと読んだパンサーズD#のウラをかき、さらにパスの調子がいい印象を与えたら即ランに切り替える秀逸さを見せる。しかし、敵陣17ydまで進むもFG。

ここは手堅く決めて先制。

パンサーズ 0-3 ブロンコス

 

今シーズン MVP の”キャム・ニュートン”とうとうスーパーボウルに降臨!リーグ最強クラスのO#が今宵も炸裂か!?と、思いきや・・・

「はぁ~・・」してから、手をさすりさすり・・、そして神にお祈り。
ニュートン、めっちゃ緊張してるやん!!∑(゜ Д゜)

camnewton1-rs

さすがのニュートンも人の子。この大舞台では緊張します。

そして、ブロンコスD#のプレッシャーもあり、ニュートン3凡!パンサーズファンに暗雲が立ち込める。

 

そして互いにパントを蹴りありパンサーズ自陣15ydからのO#で、OLB”ボン・ミラー”のサック&ファンブルフォース炸裂!!

DE”マリク・ジャクソン”がこれをエンドゾーンでカバーし、TDキタ━━━━━∩(゜∀゜)∩━━━━━!!!!

D#が爆発し、点まで取るというブロンコスにとっては理想的すぎる展開。

パンサーズ 0-10 ブロンコス

 

しかし、マニングはパンサーズILB”ルーク・キークリー”に真正面から突撃されサックを喰らうなど、O#停滞。

 

第2Q

パンサーズはニュートンのスクランブルで攻め上がり、TE”グレッグ・オルセン”へのパスで敵陣15yd。

そこからWR”コーリー・ブラウン”へのパスにブロンコスCB”アキーム・タリブ”が悪質すぎるフェイスマスクで敵陣1ydまで進まれる。

あとはRB”ジョナサン・スチュワート”のダイブで∩(・ω・)∩Touchdown!。パンサーズが7点を返す。

SI120_TK1_01564-rs

パンサーズ 7-10 ブロンコス

 

互いのO#が停滞し、のパンサーズのパント。パンサーズSTが2人も迫る中でフェアキャッチシグナルを出さないリターナーWR”ジョーダン・ノーウッド”がレシーブ!

しかし、通常ならフェアキャッチするであろうシュチュエーションに思考と動作が刷り込まれていたようで、絶好のタックルチャンスにも関わらず、手を広げて「触ってねーよ」のジェスチャーをしてしまう!

そのスキをつき一気に61ydのパントリターンが炸裂し、一気に敵陣14yd!このパントリターンはスーパーボウル最長記録を更新!

 

だが、この絶好のチャンスも堅いパンサーズD#に阻まれ、ギャンブル成功もホールディングで取り消され、FGで終了。攻めきらんなぁ~

パンサーズ 7-13 ブロンコス

 

まだ1ポゼッション差のパンサーズ。早く逆転したいものの、RB”マイク・トルバート”のファンブルロストで攻めきれず。

しかし、ブロンコスもRB”C.J・アンダーソン”の34ydのナイスランが出るものの、マニングがDE”コーリー・イーリー”にINTを献上してしまいぶち壊して、膠着状態に。

θ_(゜∀゜ )≡ モヒョヒョヒョヒョ ヽ(A`)ノ≡ コラァァァ!! カエセヨー!!

あとは両者のD#が譲らず、そのまま前半終了。

前半終了:パンサーズ 7-13 ブロンコス

 

ハーフタイムショー

コールドプレイ

コールドプレイ

ブルーノ・マーズ

ブルーノ・マーズ

マーク・ロンソン(DJ)

マーク・ロンソン

ビヨンセ

AP_688673423655-rs

 

GettyImages-508985998-rs

 

GettyImages-508986166-rs

 

ハーフタイムショー

  1. sinz より:

    TDパス1本も無しという驚異的に地味な試合だったにも関わらず、見応えのあるSBでした。
    DENとしてはこれしかないという勝ち方でしたね。
    キャム・ニュートンも、負けるにしてもどうせなら最後まで悪ノリして欲しかったですね。
    テンション下がり過ぎです。
    個人的には、ブリットン・コルキットに隠れMVPをあげたいと思います。
    2015シーズン、お疲れ様でした!

    1. JETS狂 より:

      sinzさん>
      過去最高に面白い試合だったと思います。記念の50回大会に思い出に残る試合となりました。
      マニングにもうちょっと攻撃力があれば楽に勝ってたと思いますが、最後の方まで1ポゼッション差の接戦で、これはこれで良かったです。

      パンターに関しても、かつてはジャイアンツのウェザーフォードといい、SBで勝つには優秀なパンターが必要であり、コルキットのナイスパントの連発が勝因の1つだったことは間違い無いでしょう。
      しかし、実際にパンターがMVP取るスーパーボウルとなったら、凄い地味なんだろうなと思います。

  2. MKT より:

    ブロンコスD#は恐ろしいですね。まるで2年前のシーホークスD#みたいに鉄壁でした。
    試合開始前に仲間内で「MVPはディフェンスから出てほしいな。それも『適当な人がいないから』ではなく『文句無し』で選ばれてほしいな。ボン・ミラーとかいけそうじゃない?DLの受賞者はほぼいないよ」っていう話をしていたのですが、まさか本当に爆発するとは。恐るべしメガネ男。
    2年前のようにナンバー1のオフェンスとディフェンスが対戦してしまった場合、ディフェンスが勝つということを再現してしまいましたね。パンサーズの場合はディフェンスもよかったですが、その全てをブロンコスD#が凌駕していました。

    ペイトンはまあ、衰えがものすんごいですが、色々とよくやりましたよ。ファーブと並んでるレギュラーシーズン通算勝利を抜くまであと1勝ですが、こんなに素晴らしい花道を用意してもらえてるんだから乗っかってもいいじゃんと僕は思っています。
    決めるのは本人ですし、なんだかんだ彼のことは好きなんで更新してほしいですが、来季以降はこんな花道が都合よく舞い降りてはこないと思ってます。

    なにはともあれブロンコスおめでとう! 来季はジェッツのSBが見たいです。

    1. JETS狂 より:

      MKTさん>
      SBで最強のO#とD#が対戦となったら、D#が強いチームが勝つのが通例ですね。
      互いにD#は良かったのですが、研究しつくし、対策をきっちり立てたのはブロンコスの方でした。

      マニングってあと1勝でファーブの記録に並ぶのですか?そんな理由があるなら記録男として続行する意義はありますね。
      もしかしたら、続行という可能性もあるかもしれません。
      2016シーズンこそ頼むぞ、JETS。

      1. MKT より:

        レギュラーシーズンのみの先発QBの通算勝利がファーブと186勝で、NFL記録にぴったり並んでいます。今シーズンあと1勝していればファーブを抜いていたんですが、そこはまさに神のいたずらですね。
        試合後のインタビューで「感情的な決断はしない」と言っていましたがどうなることやら。エルウェイも引退を発表したのは5月でしたしね。

        あと、ブレイディが現在172勝なので、何事もなければあと2年くらい(下手すりゃ1年!)で抜き去りそうです。それをさせないのはジェッツにかかっていると言っても過言ではないでしょう・・・。

        1. JETS狂 より:

          MKTさん>
          なんか記録男として、もう1シーズンしそうな気もしますね。ファーブの引退するする詐欺もありましたし。
          まぁ、じっくりとマニングの去就を見守りましょう。

  3. ガストン より:

    ペイトン・マニングおめでとう。そして、ブロンコスの選手、ファンの皆さん。
    おめでとうございます。

    50回記念にふさわしい 『ペイトン・マニング最終章』だったと思います。

    チャンピオンシップで我がパッツのクイックテンポオフェンスがやられ、SBでは
    モバイルQBのキャム・ニュートンがやられ、オレンジクラッシュな呼び名通りの恐ろしいディフェンスでした。

    昨年の敗戦をふまえ、HC交代の大ナタを振るい、テキサンズを強くしたキュービアック&フィリップスのコンビを招聘した
    GMエルウェイの功績でしょう。2年前の面影が全くないチームになりました。

    ブロンコスのパレードも終わりましたので、楽しかった2015シーズンも終了。

    パッツはAFC東 8連覇目指して On to 2016です。

    オフシーズンもJETS狂の宴を楽しみにしてます

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      本当にこれはGMエルウェイの手腕ですよね。ティーボウを切ってマニングゲットし、そのティーボウはジェッツが拾って暗黒時代に突入しました。
      パッツの8連覇とか、シャレにならんので、そろそろJETSが食い止めてみせますよ。
      オフはネタが枯渇しますが、よろしくお願いいたします。

  4. WIZ_SNOWBALL より:

    今シーズンもお疲れ様でした
    マニングはこのまま引退してもらいたいですが、どうなるんでしょうか?
    来期はきちんとブレイディが出場停止になってJETSが勝ち上れるとよいですね

    1. JETS狂 より:

      WIZ_SNOWBALLさん>
      引退を明言はしないですが、そういう空気ですね。しっかしファーブの前例があるので、何ともいえません。
      セレモニーでブレイディが登場したときの会場のファンの反応から、多くのファンがまだブレイディをシロとは思っていないですね。
      とにかく新たな証拠を発掘して、なんとしてもブレイディに有罪を!!

  5. しんた より:

    まずはブロンコス、SB制覇おめでとうございます。
    初コメですが、こちらのサイトには毎日楽しませてもらってます。自分がアメフトにはまるきっかけになった、アイシールド21の記事があるのも嬉しいですね。

    さて、自分はNFLを見始めるようになって約5年ですが、初めて本気で悔しい思いをしてしまいました。今年はレギュラーシーズンから応援していたパンサーズが、シーホークスに続くSB初制覇を本気で期待していたので(泣)
    レギュラーシーズンから応援していたチームがSBに進んだのが、レイブンズに続いて2チーム目なのですが、前回は歓喜を味わいましたので、ある意味いい経験になりましたね。

    パンサーズは、アイシールド21にセナのライバルである「パンサー」ってキャラがいたので、見始めた時から気にはなってました。ですがその時は、まさにどん底にいたチームなので、チーム名を覚えたぐらいでしたね。
    ですが、2013年シーズンでの、ペイトリオッツに勝利した試合を見て、そこから応援するようになりましたね。その時の自分は、まさか勝てるとは素人目に見ても思ってなかったので。そしてその年は12勝もしましたし。

    昨年は微妙でしたが、そこから今季はNFC制覇と、最高に高まってました。
    やはりまだ、あのチャレンジが成功していればとか、あのプレーが決まってればとか、色々かんがえちゃいますね。
    しばらくこんな悶々状態が続きそうです。

    だけど、ここはやはり、勝ったブロンコスが大正義ですし、素直に称えたいですね。ニュートンよりも出来の悪かったマニングですが、ブロンコス守備陣の大暴れには、戦慄いたしました。SB見初めて5年ぽっちですが、こんな守備にしか活躍が無かった試合内容でも楽しめたことに、改めてアメフトの面白さを実感しましたね。

    来シーズンは期待を込めて、パンサーズとベンガルズのSB出場を期待します。まだ、ネコ科のロゴを使ってるチームのSB制覇が無いみたいなんで・・・・・・というか、今季のベンガルズには本気で期待してたのに、あの終わり方は無いです。

    ジェッツも、ストップ・ザ・ペイトリオッツを期待してます。もうブレィディ率いるペイトリオッツはお腹いっぱいって感じなので(笑)
    シーホークスとのスーパーボウルではペイツを応援してましたが、空気圧問題でかなり冷めたのもあるかもです。

    ともかく、今季もお疲れ様でした!
    これからも楽しい記事を期待してます。

    1. JETS狂 より:

      しんたさん>
      コメント、ありがとうございます。
      アイシールド21はアメフト業界の認知度UPに大きく貢献してくれました。やはり、少年ジャンプの力は偉大です。
      リアルから内容はかなりデフォルメされてるものの、優れた画力から伝わるアメリカンフットボールのカッコ良さや、他のスポーツには無い面白さを理解してもらうには十分すぎました。アニメ化までされましたしね。

      私はアイシールド21に出てくる「パンサー」こそ身体能力がズバ抜けた黒人=「キャム・ニュートン」とイメージを重ねるところもありました。性格全然違いますが、パンサーだけに。

      今シーズンのジェッツは本当に惜しかったのですが、あのブロンコスを見て勝てる気がしないですね。とにかくパッツからシーズン2勝を奪えるチームとなるべく、ドラフトに期待です。

      オフはネタが枯渇しますが、2016シーズンもご拝読、よろしくお願いいたします。
      m(_ _)m

  6. シン より:

    シーホークスに続く、パンサーズSB初制覇をすごく期待してたのですが、やはり勝負は実際にやってみないと分からないですなぁ。
    まぁ、SBに出たことが無いチームもいるみたいなので、制覇は本当に険しい道のりなのだと改めて思いました。
    NFLを見始めた約5年前から、ここまで強くなったパンサーズ。今季は楽しいシーズンでした。

    ブロンコスディフェンス強かった!おめでとう!

    1. JETS狂 より:

      シンさん>
      SB制覇と言ってもNFLは32チームもあり、他のスポーツに比べてかなり道は険しいです。
      JETSなんて1回制覇してるだけでデカイ顔できますから、ブラウンズやらライオンズやらカーディナルスやら歴史はあるのに1度も制覇していないチームのファンの皆さまの我慢強さには尊敬いたします。
      (別にバカにしてるわけじゃないですよ。。)

      今回のパンサーズは残念でしたが、あれだけSBに到達するまで圧倒的な強さでも、SBという大舞台では別次元の強さを求められるということが、非常に分かりました。

      ブロンコスが勝てたのは、マニングやエルウェイといったSBに苦労した先人達の経験値もあるのでしょう。
      とにもかくにも、ブロンコスおめでとう!!

  7. 緑の飛行機 より:

    ブロンコス勝ちましたね。
    そしてやっぱり、ウェアとボンちゃんがやってくれましたね。しかもボンちゃんMVP。

    マニング引退でしょうかねぇ。確かにAFCの敷居は下がるかもですがAFC東の敷居は変わらない罠。
    あ、でもWC枠があるか(笑)

    来シーズンも楽しみですね。

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      世間の予想や私が応援したら負けるみたいなジンクスを吹っ飛ばして、見事にブロンコスが勝ってくれました。
      ボンちゃん、すげーです。

      私がブロンコスを応援していた理由の1つにマニングのようなプレーオフ常連さんが居なくなってくれたほうが、中堅チームのジェッツがプレーオフに行きやすくなるからです。
      いくらブロンコスを応援しても、ジェッツ魂はいつも共にありです。
      2016シーズンこそ、強力なOLBをゲットしてプレーオフに帰ってきてくれることを願っています。

  8. 11. より:

    Denver Broncosのファンの皆様、おめでとうございます。
    Von Miller、MVPおめでとう。
    Peyton Manning 、Last Rodeoを勝利で飾りおめでとう。

    Carolina Panthersのファンの皆様、次回こそ初優勝をして下さい。
    Cam Newtonはやればできる子だと思います。

    個人的にはOffence合戦でノーガードの打ち合いのような試合も好きですが、
    今回のような息の詰まるようなDefenceの攻防も目が離せず面白かったです。

    Bradyのbooingは西海岸の出身だからですかね?
    さっ、来シーズンの戦力の立て直しをしなきゃ‼

    1. JETS狂 より:

      11.さん>
      本当にTDパス無しでD#で盛り上げる玄人ごのみな内容となりましたね。これぞ節目の50回大会でしょう。
      ブレイディに関してはやっぱり空気圧問題かと思いますよ。もしパッツがSBで勝利してたら、出場停止を免れた空気圧問題の証拠隠滅がクローズアップされていたのかと思います。

      いろいろチームが動き出し、2016シーズン待ったなしですね。とにかくJETSはパスラッシャーが欲しいです。

  9. シアトルファンのしがない学生 より:

    長文記事ご苦労さまです!
    自分京都に住んでるんで神戸に行けばよかったと今ちょっと後悔してます笑

    それにしてもブロンコスやってくれましたね!!
    試合を通じてニュートンにあの笑顔を出させなかったブロンコスのフロントセブンは言わずもがな、それに加えて何度もファーストダウン更新かというパスをセカンダリーがしっかりとカバーしていたのも素晴らしかったですね。
    コルキットを始めとしたスペシャルチームも十分すぎる活躍でした。
    そしてなんといっても自分はペイトンマニングに痺れましたね。おっしゃる通りマニングは試合を通じていいパフォーマンスをしたとは言えませんでした。しかし、第4Q6点リード残り約7分のとき、少し前のマニングなら自分が勝利を決めるぞと言わんばかりに残りの時間を考えず3ドライブともパスを投げたでしょうが、今回のマニングは全てランでしっかりと時間を消費しました。そしてその後ボンミラーが試合を決定づけるファンブルフォースをしましたね。
    いくら衰えたとはいえ、NFL史上最高のパサーの1人であるあのマニングが恐らくキャリア最後になるであろう試合で自らのパスではなく仲間たちに勝負を託したことに自分はちょっと感動しました。

    あと、もう一つ噂で聞いたのですがSBの前日ニュートンたちはスタジアムであまり練習せずまだ自撮りをしていたらしいですよ。それに対してブロンコスは非公開の練習をしていて、その辺の準備の差というのも試合の行方を分けたと思ってます。

    それはともあれ、シーズンを通して楽しい記事を書いて下さってありがとうございました!
    来年こそAFCはJETSに頑張ってもらいたいですね
    今回のSBでやはりD#が強いチームがSBを制覇するということが証明されたので、トッドボウルズ率いるJETSには期待してます!

    1. JETS狂 より:

      シアトルファンのしがない学生さん>
      SBの記事だけは写真を多く使って、当時の熱を思い出しやすくしております。
      あとで見ると、小ネタまで詳細に記録してるので便利です。今回はニュートンが魅せてくれましたwww

      パンサーズが準備不足の話もよく出ますね。練習してないからスタジアムの芝に慣れるのが遅かったとか、プレーブックすら全く変えてないとか。
      勢いありすぎて、少年マンガによく出るセリフ「いつもどうりやれば勝てる!」とか、思ったのでしょうかね?そんなにSBは甘くないです。

      ブロンコスはSBで負けまくったエルウェイやマニングがいたからこそ、準備の大切さを死ぬほどわかっていたのでしょう。この経験差は大きいです。

      さて、JETS!来シーズンこそSB制覇して、スカッとブログを最終回しておくれ!!

  10. kazu より:

    面白いスーパーボウルでしたね。 パンサーズの監督のチャレンジ(パスキャッチか、いなか)あれはどちらでとってもよかったと思います。そのあとボンミラーのファンブルフォースからのDefenseがタッチダウンですから、あれから、FBのファンブル、FKのミスなどもあり、パンサーズはモーメンタムをとれませんでした。
     ですが、ディフェンスで締めるゲームで得点差も少なく面白いゲームでしたね。
     知らなかったですがトムブレィディ、ブーイングってちょっと笑えます。 常勝チームのQBで、妻ジセルブンチェンですし、完璧すぎますよ。
     あとハーフタイムショー豪華すぎでした。

    1. JETS狂 より:

      kazuさん>
      本当にD#が魅せてくれて、観戦会でも過去最高に盛り上がった内容でした。
      パンサーズも勝てるチャンスは何度でもあったのですが、神に見放されたとはあの事を言うのでしょうね。
      ハーフタイムショーも実に豪華で、日本のワイドショーは試合よりもハーフタイムショーの事ばかり。
      ブレイディは、ザマミロwww

  11. みきのり より:

    ニュートンは好きですが、今年すんなり優勝しちゃったら本当に傲慢な嫌われ者になっちゃうと思ったので、今回は敗戦を期待していました。
    タリブのフェイスマスクにはかなりイラッとして、一瞬ブロンコスに勝たせたくねえなあと思いましたが、ミラーとウェアのパフォーマンスにそんな気持ちは吹っ飛んで、最後まで歴史的なD#合戦を楽しむことが出来ました。
    それにしても、チョーシこいたニュートンにお灸を据えてやってくれとは思ってたけど、まさかあそこまで幼児退行起こしたように凹むとは思ってなかった。
    やっぱり優勝リングを手にするにはまだまだ未熟でしたね。
    これを糧に謙虚と寛容を身に付けて、誰からもリスペクトされる偉大なQBになって欲しいです。

    ところで最近のジャケットの撥水性はスゴイ。
    ゲータレードシャワーの余韻皆無www

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      私もニュートンがすんなりSB取ったらツマラナイ派です。これを糧にしてこそニュートンのキャリアが濃くなると思います。
      ニュートンって好きじゃなかったんですけど、今回のリアクション芸で好きになりました。これだけ分かりやすいヤラレキャラも珍しい。

      今回のゲータレートシャワーはカワイイものでした。
      第48回の極寒の屋外のニューヨークで、ピート・キャロルにぶっかけた時は老人を殺す気かと思いました。

  12. 山猫 より:

    D#合戦が好きな自分にはたまらないSBでした。(あと、ブレイディへのブーイングも)
    ブロンコスはスカウティングにも相当に力を入れたようですね。パンサーズO#をあれだけ封じ込めるとは思っていませんでした。
    それに対してパンサーズは対戦相手から変化がなかったと言われているようでは駄目でしたね。あれだけラッシュされていては何にせよ厳しかったかもしれませんが。

    既に言及されていますがニュートンにとっては今回負けたことは逆に良かったと思います。
    サイズ・スピード・パワー全てに優れたQBですから、大きな故障がなければもっと伸びていく選手でしょう。
    ダレル・ロイヤルの名言を胸に、強いメンタルを手に入れて劣勢のときでもチームを引っ張っていけるような超一流QBに成長して欲しいと思います。

    ぼちぼちドラフトの情報も出始めましたし、来シーズンの開幕が早くも待ちきれなくなってきました!
    JETS(と我がベンガルズ)に幸多きシーズンでありますように・・・。

    1. JETS狂 より:

      山猫さん>
      NFLの面白いところは単純な選手個々の力では勝てないという部分ですね。相手を研究し尽くせば互角以上の戦いができる、まさに戦争です。
      ラッセル・ウィルソンの時はSBに勝っていいと思いましたが、ニュートンはまだその器でない気がしますね。
      こういう経緯を経てSBを制覇してくれた方が、ファンも面白いです。
      ベンガルズは・・・お払いでもした方がよさそうですね。

  13. スパイガラス より:

    面白かったですね~。
    個人的にはトルバートの活躍を期待していたのですが、スチュワートがケガして頑張りすぎてファンブルロスト・・・残念です。

    お互いに強力なタレントが揃った試合だったと思いますが、ミラーとキークリーはやはり異次元の動きでしたね。この二人は本当に周りの選手が止まっているみたいに走り回っていましたね。
    ミラー、また禁止薬物じゃないだろうな?

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      ミラーのパフォーマンス、気になりますね。薬はブレイディの空気抜きと違って、確実に証拠が出ますから。
      これでまた薬やってたらMVP剥奪だけじゃすまないでしょう。
      クスリ、アカン!

  14. davout より:

    いや~、いい試合でした。
    両者の差は、いろいろなところで書かれているように試合に向けた準備の差だったでしょうね。自分たちのメインウェポンは守備であると理解し、相手チームを徹底的に研究し、確固たる自信をもってゲームに臨んだ。それをサポートするスペシャルチームも堅実に陣地を取り返し、相手を抑えてました。ノーウッドのパントリターンだけは怖いことするなーと思いましたが(苦笑)。

    あと、チーム力のピークにあったチームと、上昇途上のチームの差でもあったかも知れません。ニュートンは大一番でいろいろ出てしまった未熟さが取り沙汰されてますが、彼の成長がパンサーズの躍進を生んだのも事実。本場アメリカの方々も含め、今季パンサーズがSB出場するなんて本気で考えていたNFLファンがはたしてどれだけいたでしょう?彼らはまだこれからさらに先があるチームだと思います。「勢い」を「真の実力」に変えるのはこれからなのでしょう。

    対してブロンコスは、FAを迎える主力選手の数なんかを見ても、今季が現在のチーム作りにおけるひとつの頂点だった気がします。これだけの仕事をしたフィリップスDCにも、高齢が懸念されますが近い将来HCのオファーがないとも限りませんし。

    ともあれ、ワクワクする試合はしばらくお預けですが、各チームが来季開幕までにどう戦略を立て、編成してくるのか、あれこれ妄想するのもまた楽しいですね。

    1. JETS狂 より:

      davoutさん>
      どのチームも勝てる時期があり、ブロンコスはそのピークに達していましたが、パンサーズの快進撃は来シーズンも続きそうな予感がしますね。
      経験値を得たニュー・ニュートンに期待です。
      JETSも、今シーズンはいいところまで行くと思ったんですけどね~~。
      今後のドラフトやFAに乞うご期待です。

コメントを残す

CAPTCHA