【サーバー引っ越し】ロリポップ から Zenlogic(ゼンロジック) に引っ越しました。

引っ越しトラック
ためになるIT系な話

我がブログ「JETS狂の宴」はレンタルサーバーを引っ越しいたしました。

今日はそんなNFLと全く関係ない話です。

[SPONSORED LINK]

ロリポップ から Zenlogic(ゼンロジック) へ移動計画

10年もの長きにわたり「JETS狂の宴」は、Lolipop(ロリポップ)というレンタルサーバーで運用してきました。理由はとても安くて安定しているからです。

 

しかし近年は、たいしたアクセス数が無いのにサイトが見れなくなる現象が頻発していたので サポートに問い合わせたところ、「サーバーの負荷が高いのでサーバーを代えます。まっててね。」との事でした。

だが、最初に異常を問い合わせてからサーバーを変えるまで1週間以上費やし、それ以前に私も原因を調べたり、DBを掃除したり、プラグインを切りまくったり、サーバーのせいなのに原因を調べるのに かなり時間を費やしたのです。

 

「スタンダードプランでこんな現象が起こる上に、申告しないと解消してくれないし、申告してからも対応にかなり時間がかかる」

 

という点を不振に思っていたら、さらに事件が起こりました。いつのまにかロリポップのHPから名物の 『ロリポおじさん』 の姿が消えたのです。

調べてみると、メールでロリポおじさんから最後のお別れのメッセージが来ていたのを私はスルーしていたらしいです。

だが、その最後のメッセージの最後の意味不明な部分を縦読みすると・・・・

「たすけて」

なんと、ロリポおじさん はロリポップの何らかの陰謀にハメられて引退を余儀なくされたようです。

「ああ、長年頑張ってきたロリポおじさんにこの仕打ちとは、こんな酷い会社、もう信用できない」

と思い、私はロリポップから去る決断をしたのです。

 

そこで安くて良さそうなレンタルサーバーを探していると、X-server(エックスサーバー) と、Zenlogic(ゼンロジック)の2社が候補にあがったので、この2社のどちらかに「JETS狂の宴」を移動することにしました。

評判がいいが弱点があるX-server(エックスサーバー)

まず第一候補として建てたのが、昔から安定感がある噂をよく聞く X-server(エックスサーバー)

最初はその噂からX-serverに決めていたのですが、数週間のお試しでレンタルすると予想だにしない欠点があったのです。

それは1回サイトを作ったらドキュメントルートを変更できないのです!!

「そんなアホな事があるのか!?」と思って、X-serverに問い合わせたところ変更できません。代わりに低価格を提供してます」とのことでした。

 

「X-server 最高!」とか記事を書いてる人って、切り替えを考えたりせず、1回そこに立てたら一生固定でいいのでしょうか?ロリポップでも他のレンタルサーバでも当たり前だと思った事がX-serverでは不能ということで、やむえずX-serverは無しになりました。

いわくつきのZenlogic(ゼンロジック)、評価はいかに?

ということで、Zenlogic(ゼンロジック)を試すのですが、ちょっとIT業界に片足を突っ込んだ人なら知ってると思いますが、このサービスを提供しているファストサーバー株式会社は2012年にサーバーのバックアップも含めて全データを消去するという歴史に残る前代未聞の大人災をやっちまった会社なのです。

 

が、しかし事故から約3年半後の2015年から、それまで保有していたサーバーを貸し出すスタイルを廃止し、Yahoo! JapanのIaaS基盤を共通プラットフォームを利用するといういわゆるクラウドサーバーを使うスタイルに方針転換しています。

つまり、Yahoo!Japan にサーバーの運用を任せりゃ大事故にはならないということです。

 

Zenlogic(ゼンロジック)は調べてみると月に1回は障害が発生しているらしく、悪い評判もあります。しかし、それを差し引いて魅力的なのが月額890円で追加費用なしでSSLが使えるのです!!

Googleはサイトの常時SSL接続を推奨しており、SSLでないサイトはSEO対策でどんどん不利なるという世の中。私も「JETS狂を早く常時SSL化せねば!」と思っていたことも、サーバーを移行する理由でした。

 

悪い評判があるとしても、ロリポップだってスタンダードプランで障害に合いましたし、この値段でSSLサイトになるならば多少の事は目をつぶるのは仕方ないでしょう。

と、いう事でブログの運用しながら徐々にサーバーに移行計画を進めていき、この度は引っ越しに成功したのです。

 

実際にZenlogic(ゼンロジック)の使い勝手はどうかというと、管理画面はかなり使いやすいし、ちょっとした疑問もヘルプに全部書いています。

X-serverは管理画面が2つに別れていて、それぞれログインのアカウントが違う事がわずわらしかったので、Zenlogic(ゼンロジック)は余計に快適でした。

加えてZenlogic(ゼンロジック)は、チャットで担当者とやりとりができ、細かい質問にもキッチリフォローしてくれます。このチャットには非常に助けられました。

 

今のところ文句はありませんので、おそらく今後10年以上はZenlogic(ゼンロジック)でのブログ運用となります。当然、JETSがスーパーボウル制覇したら直ぐにお別れですけどね。

と、いうことで

JETS狂の宴も使っている Zenlogic(ゼンロジック) で君も今すぐブロガーだ!!

コメントを残す

CAPTCHA