【ブロンコス】オズワイラー、ブロンコスに帰還

ブロンコス オズワイラー
追いかけてきたので一応、報告

ツィッターで話題になり、もはや周知事項ですが一応オズワイラーを追いかけてきたので、記事にします。

ブラウンズをカットされたブロック・オズワイラーが古巣ブロンコスと1年契約を結びました。こんな事があるんですねぇ。

[SPONSORED LINK]

ブロック・オズワイラーがブロンコスと1年契約

これまでのオズワイラー物語

アイシールド21 花梨
あの日見たがっかりを、僕たちはまだ忘れない シーズン最後の集大成、怒りと失望の祭典「がっかり・オブ・ザ・イヤー」の時間がやってまいりました。 今回も前回を上回る915票もの投票
ブロック・オスワイラー トレード
テキサンズ、過ちを認める ロモのリリース通告の翌日、ロモの移籍先のニュースを待っていたら、もっと面白いニュースが報じられました。 なんとテキサンズQB”ブロック・オズワイラー
ブロック・オズワイラー 解雇
ある意味、期待を裏切らぬ プレシーズン最終戦が終了し、カットやトレードの嵐が吹き荒れる1週間となりました。 特に今シーズンから段階的なロースターカットがなくなり、この1週間でロ

 

改めて簡単に説明しますと、2012年のドラフト2巡でブロンコスに獲得され、生ける伝説のQB”ペイトン・マニング”の後釜としてブロンコスで育てられた”ブロック・オズワイラー”だったが、2016年オフにテキサンズが大金をはたいて彼を強奪。

しかし、テキサンズに移籍したオズワイラーは期待を見事に裏切り、低調なパフォーマンスを見せてシーズン中に先発降板の事態にまで発展します。

テキサンズは早々に見切りをつけて、2017年オフにオズワイラーをブラウンズにトレードします。

しかし、ブラウンズもトレードで手に入れたオズワイラーにシーズン開幕前に見切りをつけて、2017年のプレシーズン終了と同時にカットとなったのが、これまでの経緯でした。

 

もはやオズワイラーのNFLでのキャリアは終わったと誰しもが思った矢先に、なんと古巣ブロンコスが彼と再契約したというのが、今回のニュースです。

 

ブロンコスの事情として、開幕先発は”トレバー・シーミアン”に決定するも、バックアップである昨年ドラ1QB”パクストン・リンチ”が右肩負傷のため約1カ月は登板できないというトラブルが発生。

もとよりブロンコスにはQBが二人しかおらず、もしもシーズン中にシーミアンにトラブルが発生したらQB不在という致命的な状況になります。

困ったブロンコスに降ってわいてきたのが、オズワイラー解雇のニュース。

もはや過去のことは「さ、洗い流そ」ということで、オズワイラーはブロンコスと1年契約を結んで、めでたくブロンコスに帰還したのでした。めでたしめでたし。

 

オズワイラーの契約金に関しては、テキサンズと結んだ4年72M(保証36M)は、ブラウンズにトレードのさい16Mをブラウンズが肩代わりしました。

そして今回ブロンコスは最小契約額の$775,000でオスワイラーと1年契約したので、この額を16Mから差し引いた15.25Mをブラウンズがオズワイラーに払う事になります。

オフセット条項ってやつですね。

 

なってこったいブラウンズ!!。まぁトレードのさいにテキサンズからドラフト2巡ももらっているので、2巡を16Mで買ったという解釈でいいでしょう。

 

オズワイラーとしては別に働かなくても16Mもらえる立場ながら、ブロンコスに所属することでキャリア延命のメリットを獲りました。

 

たいして働かずとも、たらい回しにされただけでお金をかせぎ、結局古巣に戻ったQBといえば、元パッカーズのQB”マット・フリン”を思い出しますね。あの時のフリンバブルは凄かった。

 

さて、恒例の日本円換算コーナーです。オズワイラーが何もせずに稼ぐ16Mとは現在の日本円レート 1ドル=約109円で換算すると・・

約17億5500万円

はぁはぁ3兄弟

相変わらず、日本円にするとバカみたいな金額に唖然とします。

しかし、これがNFLなのです。

保存

保存

  1. Rainmaker666 より:

    もし、シーミアンが負傷してOsがQBとなったら、マイルハイはブーイングの嵐でしょう(DENファンはOsが出ていった時のことを忘れてない)。リンチが復帰するまで、シーミアンになにもないことを祈ります。

    1. JETS狂 より:

      Rainmaker666さん>
      オズは「もってる系」のようなので、出番があるかもしれませんよ。
      オズも出て行ったとはいえ、ビジネスなので仕方ない事です。ブロンコスもファンには心象悪いですがオズを戻すことが一番安くてコスパがいい策なのですから。
      オズ、許そう!悪いのはテキサンズの人事ということで!

  2. ふて猫 より:

    ブロンコスは丸儲けって感じですね。ブラウンズが年俸の大半を負担しているので、ラッキーですね。
    果たしてオズワイラーに幸は来るのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      たぶん来なさそうですね。リンチが復活したら捨てられそうな気がします。

  3. 海鷹ファン より:

    bullsさんのroad to nextシリーズで、オズワイラーの失敗についての分析記事が出てますね。
    要は致命的にスキームにフィットしないQBをGMが連れて来たのに、オズワイラーにフィットするスキームに変えることもしたかったため、必然的にこうなったと。
    リンチが復帰するまでに、出番ありそうですが、ブラウンズでのプレーを見る限り長所も消えてそうなので、首が繋がることはないんでしょうね…

    1. JETS狂 より:

      海鷹ファンさん>
      優秀なQBも活かすにはHCやOCとマッチするか次第なので、ブロンコスに居続けていたら問題の無い先発QBになっていたのかもしれません。
      あの長身ですから才能はあると思うのですが、なんせ繊細そうなので振り回され非難されているうちに才能を潰したかもしれませんね。
      マニングやファーブのように移籍しても結果をだせるQBこそ、真のエリートだと思います。

コメントを残す

CAPTCHA