HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【NFLドラフト2021】ジェッツのドラフト結果発表
2021年5月5日

【NFLドラフト2021】ジェッツのドラフト結果発表

PICKが増えてた

GW中、いろいろ作業がありましてブログの更新がかなり遅くなりました。すみません。

3日間にわたるドラフトが終了。当初、ジェッツの4巡以下のPICKは4巡1回,5巡2回,6巡2回でしたが、うまく増殖させて大量の選手を獲得しています。

それでは結果発表です。

[SPONSORED LINK]

ジェッツ1日目、2日目(1巡~3巡)

・1巡(全体1位):QBザック・ウィルソン(Zach Wilson) from ブリンガムヤング大学

・1巡(全体14位):Gアライジャ・ベラタッカー(Alijah Vera-Tucker) from 南カルフォニア大(USC)

ここでジェッツのドラフトの歴史を変える! 速報でお伝えしましたが、ジェッツはQB”ザック・ウィルソン”を獲得。 さらにトレードUP をしかける積極的な動きを見せました

・2巡(全体34位):WRイライジャ・ムーア(Elijah Moore) from ミシシッピ大

WRって長年当たり無いのよね ドラフト2日目のジェッツは、1巡全体14位へトレードアップするために3巡を2つバイキングスに渡したため、2巡目2位のPICKのみとなります。 その

ジェッツ3日目(4巡~7巡)

・4巡(全体107位):RBマイケル・カーター(Michael Carter) from ノースカロライナ大

 

4巡目に獲得したのは、ドラフトでは毎回獲得するも全くブレイクしないRB。

49ersからベテランRB”テビン・コールマン”を獲得していますが、”ザック・ウィルソン”を支えるためにランのさらなる強化も必要です。

RB“マイケル・カーター”は高校時代に膝を負傷するも2564yd獲得45TDを記録してUSAトゥデイ年間オフェンスMVPとクラス6 ミスターフットボールアワードを受賞。

その成績を引っ提げてノースカロライナ大に入りチームを引っ張るも2年の突起に手首を負傷もあいまってチームメイトのRB”ジャボンテ・ウィリアムズ”(同ドラフト2巡3位でブロンコスが獲得)に後れをとる形になりました。

特徴としては平均的なRBの運動能力を全て持ち合わせており、リードブロッカーとしても活躍できます。またリターナーとしても機能します。

弱点は、走行ルートに独創性が無く、加速もイマイチ。カットを繰り返すと息詰まる傾向があるとのこと。

毎回獲得しても記憶に残る活躍をしない、あまり期待せずに見守ります。

・5巡(全体146位):Sジャミアン・シャーウッド(Jamien Sherwood) from フロリダ州立大

S”マーカス・メイ”にフランチャイズタグを使うものの、S”ジャマール・アダムス”の穴を埋め切れていないSを補強。

シャーウッドは、積極にタックルに行くSS。TEをカバーするサイズとパワーを兼ね備えておりタックルも強烈。LBにコンバートしてもおかしくない選手です。

弱点としてはスピード不足と空中戦の下手さを指摘されており、体重を減らしてスピードUPを求められています。

・5巡(全体154位):CBマイケル・カーターⅡ(Michael Carter Ⅱ) from デューク大

 

「あれ!?ドラ4と同じ!?またジェッツ狂のコピペミスか?」と思った人は、ちょっと待ちなさい。

同じ”マイケル・カーター”でもこちらは2世であられます。

 

ここにきて泣き所のCBを補強。マイケル・カーターⅡはスロットをマッチするのに適したサイズとスピードを持つニッケルバックです。

デューク大ではキャプテンをやっておりリーダーシップにも優れていますが、弱点としてプレーに安定性がないことが指摘されています。

何にせよ泣き所のCB陣の層を厚くすることは重要です。

・5巡(全体175位):CBジェイソン・ピノック(Jason Pinnoc) from ピッツバーグ大

CB連続PICK.で”ジェイソン・ピノック”を獲得。

ピノックは身長とフィジカルを兼ね備えておりますが、冷静さに欠くところ弱点として指摘されています。

プレイアクションに引っ掛かりやすく、ミスが多い。WRと競り合う時のポジショニングを改善する必要があることを指摘されています。

まぁ、頑張れ。(適当)

・6巡(全体186位):Sハムサ・ナシルディーン(Hamsah Nasirildeen) from フロリダ州立大

https://www.youtube.com/watch?v=OQCKPJ4iw3A

難しい名前で、アナウンスから聞き取れた音声からして名付けます。

ナシルディーンもタックルが強烈なボックスセーフティーですが、弱点としてタックルミスの多さとカバーの甘さ、加えて2019年にACL断裂の負傷を負っている事で評価を下げています。

強烈なタックルでのファンブルフォース誘発に期待です。

・6巡(全体200位):CBブランディン・エコールス(Brandin Echols) from ケンタッキー大

とにかく下位はDBを取りまくり。またもCBを獲得です。

プロデイで40yd走4.35秒、垂直飛び42.5インチ(1.07m)を記録する運動能力と手の長さが武器のCB。

しかし、スピードがある分 細い体とフィジカルの弱さが弱点とされています。

・6巡(全体207位):DTジョナサン・マーシャル(Jonathan Marshall) from アーカンソー大

最後に獲得したのはDT。マーシャルは高校時代にバスケと砲丸投げの選手で、瞬発力に定評がありランブロックもパスラッシュにもこなします。

しかし、そもそもの技術が平均より低くアーカンソー大では先発を務めたのは1シーズンのみで、サック数はたった1.5回です。

ジェッツでチャンスを得て、さらなる奮闘に期待です。

総評

全体2位でザック・ウィルソンを獲得するのは予想どうりだったものの、もう1つの1巡と2巡ではCBやパスラッシャーを取るとされていた予想を覆して、ドラフト上位でO#、下位でまとめてD#を獲得するという分かりやすい結果となりました。

まぁ、ドラフト上位で獲得したCBやパスラッシャーに良い思い出はないので、結果だけ見ればこれで良かったと思います。

 

とはいえ、タレント不足のD#の薄さにはかなり心配ですね。今シーズンから復活する予定のLB”C.J・モズリー”は全くあてにしていませんし、S”マーカス・メイ”は平均点以上とはいえ、同期で既にシーホークスに移籍したS”ジャマール・アダムス”ほどのインパクトはありません。

ここはD#畑の新HC”ロバート・サラ”の手腕の見せ所となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 匿名 より:

    UDFAでもさらに色々と補強をしたみたいなので来シーズンが楽しみで仕方ありません

    1. JETS狂 より:

      匿名さん>
      そのあたりの動きも今後、アップする予定です。
      毎年、開幕を楽しみにして地獄に落とされますが、今シーズンこそ期待できそうです!
      (と、いう事も10年以上も毎年言っている気が)

コメントを残す

CAPTCHA


Top