HOME > NEWS > NEWS(2017-2018) > 【2017-2018:Week06】vs ニューイングランド・ペイトリオッツ(1)
2017年10月17日

【2017-2018:Week06】vs ニューイングランド・ペイトリオッツ(1)

ディフェンス

再三プレッシャーを与えるものの、やはりパスラッシュが弱い!サック0回でブレイディを捕らえる事はできませんでした。

かつ、ランをヌルヌルとやられて、いつもの弱点が足を引っ張りまくり。悪いところは予想どおり。

 

TE#87″ロブ・グロンコウスキー”にはもう1週休んでほしかったですね。存在感がハンパなく肝心なシーンでやられます。

しかし、SS#33″ジャマール・アダムズ”がグロンコウスキーと競り合ってインターフェアを取られたシーン、「グロンコウスキーの方が先にフェイスマスクしてね?」と思え、O#に限らずD#でも疑惑の判定がつきまといます。

 

WR#14″ブランディン・クックス”をカバーしたCB#21″モーリス・クレイボーン”も頑張っていましたが、ロングを止めれず93ydもレシーブを許しました。クックス相手なら仕方ないと見るべきかもしれません。サック0回のパスラッシュの方が戦犯です。

何にしろ、5秒ぐらい与えたらどこへでもパスを通すブレイディはやっぱり凄い。そこは認めよう。

スペシャルチーム

特にミスはなく28ydのFG1を1本成功。P#4”ラック・エドワーズ”も頑張りました。

リターンに関しては特に言う事なしですが、ミスが無くなるとビッグリターンが無いのが最近、不満になってきました。
人間、平和が安定すると欲張りになります。

総評

“トム・ブレイディ”が187勝目を挙げて、”ブレット・ファーブ”と”ペイトン・マニング”を超えてNFL史上最多勝利QBとなりました。当然、今後勝つごとに記録が更新されます。

すっきりしない試合でしたが、おめ!

それにしても、互角の勝負だっただけに勝ちたかった。序盤に14点もリードした時は噂どおりの脆弱パスD#に「これは勝った!」と思ったのですが、その後の肝心なところで1stDownを更新できず、パッツに盛り返されました。

1回目の直接対決に負け、暫定首位を明け渡す結果となりましたが、パッツに昨シーズンほどの強さが無いことも明白となりました。
なんとかジェッツも食らいついて、Week17の再戦が優勝決定戦になるぐらい盛り上げて欲しいところです。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 通りすがりのNEふぁん より:

    いつもblog拝見させていただいております。

    今回の判定はNEファンの私が見てもあーやられたなーバトラー頑張ったけどちゃんと持ってるなー
    ってレビューの間見ながら思っていたので、reversedになった時は非常にびっくりしました。

    今年のうちはこれくらい助けられないと厳しいっていうことも浮き彫りになってしまいましたが(苦笑)、
    今年は優勝候補と呼ばれてシーズンに入ったところがどこも苦戦してるようなイメージなので
    これからコーチたちが修正してくれることを祈りつつ応援します。

    week17がバチバチした、でもクリーンでいい試合になるといいですね。
    それまでのシーズンもお互い頑張りましょう!

    1. JETS狂 より:

      通りすがりのNEふぁんさん>
      TDが無くなり、いきなり20ydからパッツのO#が始まった時は「フッ・・ファァ!!?」と声にならぬ叫びをしました。
      パッツファンから見ても驚きの判定と言う事で、やはり誰が見てもおかしいという事がわかりました。ありがとうございます。
      Week17で雌雄を決するためにも、この先お互いに生き残りましょう!!
      (「いやいや、お前が言うな」という声が聞こえる)

  2. ふて猫 より:

    またもや疑惑の判定ですか?確かATLーDET戦でも同じような事があってTDを取り消された事がありましたね。
    何だかPATSの悪い流れがこの試合で変わるような判定ですね(そうあって欲しくはないですがね)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      DET戦の方が不可思議な判定だったと聞いています。ルールの穴をつぶすとまた新たな穴が出てくるという感じで、難しいですね。
      この判定以前に流れはパッツでしたが、ここで同点にすればモメンタムを取り返していただけに悔しくて仕方ないです。
      審判に言いたいのは、TDだと思ったらTDでいいでしょって、事ですね。

  3. HJ より:

    タイトルにありますが、Lionsファンとしてはあるある判定ですね。怒
    このプレー何回見てもTDにしか見えません。無茶苦茶ですわ。
    NE、GB、PITには昔から審判が優しすぎますね。しかし田舎のDETならともかく大都会NYのチームのホームでの試合であの判定するとは相当もらってますな、あの審判。

    こういう不公平本当にやめてもらいたいですね。
    TJ LangはLionsにきてからGBではホールディング取られなかったものも取られる、と言っているようですが、ずるいですわ、こんなの。
    すいません、愚痴になってしまいましたわ。

    1. JETS狂 より:

      HJさん>
      いや本当に審判が強豪に傾きすぎですね。
      スパイ、空気圧に飽き足らず、審判まで操作するとは何たる事でしょう。
      公然で審判に1ドル札を差し出していたオチョシンコがかわいく見えます。
      ガン撲滅よりも、不正撲滅をスローガンに戦いましょう。

  4. ツヨシ より:

    私も何度かみましたが
    あれはTDだと思うな…
    悔しいな

    1. JETS狂 より:

      ツヨシさん>
      そうなんですよね。最初に「ファンブル」と判定してのレビューならまだしも、これでTD判定からTD無効&タッチバックで攻守交替の意味が分かりません。
      野球ならノーアウト3塁からヒットを打ち、ランナーがベースに滑り込んでチェンジみたいなアホみたいな現象です。
      ノーモアー誤審、ノーモアー誤審!

  5. マタ より:

    いつもblog楽しみにしております
    今回の判定は酷いですね…。
    チャレンジやレビューでの解説では判定が覆るには、覆すだけの明確な証拠が無いとならないという話をよく聞くのですが今回のはそれが無いような気がします
    今年もトップリーグとは思えない判定が多いですよね

    1. JETS狂 より:

      マタさん>
      コメントありがとうございます。ぶっちゃけ「おい、どうみてもファンブルだろ!」とか言われないかビクビクしてましたが、誰が見てもおかしいですよね。
      「明確な証拠」というのは、誰が見ても納得できるものであり、これだけグレーなプレーは明確で無いと思います。
      審判の眼球を全員取り替えたい気分です。

  6. OAK46 より:

    ったくボクシングと言い、9割方以上が “そりゃ無いやろ” ってな疑惑の判定がその競技をアカンくしますね。
    スポーツバーで一緒に観戦してた人達は口々に”コリャベガスからの指令やで”と言っておりましたが…(英語ででっせ)

    おかげさまで勝たせては頂きましたが,スッキリせん試合でした。

    1. JETS狂 より:

      OAK46さん>
      おっしゃるとおり、ボクシングの方が酷いですけどね。村田君は今週末に再戦とのことで、KOでボコボコにしてくれることに期待してます。
      外人さんたちも「こりゃベガスからのお達しで、おまっ!」(英語)と言っていたとのことで、万国共通で「ありえへん」事態であることを知る事ができました。
      なんかAFC東って、パッツを勝たせるための地区みたいに思えてきて、今週はダークな気分を抱えて過ごすことになりそうです。

  7. kt より:

    この試合に限らず今年は審判の裁定がひどい。
    特にサイドラインジャッジが、あまりにもひどい。なんかあったのか。
    まぁ今年はそういう年だと思って観戦してます。
    誤審というのは全チームに降り注ぐものですから。

    しかし勝ちたかったですね。悔しいでしょう。わかります。
    うちの身内は、悔しい試合が出来てる事を喜びなさいよと仰いましたが。
    思ったより戦えてると、人間欲がでてくるんですよね。
    良い試合してるだけに、試合後のなんともいえないあの感情。

    誰かサンフランシスコを助けてください。
    更新お疲れ様でした。

    1. JETS狂 より:

      ktさん>
      今まで疑惑の判定って人ごとのように見ていましたが、これが自分の推しチームに降りかかり、かつ勝敗を分けていた可能性があると、非常にツライ。
      いきなり、TDしたはずの得点が消滅してパッツがO#始めたとき、新手のスタンド使いの攻撃を受けたのかと思いました。
      どうせパッツはシーズン後半に鬼のように強くなるのですから、せめてこの試合は勝たせて欲しかったです。

      49ersといえば、ジェレミー・カーリーをカットして頂いてありがとうございます。彼がいなけりゃ、今頃全敗だったかもしれません。
      「49ersを助けて」と言われても・・・・キャパニックをもう1回取りましょか。

  8. よし より:

    今週の試合は、レビューになったのに関わらず、ひどい判定になることが多かったですね。

    オフィシャルから細かく、このビデオのここが駄目だから、駄目とか言ってもらえたらまだ良いかもしれませんね。

    それはそうと、APが活躍したと聞きその試合を見ていたところ、ある人をハッケンバーグしました(゚Д゚)

    フィッツが試合出てるーーー

    ほんとすごい選手です。(もちろんフィッツジェラルドの事ではございません。)

    1. JETS狂 より:

      よしさん>
      ダメな理由を説明されても判定が覆る絶対条件が「明白な証拠」なので、これが判定が覆るほどの理由に見えないため、納得いかない次第です。
      多くコメントをもらいましたが、判定に納得してる人はいないようで、心強いです。
      フィッツパトリックの強運(?)はすさまじいですね。デビューから公式戦全部出ているウィンストンすら交代させますから。
      しかしながら、ウィンストンは来週は出れそうなので、もうちょっと様子見です。

  9. ケイトー・ニンジャ より:

    この試合観ていました。
    14-0となるTDの際に、NFL見始めてから初めて片方のチームの為に「やった!」と思いました。これまで自分はライトファンなので正直「NFL自体がスゲー!!」と思っており、どちらかに肩入れするというよりは負けてる方を「延長戦になればもっと見れるのに」と応援するレベルでした。それだけにJETSの負けは残念です。

    しかし件のプレイ、とりあえずTD成立前にジェンキンスが空中でジャッグルしていたと仮定して、それがなぜいきなりパッツボールのタッチバックになるのかが自分にはよくわからなかったです。

    1. JETS狂 より:

      ケイトー・ニンジャさん>
      それも不思議なんですよね。普通にファンブルでサイドラインから出ただけなら敵陣1ydからジェッツのO#で再開するところが、エンドゾーン内からボールが出た事になってしまいタッチバックでパッツボールになったんですよ。
      判定が覆るにしても2重もジェッツに不利な覆り方をしたところも、怒りポイントです。
      思い出しただけでも、ハラが立つ!
      あの審判、袋叩きにしたるタイ!(by キャプテン翼)

      1. ケイトー・ニンジャ より:

        自分の壊滅的な英語力なりに探して翻訳を試みました
        http://www.foxsports.com/nfl/story/jets-touchdown-turned-touchback-clear-to-nfl-headquarters-101617
        こちらによるとジェンキンス選手は
        ”we have a fumble” ファンブルした後、
        ”never regains control of the football while contacting inbounds, so in that sense, by rule we have a touchback.”
        ボールがインバウンドにある間にボールを再確保できなかった、よってタッチバックとなる
        とのこと、要するにタッチダウン成立前にファンブルし、エンドゾーンのアウトオブバウンズに左ヒジが付いてから確保し直したということのようです。
        ただ、このサイトの別稿(ブックマークし忘れました)には、残念ながらかぶぱさんご指摘の通りパッツのD#陣は「あれはタッチバックだ」と即座に言っていたようです。

        1. JETS狂 より:

          ケイトー・ニンジャさん>
          やっぱタッチバックなんですかね。1回ボール確保して地面にボールを全くつかずコントロールしてる時点で「ファンブル」というには違う気がして仕方ないですが。
          サイドラインギリギリのTDにこんなリスクがあるとは思ってもみませんでした。
          ファンブルだとしても一度TDと裁定した事も考慮して、残り1ydからという裁定にせめてしてほしかった。
          審判もパッツD#に煽られてタッチバックにしたのでしょうか。いかんせん、微妙な上に状況をひっくり返すような判定は考慮してほしいです。

  10. かぶぱ より:

    誰が見てもTDのように「見えた」
    でも一番間近でプレーしている選手達はそうではなかったようですね。
    NEのDB陣かなり派手に抗議してましたから、それなりの確信があっての事。
    で、レビューされた上で判定が覆された。
    「誰が見てもおかしい判定」ではありません。
    メガトロンやデズブライアントのキャッチ取り消しと同じ。

    ま、ついでに言うなら「最初から負けるつもりでシーズン始めたチームがちょっと勝っていい気になるな!
    勘違いするな!大人しく負けて来年のドラフトに備えとけ!」って事でしょう失笑

  11. 呪い より:

    また先発QB殺したぞ、フィッツパトリック。またネタにできたな

    1. JETS狂 より:

      呪いさん>
      記事にしようかと悩みましたが、来週ウィンストンが復帰するらしいので、もうしばらく見てみます。

  12. YM5 より:

    リアルタイムで見ていて確実に確保してエンドゾーンには入ってないしTDはなしかな、とまでは思っていましたが、タッチバックでターンオーバーというのはまさかのかさまでした。

    ファンブルで出たボールがエンドゾーンを割ればタッチバックというのはPHIがARIの選手にやっていますが、あれは完全に証拠があってので問題なし。
    ちなみに、Week3のNYG戦でもデズルールのお陰で完全に確保していない、お腹から落ちてはダメというルールのお陰で助けられました。(FOXがTOUCHDOWNと出てもすぐにインコンプリートと叫んだ実況のジョー・バックと相手に着いていたラスール・ダグラスは分かっていたようですが)

    今シーズンのPHIはこういうプレーに助けられている感はありますが、不満でも審判の判定が全てですからね。

    元審判の方が試合中に多分解説していると思いますが、言われて見ればASJがファンブルした(これは文句なし)ボールを「確保出来てないまま」エンドゾーンを割ってるようにも見えるんですよね。
    それならタッチバックだし、あと3ヤードくらい前でこういうプレーが起きていればファンブルだろうが何だろうが大した問題にならず、何の問題もなかったんですよね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      タッチダウンはギリギリ無効もありとしても、タッチバック扱いの方が衝撃かつ最悪でした。
      まぁ、人によって見方はいろいろ変わるので、水かけ論になりそうですが、どうせならTD判定で後で「TDじゃないんじゃない?」という議論の方が好ましいです。

  13. GENO より:

     疑惑の判定、審判のミスで終わってからあの判定は間違ってたねごめんね~関係はライオンズを追っかけていればもう慣れっこですよ。嫌なことに…

     自分とこの試合を観ながら他の試合はTwitterでチェックって流れで、最初NEとNYGのスコア逆になってるよってコメントで見かけて、お!NEの地区優勝阻止あり得るぞ!ってなってしばらくしてからきちんとスコア見たら間違ってないじゃん…ってなりましたね。

    そして今年のロジャースの破局からの骨折。案の定のフィッツさんの出場。今年本当に呪われているのは誰なんでしょうね。

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      ケガ人が多くNEも苦戦している今シーズンですが、ブレイディが呪われたと言いつつも なんやかんやでSB2連覇しそうで怖いです。
      なんとしてもAFC東の他のチームは結託してパッツの地区優勝を阻止せねば、マッデンさんに恥をかかせてしまいます。
      ウィンストンは次週は出場できるみたいで、フィッツパトリックはまだ本領発揮ではなさそうです。

  14. ブレイベルファン より:

    NEファンですが、毎週更新を楽しみにしています。
    確かに今回の判定は疑問でした。明確に判定を覆すだけの材料では無かったのかもしれません。
    もしかしたら、倒れ込む前後でボールを確保している腕が左から右に変わっていたことを、確保していない証と捉えたのではと推測しています。
    モヤモヤするのは、レビューアと審判の間のやり取りが明らかになっていないからかも。
    別スポーツの話で恐縮ですが、ラグビーだと映像で確認したとき両者のやり取りも放送されるので、視聴者も割りと納得です。
    NFLもそう出来ませんかねぇ。

    1. JETS狂 より:

      ブレイベルファンさん>
      コメントありがとうございます。
      理屈ではごにゃごにゃ言ってるのですが、こっちからしたらTDで同点がファンブル&タッチバックの攻守交替という天国から地獄の最下層まで突き落とされる判定に、ショックは隠しきれないです。
      まぁ今では、これもスーパーボウルで見たパッツの不屈のプライドが生み出した現象として、飲み込みました。
      まだシーズン半分も過ぎていないですが、勝率5割は開幕前の予想より上出来なので、今後のJETSに期待します。

  15. 昔のロゴで出ています より:

    個人的に後味の悪い勝ち方の一番が疑惑の判定がらみで、
    二番目が相手のキッカーのイージーミスだと思っとりましたが
    2週続きでしかもJetsさんがらみとは。
    ニック・フォークさんはJetsの頃から好きな選手だったので
    見ていて気の毒で・・・

    ところでNFLのオフィシャルレビューはTVやスタジアムに
    流れてる映像だけでなされるのでしょうか?
    先日MLBを見ていたら、牽制でランナーの足が離れたかどうかが、
    レビューとなり、現地解説によれば放送以外の2台のカメラの映像で
    判断し、しかもタッチした一塁手の手元を写した映像と、ランナーの足が
    一瞬離れたところを映した映像が電子的に完全に時間の同期が取れているため
    アウトとなったそうであります。
    すげーなーと思う反面、どこまでいっちゃうんだろう?とも思いました。
    一昔前の『審判も人だからミスする、それもゲームの内である』という
    のがちょっと懐かしくなりました。

    1. JETS狂 より:

      昔のロゴで出ていますさん>
      レビューは今回からコマンドセンターに一任して、審判は相談する程度らしいので何を根拠にしてるか分からないですね。
      今回のは微妙過ぎて、理屈うんぬんより「1回TDって言ってるからTDでいいんじゃね」ぐらいの人間らしさは欲しかったです。
      そうすれば、今頃首位に・・・ああ。。。

  16. モーモーパラダイス より:

    この試合、スタジアムで観戦しとりました。。
    もしや、人生はじめて目の前でペイトリオッツがJetsに負けるかもと期待大で大盛りあがりしておりましたが、まさかまさかの涙も出ない結末。
    あのファンブルをはじめとして、ホームなのに厳しいコールが多く本当に残念です。
    ファンブルのあと、Jetsファンの騒ぎっぷりもすごかったのですが、その後のペイトリオッツファンの「ブレィディ」コールの大合唱はそれを上回るものがあり、それが一番こたえました。。。
    一生Jetsを応援すると誓った一日になりました。
    Jets狂さんについていきます。

    1. JETS狂 より:

      モーモーパラダイスさん>
      うやらましき現地観戦!しかし、本当に残念です。やっぱり現場のファンも怒りが凄まじかったでしょう。
      しかし、それを超えるブレイディコールって何なの!!!?ファンですらホームで負けてる!?
      まだまだシーズンも前半戦、この悔しさをバネに頑張って行きましょう!
      現地からの取材、お疲れ様でした!

  17. KY より:

    はじめまして、いつも楽しく見させていただいてます。

    あの判定については、どうも「ルールブック上は正しい判定」で、誤審というわけではないみたいですね。
    TDラインを越える前にボールが浮いて(この時点でコントロールを失ったとみなされる)、ボールを持ち直したがコントロールを再確保する前にサイドラインを割ったのでタッチバックということらしいです。

    とはいえ見ている側としては常識的に納得できないのも確かなので、昔のTuckRuleを思い出しました。あれも見た目にはどう見てもファンブルなのに、ルールブック通りに判定するとパスモーション中でインコンプリートになるというものでしたし。

    個人的にはファンブルしたボールがゴールエリアのサイドラインを割ったらファンブルした地点から再開にすればいいと思うんですが、なにかできない理由があるんですかね?
    ゴールライン以外で前にファンブルしたボールがサイドラインを割ったらそうなってたはずですし。

コメントを残す

CAPTCHA


Top