2015年7月6日放談:なでしこJAPAN、大敗。(女子サッカーワールドカップ決勝)

やっぱ見るならNFLだよね

こんにちワシントン条約。放談の時間です。

女子サッカーに興味は無いのですが、女子サッカー・ワールドカップ決勝が朝8時スタートという、私には見やすい時間帯なので観戦しました。

[SPONSORED LINK]

早々に4失点で、勝負は決まり

決勝戦の対戦相手はアメリカかつ、会場はカナダということで、スタンドの9割はアメリカファンの日本にとっては超アウェー。

そして2大会連続優勝というプレッシャーに飲まれたか、日本は前半16分までに4失点して、この時点でほぼ勝敗は決しました。

アメリカ代表の身体能力の高さもありますが、やはりNFLでも良くあるモメンタムの部分が大きい内容でしたね。
4点目のロングシュートなんて普通は許さないプレーでしょう。焦りで前のめりになったところへの一撃でした。

 

しかしながら、NFLで例えると第1Qで4ポゼッション差(約28点)開いた事になるのですが、NFLの場合は序盤で4ポゼッション差なんて、まだまだどうなるか分からない点差です。

まだ記憶に新しい絶望的な状況からの逆転勝利といえば、2013シーズンのプレーオフ1回戦の コルツvsチーフスでしょう。

リンク:Wild Card1:チーフス vs コルツ

後半開始直後のラックのINTで、38-10 と、コルツが28点差ビハインドの絶望的な状況に追い込まれました。

しかし、ここからコルツがハイペースに点を取り返し、結果は44-45 でコルツが大逆転勝利。
チーフスがもっと時間を潰す策を取っていれば逃げ切っていたと思うのですが、消極的にならず逆に攻めた事がアダとなりました。

 

2014シーズンでは シーホークスがパッカーズ相手に 普通に考えたら敗北の状況から、ミラクルプレーを連発して、延長にもつれ込み、そして大逆転勝利。

リンク:Conference Championships -NFC-:パッカーズ vs シーホークス

この試合は、当ブログ名物の がっかり・オブ・ザ・イヤー2014 の第1位となりました。

 

サッカーだと、3点差以上開くと見る気が一気になくなりますが、NFLはこういう大逆転劇があるからこそ、絶望的点差でも最後までエキサイティングして見れるスポーツなのです。

サッカーと違う この側面が非常に中毒性があり、ハマる人はどっぷりハマってしまう要因かと思います。

 

しかし!だからこそ真に絶望的だと、サッカーよりも絶望感がハンパない試合もありました。それが大試合なら特に。
(´;д;`)

リンク:SUPER BOWL XLVIII(スーパーボウル48)

  1. YM5 より:

    日本のマスゴミがうるさいし、山田暢久の一件があって以来日本は応援しない事に決めていますが、アメリカが準々決勝で敗れたオランダの分までやってくれました。(2大会連続で準決勝でドイツに勝ったチームが優勝というのはJETS狂さんにとって少し嫌なジンクスですね)

    あと思ったのは、NBAやNFL、更にはシーズン真っ只中のMLBのチームや選手が熱狂する中で日本は全く盛り上がっていない。
    僕もオランダが勝てば見ようと思っていたのである意味同類ですが、いくら女子の代表が頑張ってもそれが日本サッカーの発展に繋がらない、4年前と何も変わっていない事が証明されましたね。

    NFLの悲しいデータで、スーパーボウルの国別視聴者数で日本はワーストに近いそうで、アジアでも断トツ最下位で人口が多いインドや中国、ハインズ・ウォードという英雄のいる韓国に負けるのはともかく、ティーボウの生まれた国だけどフィリピン以下ってどういう事よと思ってしまいました。

    日本もRG3が生まれた国だけど、間違っても母国の英雄としてウォードに次ぐ東アジアのNFL人気を支える存在にはなれそうにないですね。

    スーパーボウルを制覇して、日本の生んだヒーローとして総理を表敬訪問するRG3は見たいけど、イーグルスに移籍した場合でない限りウチが負けた事を意味するから絶対に嫌ですね!(JETSならまあ許しますw)

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      日本は所詮、島国。まさにガラパゴス。やはり英語の壁が厚いのでしょう。
      まぁ、誰もスーパーボウルに興味がないので、私が毎年、同じような日に有給とってもバレないし、こんなブログを書いて たまに顔出しても、何も起こらないので個人的にはこの状況がいいです。

      今回の女子サッカーに関しては、なんせ最近は暗いニュースしかないので、ここで1発スポーツで明るいニュースがあればいいと思い、女子サッカー決勝をLIVEで応援しようかと思ったわけです。

      とりあえずNFLに関しては、純粋な日本人選手が誕生しない限りは、光は見えなさそうです。

  2. あっくん より:

    はじめまして?

    NFLって、野球以上にルールが複雑すぎる
    感じがする。
    あと、身体能力的に、野球&MLB以上に
    ハードルが高すぎかと。

    サッカーの件は、アメリカ人って北米大陸
    だと、異常な力を発揮する人種かと(笑)
    良くやったと思いますよ~なでしこは。

    ちなみに、男子サッカーの方は、アジア
    二次予選敗退の危機ですわ。マスゴミは
    あまり言わないけど。

    管理人さん的に、今年のジェッツの補強
    は納得されてますか?

    1. JETS狂 より:

      あっくんさん>
      NFLは頭脳戦の要素もかなり強く、1プレー内に複数の反則が発生するスポーツなので、ルールの複雑さは世界一ではないでしょうか。
      身体能力の面でも全米一の人気スポーツだけに、バケモノが集まってしまうわけで、日本人には敷居が高いです。

      男子サッカーはまだ1分けなので、まだまだこれからですね。私は今の代表監督に期待してますよ。

      JETSの補強の納得感は半分ですね。CB陣が最強なのにSに不安。WRをそろえた分RB陣にスラッシャーが不足など、不満を言ったらキリがないですが、そのような状況はどのチームも同じでしょう。
      しかし、QBが最大の不安です。

コメントを残す

CAPTCHA