【2017-2018:Week14】vs デンバー・ブロンコス

デンバー・ブロンコス ジェッツ ジョシュ・マッカウン
いろいろオワタ\(^o^)/

さぁ!プレーオフに希望をつなぐブロンコス戦。なんせブロンコスは弱りきって現在8連敗中。こりゃ先週チーフスを倒したジェッツの圧勝が見れるわ!・・・と思っていたら大事な事を忘れてました。

今シーズンのジェッツはロードにメチャクチャ弱かった。

ギャッフン!ヽ(゚Д゚)ノ

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

2017年 12月 10日

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ジェッツ

0

0

0

0

0

ブロンコス

10

3

7

3

23

 

オフェンス

スコアをご覧のとおり

完封負け

です!!

ランはたった59yd、パスそれを下回る41ydです。そう!足して丁度100yd(Net Yards)にそろえてみました。

初っ端からQB#15″ジョシュ・マッカウン”のファンブルロストでブロンコスにモメンタムを掴まれ、さらにQB#15″ジョシュ・マッカウン”が体を張ってスクランブルで敵陣に入るも、タックルされた際に立ち上がれなくなり、一旦QB#09″ブライス・ペティ”に交代。

ペティが1stDownを更新してもOT#68″ケルヴィン・ビーチャム” のイリーガルフォーメーションでパー

その後、QB#15″ジョシュ・マッカウン”は復帰するも、進まぬO#に業を煮やして必殺のWR#11″ロビー・アンダーソン”へのロングはFS#26″ダリアン・スチュワート”にINTされパー

 

そして先日、お伝えしたとおり第3QにQB#15″ジョシュ・マッカウン”がスローの際に左手を体とヘルメットに挟まれる形で骨折し、シーズンエンドしました。

ジョシュ・マッカウン ニューヨーク・ジェッツ
今シーズン、QB倒れすぎ! QB"カーソン・ウェンツ"のシーズンエンドをお伝えしたばかりですが、JETS狂の宴なのでジェッツの悲報もご報告します。 QB”ジョシュ・マッカウン”

後を2回目の登場となるQB#09″ブライス・ペティ”に任せます。

プレシーズンは調子が良かったペティちゃんでしたが、レギュラーシーズンの終盤なんてプレシーズンに比べたら選手らのギアが2~3個上がっている別世界。ペティちゃんはギャンブルなのにオーバースローするわ、スラントでターンボール投げるわ、レシーバー陣と呼吸が合わず沈黙。

極めつけは第4QにOCも白旗上げて、23点差ある状況で これまで通用していないランを多めにコールして自ら時計を進め、最後はタイムアウトを残して試合終了。

逆転する芽が無くペティまでも潰されない配慮だとしても、ちょっとファンに失礼じゃないか?

それにしてもブロンコスD#はマジで堅い。CB”アキブ・タリブ”とCB”クリス・ハリス”のリーグ屈指のCB達にWR#11″ロビー・アンダーソン”が奮闘するも、自由にはさせてもらえず本日はわずか27yd。カースなんて4ydです。

パスラッシュもOLB#58″ヴォン・ミラー”を中心に強力で、OLはなかなか時間を作れませんでした。

なんで、8連敗したんでしょ。
(´ε`;)ウーン…

ディフェンス

QB#13″トレバー・シーミアン”はそんなに良くなくとも、要所でWR#88″デマリアス・トーマス”へパスを通されます。

チーフス戦と同様に、WR#10″エマニュエル・サンダース”へのロングをCB#41″バスター・スクライン”が阻止すると、「あ~~チーフスと同じようにやっぱスクラインは無視だな」という感じで、それ以降は他のDBとのマッチアップばかり狙われます。

今回もダメダメだったのがCB#21″モーリス・クレイボーン”。ロングパスを許しTDパスを許し、そしてミスタックルと完全にカモられました。

むしろ反則王だったものの、ここ2試合でほぼカメラで大写しにならないCB#41″バスター・スクライン”がシャットダウンコーナー化したのは唯一の収穫です。

 

しっかし、1発TDを許さないためにドラフトでSを徹底的に強化したハズなのに、なぜロングがポンポン通るねん!!ヽ(`Д´)ノ

サック数もわずか1回で、点差以上にQB以外のポジションで実力差を見ました。

で・・

なんで、8連敗したんでしょ。
(´ε`;)ウーン…

スペシャルチーム

大事件なのがLS#42″トーマス・ヘネシー”が第1Qでブロックに巻き込まれ負傷退場。

LSが不在という前代未聞の珍事に襲われます。代役はなんとTE#83″エリック・トムリンソン”。

彼のおかげでパントは出来たのですが、やっぱり本職LSに比べたらボールが山なりで遅く、いつブロックされてもおかしくない状況でした。やっぱLSは必要です。

 

FG無しでパントを8回蹴りましたが、いつも自陣深くから蹴るので敵陣20yd内は0回。この与えるフィールドポジションの悪さも完封負けを手伝いました。

総評

♪完ぱ~~い今、君は人生のぉ~~、オッ大きな~、オッ大きなぁ~~♪

D#崩壊&完封負け&QB破壊の敗北3連単に私の精神も崩壊しつつあります。

しかも相手は8連敗中だった絶不調の相手です。まぁ、この実力じゃあこの後3試合はどうせ全敗でしょう。

 

マッカウンは現地火曜日にIR入りし、完全なるシーズンエンド。空いたロースター枠はにPSから引き上げたRB”Akeem Judd”で埋めます。

そして、次週のセインツ戦はペティちゃんが先発となります。プレーオフ出場にまだ希望はあるとしても、確率はゴミみたいなもの。もうジェッツもシーズンエンドと諦めて良いでしょう。

さようなら2017シーズン。
ヽ(・∀・)ノ

しかし、ペティちゃんがセインツを倒せば評価が一気に上がるチャンス。ついでにパンサーズファンとファルコンズファンは万々歳。

やってしまえペティ!最後までなんとか盛り上げろ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    ひ、ひでえ…。(;´д`)
    ブロンコスの現状を勘案すると今シーズンワーストゲームではないでしょうか。マッカウン退場も含めて。

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      文句無く手も足も頭も何も出せずに完封負けのワーストゲームです。
      しかも相手のQBはフランチャイズでないどころか、フランチャイズ系中華料理レストランみたいな名前のQB相手ですよ。
      (バーミヤンのことです)
      マッカウンに関しては常にどこかで負傷して交代するとは思っていましたが、こんな試合で一矢報うことなく下がってしまうとは、非常に残念。
      残り3試合は来期のQBオーディションとなりました。
      今シーズンもお疲れ様でした。

  2. ふて猫 より:

    確かにこの試合はシーズン最悪の試合でしたね。弁解の余地はないですね。デンバーは何故8連敗したのでしょうか?NFLは不思議なスポーツですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      全く持って不思議です。デンバーのシーズン8連敗より、戦力の均衡を保つ施策があるのにパッツによもや地区優勝9連覇リーチになる方が不思議です。
      事実は小説より奇なりです。

  3. アノニマス より:

    まだスピンオフネタ考える時間は3週間ほどありますので頑張ってください!パッツとブラウンズは戦力均衡システムの敗北の象徴でしょうね。

    1. JETS狂 より:

      アノニマスさん>
      なぜかジェッツがプレーオフに行けなかった罰ゲーム的な風習になってしまったスピンオフ。
      もうちょっとプレーオフ出場チームが決定してから、考えます。
      言っておきますけど、私のは呪いじゃないですよ。

  4. ラムチェック坊や より:

    セインツファンですが来週はアウェイで今シーズンディフェンスもよくマカウンが良いジェッツということで心配でした。マカウンは好きな選手なのでケガしたのはすごい残念です。セインツとしてはマカウンがいないのはかなりオフェンスの脅威が減ると思ってますが、前のTNFで8人ケガ人が出たので誰が復帰できるかわかりませんが油断はできないですね。ちなみにセインツのぼくが思う今の弱点は、レッドゾーンターゲット不足(レシービングTEがいません)、ビッグランを許す、ゾーンカバーでビッグプレイを許す、などでしょうか。

    1. JETS狂 より:

      ラムチェック坊やさん>
      何を心配しているのでしょうか。ジェット機がネギしょってやってきますよ。
      あとは煮るなる焼くなり好きにして料理してください。セインツO#なんてカマラにハンドオフしてるだけで勝てるんじゃないですかね。
      ブリーズ様のお手を汚すまでもありません。
      (もはや自暴自棄)

コメントを残す

CAPTCHA