【2017-2018:プレビュー】次世代育成モードのWeek15

セインツ sexy
スーパードームで勝った記憶なし!

勝つと思っていたブロンコスに敗れて、もはやシーズンエンド同様のジェッツ。

ここに来て相手はNFC南の首位争い真っ最中のセインツ。ああ、ブロンコスに勝っておけば楽しい試合だったのに。。

どこでどう間違えたのでしょ?
(´・ω・`)

[SPONSORED LINK]

事前情報

・QB”ジョシュ・マッカウン”がプレイヤーコーチ

→ブロンコス戦にて左手骨折でシーズンエンドしたQB”ジョシュ・マッカウン”がプレイヤーコーチとして若手にアドバイスを与えます。

残り3試合、若手が貴重な実線で学んでくれる事に期待です。

・WR”ジェレミー・カーリー”が4試合ぶりに復帰。

→完全に無視しちゃってました。WR”ジェレミー・カーリー”が不正薬物による4試合出場停止から復帰します。

実は出場停止が決まった時いつから停止なのか明確でなく、出場停止になったのがミスって敗因となった後からでしたので、干されたと勘違いしてたフシもありました。ゴメン。

・ブロンコス戦、途中で勝負を捨てたのは、ペティの擁護

試合レポートで紹介したブロンコス戦でのOC白旗事件。

デンバー・ブロンコス ジェッツ ジョシュ・マッカウン
いろいろオワタ\(^o^)/ さぁ!プレーオフに希望をつなぐブロンコス戦。なんせブロンコスは弱りきって現在8連敗中。こりゃ先週チーフスを倒したジェッツの圧勝が見れるわ!・・・と思

これに関して海外でも同じように疑問視され、OCの”ジョン・モートン”に残り11分もあり23点差でなぜ時間を潰しにかかったかを質問したところ、「もはや手遅れで、悪い事を起こしたくは無かった。」「もはや勝つチャンスは無かった。」「ペティもその決定に否定しなかった」との事。

やはりペティを擁護するための白旗を上げる行為でした。

 

うーーん、バックアップとて第4Qに10分以上あり、まだ3ポぜッション差ならば最後まで勝つために最善を尽くすのが当然じゃないでしょうか。勝てばプレーオフ出場の可能性は十分にあった重要な試合です。

先発QBがいなくなったら白旗投げてシーズンエンドさせるぐらい甘やかされたQBがジェッツの将来を担えるのか、非常に不安です。

[追記2017/12/16]モハメド・ウィルカーソン、謎の欠場

最新ニュースで、セインツ戦の遠征にDE”モハメド・ウィルカーソン”が帯同しないことが分かりました。

これはHC”トッド・ボウルズ”の決定であり、健康上の理由としてますが、実際はウィルカーソンは遅刻の常習犯でチーフス戦は先発を外され、それ以降もフロント陣と確執があります。

ウィルカーソンは2015年シーズンに12サックを記録する活躍により2016年7月に5年86Mという巨額の契約を結びましたが、それ以降は28試合で8サックしか記録してません。契約がかかったシーズンは奮闘して、契約が決まると堕落する悪いケースです。

ウィルカーソンが2018年の3月までロースターにいれば、16.57Mを支払う事になるので、それまでにジェッツはウィルカーソンをカットすることが予想されます。

かつては、WSAのハインズワースさんといい、金を持つと一気に劣化する選手がいますが、まぁチーム状態から100%非難することはできません。

インジャリーリスト

・発表され次第、更新。

どうなる セインツ戦

ジェッツの先発QBは”ブライス・ペティ”なので攻撃力は期待できません。

勝利するには、どれだけD#が踏ん張ってロースコアに持ち込みつつ、タイムコントロールできるかにかかっています

 

ここ2試合、DBの弱さが目立ってロングパスでやられていますが、それもHCやDCが未だにビルズ戦やパンサーズ戦で成功したラッシュ主体のD#に味をしめている感があり、それがアダとなってWRとCBの1vs1の状況でカバーできていないシーンが目立ちます。

D#はもっとスピード主体のダイムを多めに使うべきでしょう。相手はイングラムやカマラなどパワーがあるRBを要していますが、最近のジェッツのランD#なら多少ランでやられても、パスカバーに比重を置いた方が傷は浅いでしょう。

ランはいざとなれば強力なDL陣が止めれますが、パスばかりは相手エースWRとの1vs1で止めれる要素がありません。特にWRが粒ぞろいのセインツ相手ならなおさら。

スピードのあるDBの人数を増やし、ブリーズのパスを1本でも防いで勝機を見出すしかありません。

繰り返しになりますが、ペティのO#は期待できません。しかし、プレシーズンで見せたキレが戻ればある程度は点が取れると思います。

 

しかし、私の最大の不安はST。最近、STがリターンのD#でミスしまくっていますが、今回セインツのリターナーは「るろうにリターナー」こと”テッド・ギンJr”。

そう、かつてギンちゃんがドルフィンズ時代に、ジェッツは彼に2シリーズ連続でリターンTDを食らうという最悪な事件がありました。

もうギンを見るたびにトラウマが蘇ります。STは冷静にリターンを止めてくれることを願います。

 

もはやプレーオフに出場できないとしてもラスト3連戦はプレーオフ出場がかかっている強豪相手ばかり。そやつらの足を思いっきり引っ張って、「ジェッツ ここにあり!」と爪あとを残す事に期待です。

今週の勝利への金言

結局、2シーズン連続でハッケンバーグの出番なしか?

以上

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    今までスーパードーム(@セインツ)で勝った事がないのでしょうか?D#が踏ん張って接戦に持ち込むことしかないようですね。もう開き直るしかないみたいですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      もともとNFC相手で対戦機会が少ない上に前はメットライフで試合してますから、なかなか@セインツはないですね。
      ブレイディすら今年初めてタンパに行ったぐらいですから。(以前のバッカニアーズ戦はロンドンゲームだったせいもあり)
      残り3戦の相手がプレーオフ候補というのが、まだ試合を見るモチベーションになります。

  2. John rider より:

    テッド・ギンが児ポで捕まったのかと…

    1. JETS狂 より:

      John riderさん>
      そっちの「るろうに」ではありません。いや、もはや「るろうに=児ポ」という悲しい図式になりました。
      なんでこうなったかなぁ~~。

  3. ツヨシ より:

    ハッケンバーグ試さないようですが、
    来年どうするですかね?
    ドラフト?

    1. JETS狂 より:

      ツヨシさん>
      長年使えるフランチャイズQBを得ることが最重要課題なのですが、OCはマッカウンを気に入っている上に、去年のドラ2を全くつかわないカオスな状況で良く分かりませんね。
      OLの補強も重要ですし、ドラフトはOLが有力な気がします。
      いずれにせよ残り3試合のペティの出来がドラフトや来年の先発QBの選定に大きく左右されるのは間違いないでしょう。

  4. GENO より:

     ライオンズがプレイオフに行くためには、セインツ、ファルコンズ、パンサーズがこの先の勝利にかかってるので、(彼らと直接対決で負けているので)、何としてもセインツをやっつけて欲しいです。
     ファルコンズ、パンサーズの失速に期待を移したのは小声で…

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      とりあえずWeek15はベアーズに勝利してなによりです。
      そしてジェッツの仕事はセインツを止めるのみ!結果を楽しみにしていてください!!

      1. GENO より:

        こっちの勝利へのお言葉ありがとうございます。 
        なんと心強い!期待してます!さっきの小声は聞き流してください!

        1. JETS狂 より:

          GENOさん>
          しかし、期待していけません。なんせJETSですから!

コメントを残す

CAPTCHA