【ペイトリオッツ】元スティーラーズのLBジェームズ・ハリソンを獲得

ジェームズ・ハリソン カット スティーラーズ
もちろん狙いは情報

先日、スティーラーズの重鎮LB”ジェームズ・ハリソン”が解雇されたニュースをお伝えしましたが、なんとプレーオフで最大の敵になるペイトリオッツと契約しました。

[SPONSORED LINK]

LBジェームズ・ハリソンがパッツ入り

前回の記事:

ジェームズ・ハリソン カット スティーラーズ
嘘だと言ってよハリソン プレーオフ争いも佳境に入りましたが、衝撃のニュースが報じられました。

LB”ジェームズ・ハリソン”は、スティーラーズで今シーズンわずか5試合で38スナップしか出場しておらず、先のペイトリオッツ戦では出番はありませんでした。

そして、先日スティーラーズをカットされFAになったのですが、この度ペイトリオッツが獲得したとのことです。現時点で詳細な契約内容は分かりません。

 

ペイトリオッツの今シーズンのサック数は38回でこれはリーグ12位の成績。ハリソンに求められるのはサック数のUPよりも、ずばり今シーズンの終盤までスティーラーズに在籍していただけにスティーラーズの最新情報でしょう。

 

スティーラーズとペイトリオッツはすでに地区優勝を決めて、さらに1回戦免除も決まっています。

まだワイルドカード争いが残っていますが、今シーズンの他のチームの成績から考えて、AFCチャンピオンシップでこの2チームが激突する確率は100%に近いと思います。

ここでペイトリオッツがスティーラーズの最新のプレーブックの情報を手に入れるとしたら、ペイトリオッツは情報戦でスティーラーズのかなり上に行くことになります。

スティーラーズ側はペイトリオッツに情報が渡ったと考えたら、これまで培ってきたプレーブックを捨てなくてはなりません。

全選手への伝達は簡単にはいかず、これまで固めてきた連携に亀裂が生じることは十分にありえるでしょう。

 

プレーオフが始まる前に情報戦でも心理戦でもイニシアチブを取ったペイトリオッツ。

これがお前らのやり方か!

補足として、”ジェームズ・ハリソン”のロースター枠を空けるために、元ジェッツの2014年ドラフト7巡のLB”トレバー・ライリー”がカットされちゃいました。

戻っておいでライリー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    ロドニー・ハリソン、ワシントン、ディロン、セアウと実績あるベテランを使いこなすことに長けているN.E.だけに情報戦に留まらない恐れもありますね。

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      パッツに入るとだいたいの選手がパワーアップしますね。それこそリーグ最強チームに入ったプライドと誇りが強くするのでしょう。
      ジェームズ・ハリソンもプレーオフで起用されて活躍するのか注目です。

  2. ジョビジョバ より:

    チャンピオンシップで古巣とのビッグマッチもあるかもですね
    ブレとの2ショットで、やっと俺より先輩のチームメイトが!って喜んでるハリソンかわいい

    1. JETS狂 より:

      ジョビジョバさん>
      ブレイディって、よく考えるとロスリスバーガーやアーロン・ロジャースよりオッサンですね。
      見た目からコントロールもできる恐るべき自己管理能力です。

  3. しろにゃんこ より:

    ペイトリオッツはサック数はぼちぼちあるのですが、ドルフィンズ戦で荒稼ぎしていて、全体的にパスラッシュは物足りない印象です。
    また、DEは若手ばかりな上にフラワーズも故障で本調子でなく、LBも怪我人(ハイタワー、カイル・ヴァン・ノイ)が続出で、全体的にデプスがスカスカです。
    他方で、ハリソンは出場機会がもらえなくて不満を持っていたようですから、お互いにニーズがマッチした感じですね。

    1. JETS狂 より:

      しろにゃんこさん>
      パッツのパスラッシュも決して強くはないので、情報のみならず3rdDown-longのパスラッシャー要員としての起用もあるでしょうね。
      ハリソンがロスリスバーガーをサックしたら、なかなか感慨深いものがあります。「
      プレーオフ前からいろいろ面白くしてくれます。

  4. おかべさせ より:

    こうなるのミエミエだったのに。PITも下手打ったと思うんですが。

    二重スパイであって欲しい!(ToT)

    1. JETS狂 より:

      おかべさせさん>
      その説は薄いでしょうが、マジでスティーラーズの策略だったとしてら、恐ろしいですね。
      そのような見方もできたりするのが、NFLの魅力の1つだと思います。

コメントを残す

CAPTCHA