HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【ブラウンズ】ブラウンズ大改革。ドルフィンズ、ビルズ、パッカーズの4チーム間トレード
2018年3月10日

【ブラウンズ】ブラウンズ大改革。ドルフィンズ、ビルズ、パッカーズの4チーム間トレード

もう何が何だか・・

ブラウンズが激しいトレードを行いました。ラムズに感化されたのでしょうか?

[SPONSORED LINK]

ブラウンズ、ドルフィンズWR”ジャービス・ランドリー(Jarvis Landry)”をトレードでゲット!

まず、ブラウンズ最初の動きがドルフィンズWR”ジャービス・ランドリー”をトレードで獲得しました。

ドルフィンズが得る見返りは ブラウンズの2018年ドラフトの4巡、2019年ドラフトの7巡です

 

WR”ジャービス・ランドリー”といえば先週ドルフィンズがフランチャイズタグをつけたばかりで流出を引きとめるハズだったのですが、予想外にあっさりとトレードが成立しました。

ブラウンズ、ビルズQB”タイロッド・テイラー(Tyrod Taylor)”をトレードでゲット!

続けてブラウンズはなんとビルズのQB”タイロッド・テイラー”を獲得しました。

ビルズが得る見返りはブラウンズの2018年ドラフト3巡です。

 

ご存知QB”タイロッド・テイラー”はビルズをプレーオフに導くものの、フランチャイズQBとして能力を疑問視されていた選手。

2017シーズン中には先発をバックアップのQB”ネイサン・ピーターマン”に交代する事件もありました。
(そして、ピーターマンは前半5INTで大爆死 !∑(゜ Д゜))

Nathan Peterman ネイサン・ピーターマン
こんなにダメなのは初めてだ 失速を止めるべく、先発QBを”タイロッド・テイラー”からQB”ネイサン・ピーターマン”に交代したビルズ。 しかし、その期待は大きく裏切られる事になり

 

ビルズとしてはテイラーがプレーオフに導いたとはいえ、2018年のチーム構想にテイラーは無く、あちこちトレード話を持ちかけていたのでしょう。

それにブラウンズが食いついたのだと思われます。

ブラウンズ、パッカーズから”ダマリアス・ランドール(Damarious Randall)”を獲得し、代わりにQB””デショーン・カイザー(DeShone Kizer)”をトレード!

そしてブラウンズの次の動きは、パッカーズ2015年ドラフト1巡(全体30位)のCB”ダマリアス・ランドール”を獲得し、代わりにブラウンズ2017年ドラフト2巡QB”デショーン・カイザー”をパッカーズへ引き渡しました。

現時点で、このトレードにドラフトのPICKが含まれるのかは不明です。

まとめ

動きすぎて非常にややこしい事態になりましたが、この一連の動きをまとめるとこうなります。

 

ブラウンズ

  • QB”タイロッド・テイラー”(FROM:ビルズ)
  • WR”ジャービス・ランドリー”(FROM・ドルフィンズ)
  • CB”ダマリアス・ランドール”(FROM:パッカーズ)
  • ドラフトPICK?(FROM:パッカーズ)

ドルフィンズ

  • 2018年ドラフト4巡、2019年ドラフト7巡(FROM:ブラウンズ)

ビルズ

  •  2018年ドラフト3巡(FROM:ブラウンズ)

パッカーズ

  • QB”デショーン・カイザー”(FROM:ブラウンズ)
  • ドラフトPICK?(FROM:ブラウンズ)

 

そして、ブランズは2018年ドラフトの全体1位と4位をキープしたままです。

全体1位でRB”サクオン・バークリー”を指名し、テイラーの獲得は4位で獲得する新QBを育成する間のつなぎ、かつ、頼れるバックアップという見かたができます。

なんせテイラーはビルズでのRB”ルショーン・マッコイ”とのコンビネーションを見てのとおり、強いRBと組むと勝てるQBなのです。

徐々にブラウンズの狙いが明らかになってきましたが、これらの契約が成立するのはあくまで現地3月14日以後になります。

それまでに「やっぱやーめた!」となる可能性もあるところが注意です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ファイヤーマン・エドのファン より:

    更新おつかれさまです!
    他チームがこれだけ動くと、意味もなく焦ってしまいますね!

    個人的には是が非でもカズンズを獲得してほしいと思っていますが、ミネソタ行き濃厚な様子。

    ぜひジェッツ狂さんの、補強プラン〔妄想〕を聞かせていただきたいです!

    1. JETS狂 より:

      ファイヤーマン・エドのファンさん>
      私の補強プランですか。。ドラフトQBは失敗を繰り返しそうなので、やはり中堅ベテランが望ましいのですが、カズンズがバイキングスを取っちゃうとなると、代わりにキーナムをよこせという感じですね。
      一応、バイキングスの躍進に貢献し、オール・オア・ナッシング(ラムズ編)でいい人そうだったので。
      ブリッジウォーターとサム・ブラッドフォードはいりません。
      それよりハッケンバーグに1回公式戦出てほしいです。OC代われば何か変わるかもしれません。プレで1回才能の片りんを見てしまった以上、このまま消えるのは惜しいと思います。
      本当にJETSは問題が多すぎて、悩みます。

  2. 江戸川橋博士 より:

    DEマイケル・ベネットはシーホークスからイーグルスへトレード。
    CBアキブ・タリブはブロンコスからラムズへトレード。
    どちらも元バッカニアーズの選手、かつDEとCBはバッカニアーズの
    補強ポイント。う~ん、何だか・・・。

  3. ふて猫 より:

    今年は今のところ派手に動いていますね。むしろ本番はこれからのようですがね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      FA解禁と同時にキャップスペースを一番保有するJETSがまずどう動くかがみものですね。
      また予想をナナメ上にいく動きをすると思います。

コメントを残す

CAPTCHA


Top