HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【悲報】日本アメフト界の父「後藤完夫(ごとう・さだお)」さん、死去
2018年4月10日

【悲報】日本アメフト界の父「後藤完夫(ごとう・さだお)」さん、死去

後藤完夫 ごとうさだお
大いなる喪失

突如、舞い込んだ悲報です。

アメフト専門誌「TOWCHDOWN(タッチダウン)」を創刊者かつ、長年G+のNFL解説に携わってきた後藤完夫さんがお亡くなりになりました。

[SPONSORED LINK]

後藤完夫(75)氏、死去。

後藤さんは最近はめっきりG+の解説で見ないと思っていましたが、近年は体調を崩されていたようで、2018年4月9日に東京都新宿区内の病院でお亡くなりになりました。75歳だったとの事です。

 

後藤さんは1960年、慶應義塾高等学校にて友達に誘われアメリカンフットボールを始めてその魅力にとりつかれ、慶應義塾大学へ進学後もプレーし続けました。ポジションはRBだったとの事です。

大学を卒業後は一般企業に就職するも、アメリカンフットボールの魅力を日本に広めたい思いで1970年にアメフト専門誌「TOWCHDOWN」を創刊。

当初は苦戦するも、徐々にアメリカンフットボールの認知度が広まり、教育テレビで始まったNFL番組「全米フットボール」の解説を担当。つまり、日本のアメリカンフットボール解説の第一人者でした。

 

1989年にモンタナ人気により巻き起こったNFLブームにより、NFLを専門とした「TOWCHDOWN NFL」(現在「TOWCHDOWN PRO」/ TOWCHDOWNと共に休刊中)を創刊。

NHKと日本テレビ系のNFL番組で解説も務め、長年に渡りNFLファンに親しまれてきました。

 

 

オードリーが入る前のNFL倶楽部のレギュラーもつとめ、G+で試合を解説する姿は非常に温和で、ニコニコしながら丁寧かつ独自の情報や理論も交えつつも、分かりやすく的確でした。

そして、心から試合を楽しんでいる姿が視聴者にも伝わる素晴らしい人でした。好きな解説者だっただけに非情に残念です。

 

いちNFLファンとしてご冥福をお祈りいたします。
そして、ありがとうございました。

後藤完夫 ごとうさだお オードリー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. habyu より:

    アメフトを愛されてることがにじみ出ることで後藤さんに並ぶ解説者はいなかったと思います。
    ご冥福をお祈りします。

  2. vinta より:

    悲しい。
    解説が丁寧、何でこうなったのかをちゃんと説明してくれる人だった。スターリンが禿げたらこんな感じなんだろうなと、ロシアの小説を読みながら思った。
    天国にタッチダウン。。

  3. #12 より:

    お若いのに残念です。
    浄土(天国)から我々を見守ってくださるよう祈念します。

  4. 昔のロゴで出ています より:

    私にとって、フットボールの偉大な先達だっただけでなく
    『好きなこと』を生涯の仕事とすることの喜びと
    困難と気概とを教えてくださった方でした。
    天国のフィールドが永遠に緑でありますように・・・

  5. KAWA より:

    残念です。
    いつも貴重な情報をありがとうございます。

    ところで、モンタナが活躍したのは、20世紀後半だと思います。
    すいません。細かいところが気になって仕方がない性格なもんで。

    「TOWCHDOWN PRO」/ TOWCHDOWNの復刊は無理ですかね?

  6. ふて猫 より:

    本当に残念ですね。ご冥福をお祈りします

  7. ぱい より:

    >1898年にモンタナ人気により巻き起こったNFLブーム

    1898年はカーディナルスの前身チームがシカゴで創設された年ですね。さすがにモンタナは産まれていないかな。

    1. JETS狂 より:

      ぱいさん>
      おもいっきり1989年と間違えました。ご指摘ありがとうございます。
      JETS狂の宴はみなさんの力で成り立っております。

  8. しゃこ より:

    「アメリカンフットボール最大の魅力は、筋書きのある番狂わせである」
    後藤さんの名言です。
    (一字一句正確ではないかもしれません。あしからず。)

コメントを残す

CAPTCHA


Top