HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【またも史上最高年棒額更新・ファルコンズ】QBマット・ライアン、5年150Mで契約。
2018年5月4日

【またも史上最高年棒額更新・ファルコンズ】QBマット・ライアン、5年150Mで契約。

マット・ライアン ファルコンズ 最高額 年俸
成績、落ちるぞ

先日、“カーク・カズンズ”がNFL史上最高額の年棒を手に入れたとお伝えしましたが、早くも記録更新です。

ファルコンズQB”マット・ライアン”がさらに上回る契約をGETしました。

[SPONSORED LINK]

ファルコンズQB”マット・ライアン(Matt Ryan)”、5年150Mで契約延長

QB”マット・ライアン”は2013年に6年103.75Mで契約され、今シーズンがその最終年になっていましたが、この度は5年150Mという破格の契約がされたと報じられました。

 

単純計算で1年30Mの年棒を得る事になります。これを現レートの日本円(1ドル=約109円)に換算すると・・・

1年、   約32億7000万円
∑(゜ Д゜) 

2017シーズンはレギュラーシーズンでパスを529回投げたので、2018シーズンも同じ回数パスを投げるとするならば、パス1本が約618万円となります。

 

2016シーズンにファルコンズはスーパーボウルに到達し、ペイトリオッツ相手に第3Qまで3-28 という大量リードでスーパーボウルを制覇したも同然の状況から世紀の大逆転負けを演出します。

ファルコンズファン

 

参考記事:

スーパーボウル51 マット・ライアン トム・ブレイディ
OVER 今シーズンも波乱ずくめだったドラマもいよいよファイナル。 その対戦カードは、QB”トム・ブレイディ”の開幕4試合出場停止や、TE”ロブ・グロンコウスキー”の離脱など試

 

そのショックからか、”マット・ライアン”の2017シーズンは1試合によってレーティングが上がったり下がったりの不安定なパフォーマンスでしたが、チームをプレーオフに導きました。

 

ちなみに、最近の最高年棒額の経緯は以下になっています。

  • マット・ライアン(ファルコンズ):$30M*
  • カーク・カズンズ(バイキングス):$28M
  • ジミー・ガロポロ(49ers):$27.5M
  • マシュー・スタフォード(ライオンズ):$27M

 

しかしながら、史上最高額で契約したQBがその後、それ以上の活躍したケースを見た事がありません。

 

さらに注目すべきが次に契約が控えるパッカーズのQB”アーロン・ロジャース”。2017シーズンは負傷のため、パッカーズは久々にプレーオフ出場を逃しましたが、ロジャースのおかげでパッカーズはプレーオフ常連チームとなりスーパーボウルを制覇しました。

キャリア的にも今回の”マット・ライアン”の契約額がロジャースの契約に影響するのは明らか。果たしてロジャースの契約はいかに!?

おまけ:これまでの最高年棒更新シリーズ

KirkCousins カーク・カズンズ バイキングス
カズンズのクセに生意気だ ジェッツのニュースを書くべきなのですが、先にみんなが大好きなお金のニュースをお伝えします。 ジェッツが逃したQB”カーク・カズンズ”がバイキングスと凄
やだ、私もらいすぎ~ オフです。しかしブログのリニューアルの他、個人的にもやることはたくさんあり暇ではありません。 しかし、息抜きの遊びは必要です。
immy Garoppolo ジミー・ガロポロ
49ers復活の時か? 元ブレイディの後継者”ジミー・ガロポロ”が予想通り49ersと長期契約を結びました。ハンパない金額で。
マシュー・スタフォード 契約最高記録更新
契約額の吊り上げあいの果てに・・ 長い間、ライオンズファンが気になってしかたなかったスタフォードの契約問題に決着がつきました。 果たしてレイダースQB”デレク・カー”の史上最高
デレク・カー
プレーオフで1回も投げてなーい あと数年でラスベガスに移転予定のレイダースにおいて、まさにラスベガス級の景気のいい話が飛び込んで参りました。 QB”デレク・カー”が年平均でQB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. GENO より:

    マシューはアトランタに豪邸を買って今度はライアンの大型契約、どいうことはアタランタの不動産はライアンを客にするための獲得争いが繰り広げられるでしょうね(笑
    そして、大きくニュースにはなっていないんですけどロジャースは去年二度目のIR入りの時に怪我したわけじゃないのにリスト入りさせたことが問題になったりなかったり(ロスター枠を空けるならロジャースをいったん解雇になるべきだった)本来はルール無視行為なんでもっと大事になる話なのになと、僕の仲間内ではそう話してました。
     史上最高額で契約したQBがその後~あたりの話題には目を背けます(笑けど、次はATLでSBですから期待はしたいですよ

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      ロジャースは完治していないのに無理して復帰しためスローがおかしかったという指摘もありましたが、ケガと認められずロースター枠をあけるためにIRに入れたんですね。
      逆に脳震とうを隠してブレイディがプレーしていた話もあり、負傷の詐称による問題って、どの程度の問題なのかピンとこない部分があります。
      とにかく2018年はガロポロ、カズンズ、マット・ライアンの3名のパフォーマンスは特に注目ですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top