HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【またも史上最高額更新】QBカーク・カズンズがバイキングスと契約
2018年3月18日

【またも史上最高額更新】QBカーク・カズンズがバイキングスと契約

KirkCousins カーク・カズンズ バイキングス
カズンズのクセに生意気だ

ジェッツのニュースを書くべきなのですが、先にみんなが大好きなお金のニュースをお伝えします。

ジェッツが逃したQB”カーク・カズンズ”がバイキングスと凄い金額で契約いたしました。

[SPONSORED LINK]

QB”カーク・カズンズ(Kirk Cousins)”、3年84Mの史上最高額でバイキングス入り

バイキングスがカズンズと契約した内容は3年で84M(現レートで約89億円)。つまり、単純に1年で・・・

年28M(現レートで約29億6千万円)!
(・ω・ノ)ノ!

そう、この金額は先日お伝えしたQB”ジミー・ガロポロ”が49ersと契約した1年27.5Mを超えて、史上最高年俸のトップなのです。

 

 

あのQB”ブレット・ファーブ”ですらバイキングスとの契約額は2009年は12M、2010年はその功績から16Mに引き上げたのに、プレーオフに1回しか出ていないどころか意味不明なニーダウンをするカズンズにはいきなりその10M以上の契約なので、意味が分かりません。

 

他にもQB”ドリュー・ブリーズ”の2年50M(平均 年25M)はまだ許せるとして、QB”サム・ブラッドフォード”がカーディナルスと年20M。ブロンコスと契約したQB”ケース・キーナム”が2年36M(平均 年18M)。そして先日お伝えしたジェッツと契約したQB”テディ・ブリッジウォーター”が1年15Mとのことで、QBの契約額がガバガバになっており、全額保証ではないにしろ実績と金額が全くあっていないのは明らかです。

 

来年、契約延長で行うであろうQB”アーロン・ロジャース”との契約額にパッカーズGMは夜も震えて眠れないでしょう。

 

とにかく「ブリッジウォーター以外はみんな失敗してしまえ!!」というのがジェッツファンの本音であります。

関連記事

Teddy Bridgewater テディ・ブリッジウォーター
これでQB問題解決? FA解禁となり、本格的に2018-2019シーズンがスタートしました。 動きが目まぐるしすぎて全くついていけていませんが、まずはこのニュースから。
immy Garoppolo ジミー・ガロポロ
49ers復活の時か? 元ブレイディの後継者”ジミー・ガロポロ”が予想通り49ersと長期契約を結びました。ハンパない金額で。
マシュー・スタフォード 契約最高記録更新
契約額の吊り上げあいの果てに・・ 長い間、ライオンズファンが気になってしかたなかったスタフォードの契約問題に決着がつきました。 果たしてレイダースQB”デレク・カー”の史上最高
デレク・カー
プレーオフで1回も投げてなーい あと数年でラスベガスに移転予定のレイダースにおいて、まさにラスベガス級の景気のいい話が飛び込んで参りました。 QB”デレク・カー”が年平均でQB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    随分と景気の良い契約ですね〜果たして来シーズンは、どのような結末を迎えるのか楽しみですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      逃した方としては大失敗&キーナムがブロンコスで活躍という未来を期待してます。
      ジェッツは完全に方向性を見失いましたので。

コメントを残す

CAPTCHA


Top