【2017年:DAZN問題】いよいよJリーグ開幕、DAZNは大丈夫か!?(追記あり)

DAZN Jリーグ
「DAZN、ドイツでもデマ?→日本大手サイトの記事が削除される編」を追加

※これまでのあらすじ
リンク:【必見】話題の DAZN(ダゾーン) を契約してみた
↑の続編ですが、長くなったので別の記事にしました。

Jリーグ開幕目前。DAZNが気になる時期がやってきました。実は、前からちょっと気になっていたことがあります。

そもそもDAZNはヨーロッパで展開しており、それにはドイツも含まれています。そしてDAZNはブンデスリーガ―を全試合放送しています。と、いうことは日本よりもサッカーには熱狂的なドイツでブンデスリーガ―を放送できるDAZNにとったら、日本でJリーグを放送するなんて問題にもならないのでは?

[SPONSORED LINK]

 DAZN、ドイツ国内ではブンデスリーガ―を放映権を持っていない編

この件に関して、以下のようなニュースがありました。

リンク:Jリーグ放映権取得のDAZN、ドイツでの評判は? ブンデス放送はなし…配信トラブルで不満も

この記事によると、DAZN はドイツにおいてのブンデスリーガ―の放映権を『Sky』という別の配信会社に握られており、一部の例外を除きハイライトしか放送していないとの事で、DAZNはドイツでは圧倒的な人気のSkyの陰に隠れているのです

 

さらにプレミアの「リバプール対マンチェスター・ユナイテッド」の配信で、アクセス数が一気に上がったため、トラブルで配信が上手く行かず苦情が殺到しました。

なぜプレミアリーグの試合なのに、ドイツでアクセスが殺到したかというと、リバプールの監督が元はブンデスで人気のあった”ユルゲン・クロップ”だったとの事です。

つまり!冒頭でお伝えした私の考え「ドイツでブンデスを放送しているのだから大丈夫」説は間違っていました。ダゾ~~ン!

NFLプレーオフ放送でのDAZNの感想

しかし、さすがにDAZNも日本でサービス開始当初の問題を放置していないと思うので、現在、プレーオフでヒートアップしているDAZNでのNFL観戦の感想を集めてみました。

やはり視聴している環境に左右されるようで、感想は様々です。あとビッグマッチほど配信に力をいれるなど、その試合の人気ぶりでも配信のクォリティが左右されるという、不人気チームのファンである私にとってはありがたくない事になっています。

帰ってきたDAZNの闇 編

このブログにもDAZNに関して、未だに続々とコメントを頂いており、皆さんのDAZNに対する意見を拝見しています。

 そして、その中からまたもDAZNの闇を公開します。
DAZNに興味があったけど』さんからのお便り

DAZNのサイトのよくある質問の”配信コンテンツについて”では、
>また配信予定のコンテンツについては、番組編成の都合により、
内容が変更になる可能性がございます。
なんて書いてありますが、Englishを選択してみると、
>※Please be noted that not every game for 
every event will be available and some events 
won’t be available for certain regions due to rights restriction.
ってハッキリ書いてありますね。
「内容が変更になる可能性がある」というのとはだいぶニュアンスが違います。

この英語、直訳すると『「注意しろ。全試合が見られるワケでない。いくつかのイベントは権利や地域により見られない。』と、ハッキリと「配信できないものは配信できない」と言っているワケです。
どう訳せば「番組編成上の都合で内容変更になります」となるのでしょうか。

またもDAZNの闇に触れてしまった私。このブログの更新が止まった時は、DAZNからの刺客にやられたと思ってください。

頑張れDAZN!

しかし、私はただDAZNを非難してるわけでなく、Jリーグの放送がスカパーが完全になくなりDAZNしかJリーグを見る方法が無くなったので、DAZNにはJリーグのファンを失望させないように頑張って欲しいのです。

なので、ケツを叩いてるわけです。いくら表面上で調子のいい事を言っても、これまで書いてきたとおり事実は捻じ曲がりまくっているので。

少なくとも、DAZNに期待していたNFLファンやWWEファン、ロードレースファンはDAZNのウソの犠牲になりました。

日本での柱となるメインコンテンツ「Jリーグ」は、私たちの犠牲を無駄にすることなく、これまでの心配が杞憂であった事になるように、ファンが満足する内容を配信してくれることに期待します。

緊急追記:自転車が消えたらしい・・・編

記事をUPしたばかりですが、とあるツィートを発見したので追記します。

そして、現在のサイクルロードレースに関するコンテンツ配信表がこれです。

DAZN サイクル『ツール・ド・フランス』 のみならず、『ジロ・デ・イタリア』 まで嘘だったのか。 いい加減にしてくれよ・・・

さらに追記:DAZNでなくともJリーグが見れる?

またも興味深いツィートを見つけたので、お知らせします。

なんとDAZNがJリーグの放送の契約を買ったのは有料放送のスカパーのみで、無料BSや地上波、公共放送のNHK では試合が放送されるそうです。

しかし、これは一部のメジャーな試合だけでしょう。好きなチームの全試合を見るにはDAZNしかありませんので、あしからず。

追記>2017/2/5:
DAZN、スポーツバーで視聴不可!?編

こんにちは、スーパーボウル直前に またもDAZN日記更新です。

ネット環境に依存するDAZN。今やスマホ全盛期でPCを持たない人も珍しくないと聞くので、自宅にそれほどハイスペックなPCやネット環境を有している人は少ないと思います。スポーツファンなら なおさらです。

そこで私は「ハイスペックなPCと光速回線を有するスポーツバーがヒットする!間違いない!」と予想していたのです。

しかし!そこにも落とし穴があったのです。

なんと、DAZNは・・・

法人契約が無いのです!!Σ(・ω・ノ)ノ!

参考リンク:今季はJリーグがスポーツバーで見られない?人気パブ「HUB」が明かす

なんと!Jリーグは大手スポーツバーで試合観戦ができないのか!?

まぁ、個人経営のスポーツバーならば 、DAZNで観戦会をやっても別にバレないと思うのですが、「HUB」のような全国チェーンの大手でそのような事は出来ないわけで、これは非常に問題でしょう。

これって、パブリックビューイングもダメなのでは無いでしょうか?スポーツファンからしたら致命的な問題です。
(そもそも、パブリックビューイングをやるとしても、主催側が野外にハイスペックPCと光速ネット回線を準備できるのかも問題。)

DAZNにまたしもワナを発見バーグ。(NFLファン以外分からない)。
この先どうなっていくのか、超ライトなヴィッセル神戸ファンの私としても、今後の心配が尽きません。

追記:2017/2/21
DAZN、ドイツでもデマ?→日本大手サイトの記事が削除される編

もうすぐJリーグが開幕。その前に入手したニュース。

ドイツのDAZNが「Jリーグをドイツで見れる」と報じておいて、「ウソよーん」と言った事を日本のサッカー情報サイト「Qoly」が取り上げ、その記事がライブドアニュースにも転載されました。

以下の画像のように、Googleで「dazn」と検索しただけでトップに表示されたのです。

私としては「日本で無くドイツの話だから別に関係ない」と思っていたのですが、掲載から2日後にこの記事が全面削除されたのです。

なぜ??

このQolyの記事の内容は以下のものでした。


タイトル:「全試合放送」はデマだった…ドイツ『DAZN』、今季はJリーグ配信なし – Qoly

今季から、日本におけるJリーグ中継を担うライブストリーミングサービス『DAZN』。

新シーズンの開幕が1週間後に迫り、加入者数も増加傾向にあるはずだ。

そんな同サービスは昨年8月に立ち上がり、日本以外にもドイツやスイス、オーストリアでもサービスイン。ドイツでは昨季Jリーグが各節1試合配信されており、今季からは全試合が配信されるという記事も日本で見られた。

しかし、その情報は誤りであったようだ。ドイツ『DAZN』のヘルプアカウントがこんなツイートをしていた。

こちらは、日本で活動するアラン・ギブソン記者が編集主任を務める『JSoccer Magazine』に対する返答内容。

同アカウントはドイツでのJリーグ放送の有無について質問したのだが、『DAZN』の担当者は「ドイツにおいてJリーグの生中継はありません」と答えたのだ。

また、その理由について「我々はドイツにおけるJリーグの放映権を持っていません」と明かしている(1月24日現在ではあるが)。

ドイツでJリーグが自由に見られれば、ブンデスリーガ各クラブのスカウティング担当者にとっても大きなメリットであったはず。ブンデスリーガに移籍する日本人が増えていたかもしれないだけに、これはちょっぴり残念なニュースだ。

もちろん、ドイツにいながらJリーグの開幕を心待ちにしていた日本人サッカーファンもショックを受けているに違いない。


 

DAZNの公式ツィートが、NFLに関して全試合放送すると言っておいて、実際は放送しないDAZN事件に似ています。

とくに記事のタイトルである『「全試合放送」はデマだった』というワードが、NFLファンにとってはトラウマでしょう。

こういう大手の記事って、ちゃんと編集長がチェックしてから公開すると思います。
(DeNAのキュレーションサイトは除き)
なので、信ぴょう性はありそうですし、あくまでドイツでの話なので別にこの記事は削除する必要は無かったと思います。

しかし、Jリーグ開幕の大事な時期に大手サイトでネガティブな記事を書かれるとマイナスイメージになるのは必至。これはDAZNから何らかの圧力があったのでしょうか?

削除する必要のない記事を削除したせいで、ますますDAZNという会社がきな臭くなり、私のDAZNレーダーが過敏に反応したわけです。

 

ということは、「DAZN=ウソばっかり」 の体験記事を書いてきた我がブログにも何らかの圧力がかかる可能性がある!??

もしも、このブログが突然見れなくなった場合、DAZNの圧力にやられたと思ってください。
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

  1. YM5 より:

    BSでJリーグの放送するという事は以前の記事でも書かせていただきましたが、地上波(ローカル局)はNFLのように地域によって放送カードが違うため東海エリアに住む僕はBS以外で浦和レッズの試合がほぼ見られない

    (2007年は浦和レッズ対川崎フロンターレの試合が名古屋グランパスの試合に差し替えられたり、去年も国営放送は浦和対新潟の試合を放送すると言いながらやはり地元局の名古屋対磐田を放送していました。俺は23年来のレッズサポだふざけるな)

    という事は今後も十分有り得る、それも以前書きました。

    2節のセレッソ戦は全国ネットで放送のようだし、最終盤のビッグゲームであれば放送はしてくれるでしょうけれど、全試合見るならやはりDAZNしかない+土日は仕事で見られないからダウンロード可能も検討するとかいうけど、僕はそこまで興味が持てないというのが実情ですね。

    そもそも、僕はプレーオフの復活を望んでいるのでやはり失敗して2ステージ制復活、そしてチャンピオンシップのリベンジをするというのが希望なので、日本人の肌に合わず早々に撤退してくれるならそれはそれでいいと思ってます。(出るのは文句だけというのは目に見えていたので)

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      やはりファンなら全試合を見たい=DAZNという選択肢しかないのですね。
      DAZNの影響でリーグの制度もいろいろ変わったようで、これが吉と出るか凶と出るか、今後注目です。
      ついでにNFLに興味を持ってくれたらいいなぁ。と思う今日このごろです。

    2. ケイトー・ニンジャ より:

      YM5様、レスの形で失礼します、JETS狂様、ちょくちょく拝見させていただいております、DAZN無料お試し期間での解約方法の紹介お世話になりました。
      先ほど、Jリーグ公式サイトで2017年の放送・試合日程がアップされました、当記事通りNHKの地上・BSや地方民放は中継があります。
      なぜかJリーグ公式より2時間ほど早く放送予定がアップされた名古屋グランパス公式サイトによると、
      3/4(土) 14:00 浦和レッズ vs セレッソ大阪 埼玉 DAZN/NHK総合
      の同時刻にNHK名古屋でグランパス戦の放送あります。
      YM5さま、もうしわけありません、グランパスサポです、J2なのに申し訳ありません。
      画質が悪くてもサブチャンネルでやってほしいものです。
      他にも被られてるかもと思われるかもしれませんが、グランパス公式サイトの放送予定表によると上記を除くDAZN以外の放送は地方民放(KBS京都・群馬テレビ・東海テレビ)があるだけです。

      ついでに:YM5さま、もしかしたら「岡崎以来」のレッズサポでしょうか?Jリーグ開幕前後に偶々立ち読みしたサッカー雑誌で「なんでその地方に住んでるだけで実業団以来応援してるチームのサポから鞍替えしなきゃいけないんだ」という投書を目にしましたが、2,3年後愛知県内で本当にそのようなことを言っておられるレッズサポ(三菱自動車岡崎工場にご縁があったそうです)にお会いして結構居られるものだと思った次第です。

      1. YM5 より:

        物凄い亀レスになってしまいましたが、僕は福田正博及びマスコットのレディアを見てファンになったので地域等は関係ありません。(地元のチームとしてFC岐阜は応援しております)

        フィラデルフィア気質満載のサポーターと応援スタイルは自分に合っているし、今からチームを選ぶとしてもやはり浦和レッズを応援しますよ。

  2. 負海豚根性 より:

    まあ最初から想定内というか・・・
    ネット配信が一般化していない日本での配信速度トラブルは無い方がおかしいわけだし、
    そもそものコンセプトである低価格で幅広いスポーツ観戦を可能にするというのは大風呂敷を敷いてる感がありました。各競技の放送権料の相場を顧みればメジャー競技(サッカー・F1・米国4大スポーツ・自転車・テニス)を幅広くカバーするなんて事が無茶です。

    Jリーグ(に限らず日本国内の競技)は、国民のスポーツ熱が低いせいもあってか放送権料が海外に比べて格安(米国の放送権料をニクソンショック前の米ドルとするならば、日本の放送権料はデノミ前のジンバブエドルと同等レベル)で、海外のJリーグ知名度に比べてこれまでの放送権料が格安だから適当に放送権料を積めば売ってくれるだろうとDAZNが飛びついただけの様にも見えたので、早晩こういうトラブルが起きうることは想像できました。

    DAZN唯一の功績は、オープンマーケットのサッカーにおいては不公平かつ無意味なCSという糞制度を2シーズンで失くした事だけになりそうです・・・

    1. JETS狂 より:

      負海豚根性さん>
      私もそもそものカバー範囲で、大風呂敷の広すぎ感はいなめません。結局はほぼウソでした。
      しかしながら、日本のスポーツ業界は衰退の一途ですから、そこでDAZNの大量資金の投入はありがたいと思います。
      あとは満足できる配信ができるかどうかなのですが、DAZNって通信量がハンパないと聞くので心配ですね。
      しっかし、ジンバブエドルまでインフレしてないでしょw。

  3. とおりすがり より:

    本日、ブンデスリーガで香川真司所属のドルトムント対武藤所属の
    マインツの試合があるのですが、JSPORTSで放送されません。
    NHKでも放送されず、ダゾーン独占放送です。

    これまで香川が欧州へ渡っての試合はフジテレビ、JSPORTS、
    NHKでもれなくほとんど生放送、完全に放送してきたのですが、
    それも崩れてしまいました。

    ダゾーンの影響かフジが撤退し、JSPORTSが3試合と試合数
    が減少してしまい、生放送の試合が1試合になり、日本人に
    一番人気のあるカードと思われる香川の試合もみれなくなり
    ました。

    私は録画もできないダゾーンと契約する気もありませんし、
    将来的に不利益しかなさそうなビジネスモデルにも賛成
    できませんので、JSPORTSに頑張ってほしいのですが、
    一番人気のカードが録画どころか放送されない自体に
    なってくるとどうにも困ってしまいます。

    すでに生放送カードがプレミアを含めて減少し、
    この怪しげな会社に小さな有料放送のマーケットが
    ハゲタカの利益のために好きに荒らされるのかと
    思うと、残念でなりません。

    1. JETS狂 より:

      とおりすがりさん>
      そんな事が起こってるのですね。ドイツでは弱いものの日本でブンデスの利権を食ってるとは。
      やっぱり何度も見たい試合を録画できないし、見逃し配信が終われば2度と見れないというのはツライですね。
      利権だけ食って、まともに放送する体制がない。いや、利権だけ持ってればファンが勝手に契約するだろという殿間さな姿勢が私もイヤです。
      ファンにスポーツを届けたい気持ちが見えないところがDAZNのダメなところでしょう。
      NFLで言えば、今シーズンに放送の利権を失った GAORA は、番組を面白くしようとする努力をしていました。

  4. GENO より:

     NFL問題については、ここまで信頼がた落ちしたのだからこれ以上悪くはならないだろうと、開幕までちょっと様子観してみます。(もちろん期待は…)
    このような記事でも広告にDAZNがきっちり載ってることに笑ってしまいました。

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      とにかくDAZNって文字があれば広告出るようで、この記事を見てからでも直ぐに契約できます!
      NFL問題もありますが、サイクルスポーツ問題、WWE問題、卓球問題など、見れないものを「見れる」と公式発表した詐欺的な体制は未だに捨て置けませんからね。
      Jリーグはまともに放送してくれることを願います。

  5. ふて猫 より:

    DAZNってある意味では未知数な感じですよね?
    Jリーグに金だけ落として後はトンズラって事にならなきゃ良いんですがね。私は今のところは、様子見ですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      なんなんでしょうかね。日本のみならずドイツでも適当のようで。
      ちゃんとやってくれたら素晴らしいサービスなんですけどね。
      果たして、Jリーグはどうなるのか気になります。

  6. YM5 より:

    そういえば、Facebookの浦和レッズコミュニティで海外在住のレッズサポの方がウチの国ではDAZNでJリーグが見られないと書き込んでいるのを見ました。

    当初はどういう事だ?と思っていましたが、理解したらこれは酷いですね。

    Jリーグ開幕が週末に迫っていますが、期待通りユーザーのPCスペックの問題、回線の問題でJリーグTLが阿鼻叫喚の大騒ぎとなったら逆に誉めますよ。

    ダウンロード可能にするからリアルタイムの不具合は我慢しろと言って来たら神w

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      DAZNの広告に「いつでもどこでもサッカーが観れる」とか書いてましたけど、これも大嘘のようですね。
      ウソをつきまくる総理大臣のように、こうやって大きくなった会社なんでしょうね。
      いよいよ週末はJ開幕。私もまた入会しようかと考えちゃいました。

  7. ふて猫 より:

    どうもこの記事を見ていると先行き不安のようですね〜どうか真面目に放送して欲しいものですがね。果たして日本に定着出来るのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      開始当初から不安しかないサービスです。相変わらず公式サイトの不便さとダークさはそのままです。
      一応、10年契約なのでDAZNに任せるしかないのですが、果たしてどうなることやら予想がつきませんね。

      1. ふて猫 より:

        先行き不安なのに10年契約ですか?まさに狂気の沙汰ですね

        1. JETS狂 より:

          ふて猫さん>
          詳細な契約内容は分かりませんが、発表された契約は10年を2100億円ですから、そりゃJリーグも飛びつきます。
          ただ、これをペイするのに100万人の入会が必要なのに未だ20万人以下ですから、NFLの契約みたく途中で切る条項は盛り込んでいるでしょうね。

  8. 石井和昭 より:

    請求書の件。お試し契約を、平成29年2月20日朝に、契約したのに2月14日付で請求書がきました。
    どうしてこのような請求書が、来るのが理解できない。

    1. JETS狂 より:

      石井和昭さん>
      これまた凄い問題ですね。さすがにお金が絡むところでミスを見ると怖くて契約に響きます。
      どこまで「ずさん」なのでしょう。

      しかしながら、何か契約上での理由があるのかもしれません。
      サポートセンターに問い合わせて、どのような回答がくるか試してみてはいかがでしょうか?
      (返答がありましたら、また教えて頂きたいです)

コメントを残す