HOME > NEWS > NEWS(2021-2022) > 【ジェッツ】アシスタントコーチが交通事故で死亡&ドラフト組契約ニュース
2021年7月25日

【ジェッツ】アシスタントコーチが交通事故で死亡&ドラフト組契約ニュース

悲劇

久々にジェッツのニュースです。

最近、腰が重くてすみません。開幕すれば、いつものペースには戻るかと思います。

[SPONSORED LINK]

アシスタントコーチ”グレッグ・ナップ”(Greg Knapp)が交通事故で死亡

まず訃報です。今シーズンからジェッツでアシスタントコーチ(パスゲームコーディネーター)を務める”グレッグ・ナップ”氏(58)が交通事故でお亡くなりになりました。

現地時間5月17日、ナップ氏がカルフォニア州サンラモンで自転車に乗っている時に車に衝突され重体となり、病院に運ばれ懸命の治療が行われるも5月22日に死亡が報じらました。

 

ナップ氏はカレッジでQBをやっていたもののNFLでのプレー経験はなく、1995年に49eraのオフェンス クォリティコントロールからコーチ業をスタート。

QBコーチからOCと出世し、そこから各チームを渡り歩きますが、彼が携わったQBには”スティーブ・ヤング”、”ジェフ・ガルシア”、”マット・ショーブ”、”マイケル・ビック”、”ペイトン・マニング”、”マット・ライアン”など優れた選手が多く、その手腕に定評がありました。

特に2013年から2016年までブロンコスにてQBコーチを務めており”ペイトン・マニング”のシングルシーズンパス記録の樹立や、第50回スーパーボウル制覇に貢献しました。

 

今シーズンは、ジェッツにてHC”ロバート・サラー”の元でルーキーQB”ザック・ウィルソン”の育成を行う予定でしたが、不幸な事故で帰らぬ人となりました。

経験豊富で人に好かれる性格であったナップ氏こそ”ザック・ウィルソン”の育成に適した人材だっただけに、ジェッツ及びジェッツファンにとっても大きな損失です。

非情に残念ですが、安らかに眠られるようご冥福をお祈りいたします。

ドラフト組の契約ニュース

ドラフト組の契約の状況は、先日ドラ1(全体14位)G”アライジャ・ベラタッカー”と4年16M(全額保証)で契約しました。

さらに、キャンプで評判がいいドラ2(全体34位)WR”イライジャ・ムーア”と4年8.9M(保障不明、3.8Mのサインボーナス含む)で契約です

 

これでドラフト組でサインしていないのはドラ1(全体2位)QB”ザック・ウィルソン”のみとなります。

はよサインせい。

トレーニング・キャンプ中です

意外にも私としたことがトレーニングキャンプについて、これまで記事を1回も書いておりませんでした。

主力が何人かPUPリストに入っておりますが、大した事でないようで絶賛キャンプ中です。

また何かありましたら(気が向いたら)お伝えします。
Σ(・ω・ノ)ノ

 

猛暑かつオリンピックが強行開催され安全安心からかけ離れた状況ですが、私たちはNFL開幕を無事迎えられるよう、この夏を乗り切っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top