HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:プレビューWeek13】最弱こそ最強?その優しさが命取りだ!!鬼門のベンガルズ戦
2019年11月30日

【NFL 2019-2020:プレビューWeek13】最弱こそ最強?その優しさが命取りだ!!鬼門のベンガルズ戦

決してボーナスステージではない

ダーノルドが調子をあげ3連勝で波に乗るジェッツ。

次の相手は、今シーズン未だ勝利がないベンガルズなのですが、これこそジェッツにとって最大の試練なのです。

[SPONSORED LINK]

事前情報

・”C.J・モズリー”はやっぱり欠場。シーズン終了後に手術の可能性が浮上。

・OL”チュマ・エドガ”も欠場。     

インジャリーリスト

ジェッツ

Chuma Edoga T Knee Out
Clinton Mosley LB Groin Out
Paul Worrilow LB Quadricep

Out

モズリーは当然として、ルーキーRT”チュマ・エドガ”がOUT。OL”ブランドン・シェル”が穴埋めをします。

ベンガルズ

Cethan Carter TE Concussion Out
Adriel Green WR Ankle Out
Alex Redmond G Elbow Out
Drew Sample TE Ankle

Out

A.J・グリーンがやはりOUT。よきかな。

どうなるベンガルズ戦

未だ未勝利のベンガルズ相手に、先週はレイダースを圧倒して第3Qで白旗をあげさせたジェッツが「負けるハズがない!」と、一般人はお思いになると思いますが、ジェッツファンはベンガルズを恐れています。

なぜなら白と緑がメインカラーで博愛精神あふれるジェッツというチームは・・・

優しすぎるからです!
Σ(・ω・ノ)ノ

 

2017シーズンは、8連敗で泥沼のブロンコスを可愛そうに思って、負けてあげました。

デンバー・ブロンコス ジェッツ ジョシュ・マッカウン
いろいろオワタ\(^o^)/ さぁ!プレーオフに希望をつなぐブロンコス戦。なんせブロンコスは弱りきって現在8連敗中。こりゃ先週チーフスを倒したジェッツの圧勝が見れるわ!・・・と思

 

昨年2018シーズンは、ブラウンズの2シーズンにまたがる長期連敗記録に慈悲の心が芽生えて、負けてあげました。

サム・ダーノルド ジェッツ ブラウンズ
真ブラウンズ参上! 万年地区最下位で昨シーズンは全敗するNFL最弱チームであるブラウンズ。 しかし、戦力の均衡を保つために、弱いチームほどドラフト上位で指名する権利がある「ウェ

 

そして、今シーズンは同地区のイルカさんの未勝利を可愛そうに思い、またも優しさが出て負けてあげました。

ライアン・フィッツパトリック
連敗キラー レギュラシーズンも後半戦に突入。1発目の相手は、同地区で未だ勝利が無いイルカさんです。 ジェッツも未だ1勝とはいえ、プライドに賭けて負けられない戦いでしょう。 A

そう!ジェッツは長期連敗チームに弱いのです!!
愛深きゆえに!優しさゆえに!!
(TωT)

 

同地区の歯向かう者はどんな手段を使ってでも皆殺しという、血も涙も無い鬼畜で冷徹非道なボストンのチームとは違うのです。
※ぺ●トリ●ッツのイメージ(個人的)

 

それはさておき、ベンガルズの状況は、トータルD#とランD#がリーグ最下位。今回こそ待望のRB”レベオン・ベル”のロングゲインが見れるかもしれません。

加えて、ベンガルズはOLの弱さも致命的らしく、攻撃力も守備力もボロボロの状況です。

 

ジェッツのO#力はリーグ31位ですが、これはシーズン前半の借金。OLが復活したジェッツの直近3試合の得点は偶然にも全て34点。中堅レベル以上のO#力はあります。

普通に戦ったら、ベンガルズに負けるハズはないのですが、優しさが命取りとなって、コロッと負ける可能性が大いにあります。

愛ゆえに!!

 

かつ、ベンガルズの方も不名誉な全敗シーズンを止めたいようで、「優しすぎるジェッツこそ全敗シーズンを止めるチャンス」と睨んで、久し振りにフランチャイズQB”アンディ・ダルトン”を先発に据えて、本気モードです。

くっ卑怯な・・・
(;´Д`)ノ

 

つまり、この試合の見どころは、優しすぎるジェッツが慈悲の心を捨てて、パッツのような鬼になれるかどうかの試練なのです
Σ(・ω・ノ)ノ

今週の勝利への金言

実際、なぜいつも最弱チームにコロっと負けちゃうんだろ・・

以上

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ベルをよろしく より:

    ジェッツ狂さんがプレーオフでジェッツを応援する展開がまた見たいです。
    もう9年も待たされてます、頼む。。。
    でも負けても来年のドラフトが有利になると切り替えていきたいと思います。。。

    1. JETS狂 より:

      ベルをよろしくさん>
      こんなに長くプレーオフと縁が無いとは、予想していませんでした。
      今シーズンも難しそうですが、3連勝したのなら最後まで勝ち続けてほしいところです。

      1. ベルをよろしく より:

        残念です
        今シーズン2回目の未勝利チームに敗戦ですか。。。
        リーヴィスアイランド✖️レックスライアンの頃は面白かったなあ。
        プレーオフの勝利に飢えたベテランも集まってきてて、スーパー勝てたら映画化じゃないのか?ってチームでしたが。。

  2. ツツッタッタ より:

    こんな夢を見ました。
    私はディフェンスでLBをやっていて、ボールキャリーのRBがなんとヒヨコ。
    いやいや、ヒヨコにタックルしたら潰れちゃうでしょ、と思いつつも非情にタックル。
    ボールをむしり取ってヒヨコRBを観客席に放り投げ、そのままPICK6。やったー。
    ところが審判が言うには、ゴールポストの水平部分にボールを縦に置かないと点が入らないとか。
    アタッチメントも無いのにそんな無茶な、と困っているうちにもプレイクロックが40秒からカウントダウンしていく。
    というとこで目覚めました。
    令和の夢判断士と言われて久しい私が鑑定するに、これはジェッツ大勝ですよ。

    ま、それはともかくとして、ランディフェンスが非常によろしい我がジェッツ。
    なんとか調子とモチベーションを維持しつつ、チートランオフェンスのレイヴンズ戦を迎えるためにも、ここで負けるわけには。

    期待してます。

    1. JETS狂 より:

      ツツッタッタさん>
      まるでハリーポッターのスニッチぐらい意味不明なルール。
      その悪夢がジェッツの大勝を予言しているならば申し分ないのですが。
      たしかに先のレイブンズ戦が控えているので、ベンガルズには勝って弾みをつけておきたいですね。
      油断しなければ、勝てるでしょう。油断しなければ・・・

  3. まぬけな より:

    いつもブログ拝見しております。
    JETSのやさしさも勿論あると思いますが、大型連敗やシーズン全敗が有り得るチー厶は強豪のスケジュールを諦めて時間を掛けてスカウティングや練習をJETSと対戦できるアドバンテージもあると思います。

    1. JETS狂 より:

      まぬけなさん>
      ベンガルズ的にジェッツを舐めてるわけですな。
      ジェッツがベンガルズをボッコボコにしてくれることに期待するのみです。
      (でも、負けちゃいそう。)

  4. ふて猫 より:

    “勝負ことは下駄を履くまで分からない”今のJETSには(ファンの皆様も含めて)この言葉を送りたいですね(^_^;)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      そしてリアルタイムで負けてますね。。。嫌な予感しかしないです。

  5. bad news allen より:

    主の予感が的中w
    しかし今最も強いレイブンズを破る気がしてきた(根拠なし)
    久々にG+でライブ放送です。

    1. JETS狂 より:

      bad news allenさん>
      意外とレイブンズを倒したりして・・・・、いや、現実的に無理でしょう。
      しかもG+ですか。公開処刑が多いですね、ジェッツは。

  6. ちょろりん より:

    良くも悪くもこれがジェッツなんですよね?

    1. JETS狂 より:

      ちょろりんさん>
      ここまで的中するとは、自分でも恐ろしいです。
      しかしながら、これがジェッツと言うネタチームです。

コメントを残す

CAPTCHA


Top