【悲報・パッカーズ】アーロン・ロジャース、IR入り。

グリーンベイ・パッカーズ アーロン・ロジャース
やっぱり重症

先日、パッカーズvsバイキングスにてタックルされて鎖骨を骨折したパッカーズQB”アーロン・ロジャース”。

この度、残念ながらIR入りが発表されました。

アーロン・ロジャース、最低でも8週間出場なし

骨折と言っても度合いは様々で、ファンはシーズン中の早い復帰を望みましたが、パッカーズはロジャースのIR入りを発表しました。

「IR入り」と聞くと「シーズンエンド」の印象がありますが、今は違います。
2016年ルール改正でIRに入った選手は誰でも復帰可能、2017年からはそれが1名から2名に拡大されました。

ベリチック 女性審判 jugdge woman
常に改善できるリーグ NFLの良いところは、ルールの抜け穴や不満を常に話し合って修正が入る事です。 未だに審判の誤審を放置しているサッカーや 疑惑の判定が付きまとうボクシング

しかし、IR入りした選手は最低IRに6週登録され、公式戦8試合経過後でなければロースターに復帰できないルールとなっています。
つまり、ロジャースは何があってもWeek15まで出場できません。

その間、パッカーズのQBはバックアップの”ブレット・ハンドリー”。保証は無いもののまだ希望が残るロジャース復帰まで、彼がパッカーズをシーズンエンドさせないために奮闘しなければなりません。

 

かつてロジャースが負傷したさいは、”マット・フリン”が勝ちまくり、その役目をまっとうしましたが、果たして今回はどうなるでしょうか?
パッカーズで名前が「ブレット」だけに期待していい?

  1. Clale より:

    前回鎖骨骨折したときは左肩でしたが、今回は右・・・アウトな予感がしますね・・ワットに続き残念です;
    ハンドリー見た感じではPOまで繋げるかなぁ・・いっそキャパニックとk(ry

    他人事でもなくマッカウン怪我しませんように・・・

    1. JETS狂 より:

      Claleさん>
      そのとおり、今回は利き腕の方なんですよね。
      なので復帰可能になっても復帰するかどうか問題ですね。復帰する時点で激しいプレーオフ争いをしていれば盛り上がりますが、無理はしない方が賢明だと思います。
      マッカウンもブラウンズ時代にいい線まで行って負傷したので心配です。若手にはまだまだ不安要素が多いので、このままマッカウンが無事に最後まで投げ切って悔いのないシーズンを迎えてほしいですね。

  2. 昨シーズンはオークランド推し より:

    今シーズンはエース級選手の負傷離脱が目立つ気がします。
    激しいスポーツであることは承知していますが、見ている側としてはやはり残念ですね。

    蛇足
    タンパベイのウィンストン君負傷に伴い、フィッツパトリックがしれっと投げていたのには驚きました。

コメントを残す

CAPTCHA